イラスト・富永商太

織田家

織田信成さんは本当に信長の子孫? ホンモノの直系子孫は「知らない」

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
織田信成さんは本当に信長の子孫?
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

「もっと愚かしい」人たちもいる

大事な五輪の出陣式であれば、もっと相応しい場所がある。

どうしても「信長に関連させたい」なら、たとえば【桶狭間の戦い】直前に祈願した

・熱田神宮

が相応しいのではないか。

ここならば織田家とも縁が深いし、戦勝祈願という意味でも縁起がよい――というわけだが、同時に

「もっとも熱田神宮がそんなイベントを許可するとも思えないが」

とキッチリ釘を刺すのも忘れない。伝統ある熱田神宮が、出自アヤフヤな信長の末裔を取り上げたりはしない、ということだろう。

確かに「織田家の末裔だ」と言われたからといって、一々マトモに取り上げていたら、世の中ニセモノだらけになるかもしれない。

なんせ現実社会には皇室詐欺(皇族詐欺)という行為まであるのだから、出自についてはかなり慎重に取り扱うはずだ。

◆皇室詐欺/wikipedia

 

そして本コラムで、ダメ押しが最後の一行。

「しかし本能寺では、もっと愚かしいイベントをやらかした人たちがいる。その話は次回に書きたい」

「もっと愚かしい」という言葉の意味するところは、以前の何かと比較しているということだが、この記事に本能寺でイベントをやった人は信成さん以外にいない。

つまりこのセリフは信成さんの「本能寺出陣」を「愚かしい」と断定していることに他ならない。

信成さんは優れた才能をお持ちなだけでなく人柄も良さそうなだけに、信孝さんも人格否定などはしておらず、イベントそのものに言及し、ひいては『子孫を名乗らずともよいのでは?』と提案しているかのようにも見える。

現・織田家当主の信孝さん。

上品さを失わないギリギリの妙技は、さすがホンモノ子孫の為せる技と言ったところか。

あわせて読みたい関連記事

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

編集部

【参考】
『週刊朝日 2015年 9/11号 [雑誌]』(→amazon

TOPページへ

 



-織田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.