武田家の重臣だった穴山梅雪/wikipediaより引用

徳川家

戦国時代に痔・エンド~鞍に血を溜め戦った榊原康勝と馬に乗れない穴山梅雪

更新日:

『痔』って他人に言うのが照れてしまう病気ですよね。

患部がお尻の穴なので当たり前かもしれませんが、まぁ、その痛みや出血が大腸癌を発端としたものでもなければ致命傷なんてケースはそんなにありません。

ところが、です。

戦国時代にいたんですよ。

痔が原因で亡くなってしまった武将さんが。しかも、そこそこ有名人が2人も……。

痔が直接の死因となった榊原康勝。
間接的に死を招いた穴山梅雪(信君)です。

 

戦国武将たちは常にそのリスクを抱えていた!?

痔は、肛門周囲に生じた疾患の総称として使われ、医学的には

痔核(いわゆるイボ痔)
裂孔(いわゆるキレ痔)
痔瘻(いわゆるアナ痔)

に分類されます。

今回はこのうち『痔核』についてご説明いたします。

痔核は、直腸や肛門部の粘膜にある静脈がふくらみ、こぶ状になった状態(静脈瘤)です。同じ姿勢や、いきみなどで肛門に負担がかかって血液の流れが悪くなると、発生します。

例えば、乗馬は鞍をまたいだ両足で支える時にギュッと肛門が締まり、しかも同じ姿勢を続けるため痔になりやすいです。

ゆえに戦国武将は常にそのリスクを抱えていたハズ。

痔核はさらに「外痔核」と「内痔核」に分類。
外痔核は肛門部にしこりを作って痛みを伴い、内痔核は痛みこそ少ない代わりにしばしば出血を伴います。

通常は対症療法、例えば下剤や排便後の温浴などで軽快しますが、ひどくなった場合には痔核に薬品を注射して硬化させたり、輪ゴムで縛ったり、それでもダメな場合は手術で治します。
先程も申し上げましたように、肛門からの出血が大腸癌など他の理由でなければ、痔自体で死ぬことは滅多にありません。

ではなぜこの2名は、痔を原因として亡くなってしまったのでしょうか。

 

合戦中に痔が裂けても戦い続けねばならない運命

まず一人目の榊原康勝は、いわゆる徳川四天王の1人・榊原康政の息子でした。

康勝自体は三男で、長男が母の家を継ぎ、次男が早死にしていたため彼が家督を継承。
大坂冬の陣ではモチロン徳川方で参戦し、今福の戦いでは佐竹義宣のピンチを救っております。

しかし、翌年・夏の陣では5月6日に木村重成との交戦で大打撃を喰らい、さらに翌日、戦いに出向いた場所が、あの「天王口」でした。

歴史好きの方なら、すぐにピンとくるでしょう。
天王口とは、真田幸村が家康本陣に突撃かけた激戦地です。

敵味方ともに大きな損害が出たエリアであり、康勝も粉骨砕身で戦ったのは想像に難くありません。

結局、その日の深夜に大坂城は陥落し、家康は完全無欠の天下人になりました。

康勝は、徳川四天王の後継ぎです。
ゆえに、この先、幕府の土台を支える大事な立場でした。

が、同年5月27日、大坂の陣から引き上げた先の京都にて、26歳という若さで急逝してしまいます。
いったい死因は……。

 

尻から血を流しながら最期まで通した武士の意地

死の原因は以前から患っていた〝腫れ物〟でした。

『難波戦記』によると、康勝は冬の陣で腫れ物(おそらく痔)が破けて、大量出血。
夏の陣の激戦ではさらに痔が悪化しながら、鞍壷(馬の鞍の真ん中部分・人がまたがるため平らになっている)に血が溜まっても、なお戦い続けたと言います。

痔は悪化の一途をたどり、死因となったのでしょう。

失血死か、貧血に伴う心不全か、あるいは痔部分の感染など色々考えられます。おそらくですが、この痔、初期に安静にし、完治させておけば、死ぬことは無かったハズ。せめて夏の陣に不参戦であれば……。

と言ってみましたが、それはどだい無理な話なんですよね。

榊原家と言えば、徳川幕府の中枢、親藩ですから、偉大なる父の名に恥じぬよう働かねばならなかった。
そして実際にガンバリ過ぎちゃったのでしょう。

ちなみに康勝には庶子がおりましたが「幼い主君では心もとない」と思った家老が「康勝に子供はいません」と幕府に虚偽報告。
後にバレて、結局ゴタゴタしてしまうという残念なオマケが付いてきます。

 

武田一族の筆頭格ながら当主を裏切ったその末路が

榊原康勝が徳川の重臣であったのに対し、穴山梅雪も信玄存命中の武田家では相当なポジションでした。

なんせ、信玄の姉を母に持ち(つまり信玄の甥)、さらには信玄の娘を妻に娶っていたのです。ゆえに「武田」姓を名乗ることまで許されおり、親族の中でも筆頭格でした。

実際に梅雪も、信玄時代においては侍大将として大活躍し、数多の合戦で本陣を守る重要な役目を担っていたのです。

しかし、信玄の死後を境に、その運命はガラリと変わります。

梅雪は、従兄弟かつ義弟にあたる当主の武田勝頼と対立。
天正10年(1582年)、織田軍が甲斐討伐にやってくると、領地拝領と武田氏の名跡継承を条件に武田勝頼を裏切り、武田本家を滅亡へと追い込んでしまうのです。

そしてその年の5月、梅雪は家康と共に安土城を訪れ、信長に謁見、功労者としてもてなされました。

勝頼を裏切り自分だけは信長にへーこら。
と、戦国ファンからは嫌われがちな梅雪ですが、「武田家を残す」という意味では、間違った作戦でもないんですよね。

 

本能寺でいったい何が?

事態は思わぬ方向へ転がっていきます
6月1日、家康と共に堺を見物し翌2日、京都へ向かう途中ある事件を知ります。

1582年と言えば『いちごパンツ(1582)のほんのうじ』。
そうです、「本能寺の変」が起きたのです!

このとき家康は、決死の覚悟で伊賀越えを行い、伊勢から海路で地元・三河まで辿り着いた話は有名です。

一方、一緒に行動していたハズの穴山梅雪はどうなったのか。

信長公記』によると、宇治田原越えで「一揆にやられた」と書かれております。フロイスの『日本史』では、部下が少数であったため数度に渡って襲われ、最初は荷物と部下を失い、最後には殺されたと記されています。

いずれにせよ家康と別行動だったのは間違いない様子ですが、それは一体ナゼだったのでしょう。
「大金を持っていて、家康に奪われるのを恐れたから」なんて説もありますが、「悪化した痔の痛みで馬に乗れなかった」という話もあるのです。

痛くて乗れないということは外痔核ですね。アルコールはこの病状を悪化させますので、安土城での「お・も・て・な・し、おもてなし~♪」が悪かったのかもしれません。

ともかく、馬に乗れない梅雪は歩みが遅くなり、その途中、落武者狩りに遭って落命。享年42歳、割と若い死でした。

梅雪が主家を裏切ったのは『武田』の血筋を存続させるためだった。先にも述べたようにそんな見方もありますが、残念ながら跡を継いだ梅雪の息子も5年後に18歳で早世し、その血筋は途絶えたのでした。

どうでも良い話ですが、穴山梅雪は「江〝尻〟城」の城主でした。それが痔で亡くなるって、なんだかネタっぽく見えますよね。

20150914011240

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
amebloはコチラ♪

戦国診察室表紙

戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪

 



-徳川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.