京極高次

絵・小久ヒロ

戦国諸家

近江の戦国武将・京極高次が「蛍大名」と呼ばれた理由とその生涯

“蛍大名”と呼ばれる京極高次(たかつぐ)をご存知でしょうか?

『ホタルだなんて、雅なあだ名やわ~』

一瞬そんな風に思われるかもしれませんが、実はまったく違う理由でこのようにいわれています。

彼は女性の縁者に助けられることが多かったため、

【女の尻のおかげ(七光り)で、出世したヤツ】

という実に不名誉かつ品のない言い方をされてしまったのです。

いつの時代も悪趣味なあだ名をつける人はいるんですね。

実際のところは、高次自身も幼い頃から織田信長豊臣秀吉ら錚々たるメンバーに囲まれ、いろいろ頑張っておりましたので、汚名をすすぎたい人物の一人。

そこで本稿では、慶長14年(1609年)5月3日に亡くなった京極高次の生涯を振り返ってみたいと思います。

 

室町幕府の名門に生まれた京極高次

もともと高次の生まれた京極家は、室町時代の【三管四職】と呼ばれる家の一つでした。

簡単に言うと室町幕府のエリート一家。

「管」は幕府No.2の管領、「職」は軍事・警察機能のトップを示し、本来であれば高次も、幕府の要職につく家の出というワケです。

が、応仁の乱以降は他の名門と同じくすっかり落ちぶれておりました。

応仁の乱
応仁の乱って一体何なんだ? 戦国時代の幕開け乱戦をコンパクト解説

続きを見る

元は自領のパシリ的な位置だった浅井家(信長の義弟・浅井長政の家)に立場をひっくり返されているくらいですので、その凋落振りが窺えるでしょう。

まぁ。高次が生まれる前の話ですので、彼のせいではないんですが。

浅井長政
信長を裏切った男・浅井長政29年の生涯とは?その血は皇室へ続く

続きを見る

 

順調ならば織田家の重臣だった?

高次は、小さい頃に織田信長のところへ人質に出されています。

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

真面目に仕えていたようで、10歳の頃には5,000石もの領地をもらっていましたから、さほど待遇は悪くなかったのではないでしょう。

信長の嫡男・織田信忠とも歳が近く、そのまま順調に行けば織田家の重臣になれたと思われますが、残念なことに【本能寺の変】でその道は絶たれてしまいます。

織田信忠
信長の嫡男・織田信忠(奇妙丸)ってどんな人?最期は光秀に狙われて

続きを見る

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

このとき高次は妹の嫁ぎ先が明智光秀についたため、その縁で自分も光秀に協力しました。細川家とは真逆の道を選んだわけですね。

そして結果は皆さんご存知の通り……。

明智光秀は、山崎の戦いで豊臣秀吉に滅ぼされてしまい、高次は身分を隠して一時野に下りました。

明智光秀
史実の明智光秀とは?麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

山崎の戦い
山崎の戦い(明智軍vs羽柴軍)で秀吉が勝てた理由~光秀は何処へ?

続きを見る

妹の旦那も自害に追い込まれています。

 

名門お姫様大好き♪の秀吉が妹を気に入る

次に高次が姿を現すのは、本能寺の変から二年後のこと。

名門好きの秀吉が高次の妹を気に入り、側室にしたことで彼の運が開けました。

妹が「うちのお兄ちゃんはアナタに逆らいましたが、あのときは仕方がなかったのです」と秀吉に口添えしてくれたのです。

秀吉は秀吉で、まだ天下統一の前で人手が欲しい時期でしたから、名門かつそこそこ実績のある高次をあっさり許しました。

豊臣秀吉
ド派手すぎる豊臣秀吉の逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

高次もこれに応え、九州征伐で功を挙げてめでたく大名になります。

そして、浅からぬ縁のある浅井家の娘・お初と結婚します。

信長の妹・お市の方と、浅井長政の間に生まれた浅井三姉妹、その次女ですね。

お市の方
戦国一の美女・お市の方(信長の妹)は勝家と共に自害~37年の生涯

続きを見る

京極高次と浅井三姉妹のお初――特に夫婦仲のエピソードはないようですが、子供がいない割には不仲という話もありません。

従兄妹同士で歳も近く、また同郷の出ですからそこそこ話は合ったんじゃないですかね。

 

お初の姉・淀殿が秀頼を産み……

しかし、この結婚のせいで高次は”蛍大名”といわれるようになってしまいます。

お初の姉は淀殿(茶々)。

そして秀頼が生まれてからの秀吉が、彼女に激甘だったことは想像に難くありません。

この二点から

「高次は奥さんと義理のお姉さんを通して、秀吉に媚を売ったに違いない」

「女の尻のおかげで出世とはいいご身分よなwww」

というわけです。品がないなあ。

高次には関係ないんですけども、秀吉存命中の「蛍」に関する話がもう一つあります。

ついでですからご紹介しますと……。

ボケの始まった秀吉が【奥山に 紅葉踏み分け 鳴く蛍】という季節感も生態も無視した歌を詠み、勇気ある人がツッコんだところ、秀吉の八つ当たりを危惧した細川藤孝細川幽斎)がフォローして事なきをえた――というものです。

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友~されど本能寺後は

続きを見る

結局、細川藤孝のチートっぷりが際立った、という話ですね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-戦国諸家
-,

×