『戦国の軍隊』/amazonより引用

歴史書籍 合戦・軍事

なぜ織田・豊臣軍は合戦に強かったのか?書籍『戦国の軍隊』に学ぶ軍事学

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国の軍隊
をクリックお願いします。

 

歩兵戦術の大改革 ――歩兵 vs 騎兵、弱兵の大量動員 vs 少数精鋭

以前『兵器と戦術の日本史』(→amazon)という本を読んだときにもあったのですが、日本の武士というのは本来、弓騎兵でした。

訓練を受けた少数精鋭の弓騎兵が撃ち合うって感じです。

しかし、戦闘が大規模化し、素人まで駆り出されるようになると(のちの足軽ですね)、少数精鋭の武士側は直接な刀・槍での突撃にシフトしていきます。

よほど訓練でもされていないと、騎馬突撃の恐怖に耐えることなんかできません。

でも、足軽側もやられてばかりではありません。

足軽は数が武器。

弓を集中運用したり、槍衾で突撃するというスタイルを編み出すと、なかなか侮れなくなってきました。

image2

要するに「少数精鋭の武士(騎兵)」と「安価大量の足軽(槍兵)」のどちらを決戦兵力として使うかが当時の戦争のテーマの一つだったといえるわけです。

※もちろん、非決戦兵力としての大量の「雑兵」も必要です。

本書からは少し離れますが、双方のメリット・デメリットをちょっとまとめてみましょう。

・少数精鋭の武士:

→強いけど、維持が大変。古い封建制と相性がいい

・安価大量の足軽

→うまく使えば安上がり。でも、安定供給や集団運用がうまくいくかという問題も

前者を比較的重視したのが(どの大名も一辺倒というわけではありません)武田などの比較的古参の大名、北条などの関東氏族を束ねることに成功した大名で、後者を選択したのが封建的な土台をもたなかった織田・豊臣だったというわけです。

特に織田氏はひっきりなしに戦争をしていましたので、常に足軽の労働市場がありました。

安定供給と、練兵・運用の問題が解決されていたわけ。ほとんど常備軍みたいなもんですね!

 

徳川軍団は古いタイプ?

織豊政権には、強力な同盟者・徳川氏もいました。

彼らのように「少数精鋭の武士」路線を維持している徳川軍を味方につけることで、織田氏は両方の旨味を引き出すことができたという見方ですね。

まぁ、根性の要るしんどいところは家康に丸投げしたとも言いましょうか。

小牧・長久手の戦いで、家康が数的不利をあんまり気にしていなかったらしいのも、「少数精鋭の武士」路線に対する信頼があったのかもしれません。

小牧・長久手の戦い
豊臣vs徳川の総力戦「小牧・長久手の戦い」複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

しかし、家康のように古いタイプの軍団を率いる大名が天下を取ってしまったのは、日本の歴史にとって良かったかどうか。

「安価大量の足軽」路線は封建制度を打ち崩し、下々に政治的発言権を与えます。

これが欧州では後の市民革命につながるという見方ですが、日本の場合はそれが寸でのところで阻止され、長く安定した・平和な封建社会が築かれることになるのです。

ちょっと本書の内容から脱線してしまいましたが――正規雇用の武士と非正規雇用の足軽――なんていうメタファーもわかりやすいですし、説得力ある感じ。小

田原征伐の補給の話なども、なるほどと思わされました。

戦国時代の軍隊についてのイメージを補うのに有用な本だと思います(スマホですぐに読める電子版、便利ですね)。

目次も付記しておきます。

戦国の軍隊(→amazon

 

目次

第1章 戦いの現場から――天正十八年の山中城攻防戦

箱根路の戦雲

渡辺勘兵衛の活躍

山中城落城

第2章 中世の軍隊――封建制軍事力編成の原理

武士とは何者か

封建制的軍隊の成立

元寇から南北朝・室町時代

第3章 戦国の兵士は農兵か――軍団の編成と戦争の季節――

後北条軍団を解剖する

後北条軍団の解剖

戦争と季節

第4章 足軽と長柄――軽装歩兵の戦列化――

兵種別編成方式と領主別編成方式

足軽とは何者か

戦争を変えた長柄鑓

第5章 鉄炮がもたらした確信――集団戦から組織戦へ――

鉄炮と戦国の軍隊

軍事上の画期

第6章 侍と雑兵――格差社会の兵士たち――

侍と軍役

侍たちの戦場

戦国時代の非正規雇用兵

二重構造の軍隊

第7章 補給と略奪

戦国時代の兵站

小田原の役と補給

飢餓と略奪

第8章 天下統一の光と影――信長・秀吉軍はなぜ強かったのか

兵農分離と民兵動員

鉄炮神話の再検証

覇者の素顔

戦国軍事革命の結末

文・ やなぎ ひでとし(33歳、独身♂)

1980年、大阪府大阪市で爆誕。中学・高校時代は伊賀、大学時代は京都で過ごしたため、あちこちの言葉が混じった怪しい関西弁を操る。

現在は東京・千葉を経て、愛媛・松山に在住。普段はWindowsソフトウェアを専門とするフリーライターと、舞鶴鎮守府サーバーの提督(大将)の二足わらじ。

中国史(とくに春秋戦国時代など)が割りと好物で、好きな人物は漢の光武帝、尊敬するのは管仲・晏嬰。コーエイの『三国志』シリーズではもっぱら馬騰で遊んでいる。日本の武将では武田信玄が好き。

あわせて読みたい関連記事

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

豊臣秀次
豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれ殺生関白と呼ばれたのか?

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

小牧・長久手の戦い
豊臣vs徳川の総力戦「小牧・長久手の戦い」複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

武田信玄
史実の武田信玄は最強の戦国大名だった?人物像に迫る生涯53年まとめ

続きを見る

北条氏康
北条氏康が関東制覇へ!謙信や信玄と渡りあった57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

TOPページへ

 



-歴史書籍, 合戦・軍事