日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが戦国ブギウギ 徳川家 島津家

関ヶ原前哨戦の大一番・伏見城の攻防! 元忠と三成の間で揺れる義弘【戦国boogie-woogie138】

更新日:

 

【前回はコチラから】
徳川家康が上杉家討伐に出向いたタイミングを見計らい、ついに蜂起した石田三成
当初は徳川派だった大谷吉継という味方にし、更には総大将として毛利輝元を担ぎ、万全の状態で挙兵した。
しかしその矢先、人質に取ろうとした細川ガラシャには実質的に自害され、にわかに計画は狂い始める。
豊臣恩顧たちに見限られていた信頼を取り戻すことはできるのか。
真価が問われんとするとき立ちはだかったのが、家康の忠臣・鳥居元忠であった――。

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

家康ってこんなに悪いんだよ~な13箇条!

戦国ブギウギ20161204-3

◆豊臣のことを第一に考え、豊臣のために戦う!
たとえそうだったとしても、その真意が味方にすら通じず、人望がないってホトホト辛い場面ですよね……。
このときも事前に五奉行を解任されていた三成は、前田玄以・増田長盛・長束正家の三奉行に家康弾劾の13箇条を発布させたのでありました。そして向かった先は……

 

スポンサーリンク

伏見城に現れた島津兄弟No.1の猛将

戦国ブギウギ20161204-1

◆豊臣政権において、島津家中で最も信頼されていたのが島津義弘でした。
ヘタをすれば本家の義久よりも重んじられており、実際、朝鮮出兵などでも義弘は大活躍するのですが、ちょうど関ヶ原のときは上京していながら、兵数は少なく、いざ合戦が始まるとなると、東か西かを選ぶに選べず、非常に苦しい立場であったといいます。
こんな状態から、後に『島津の退き口』を演出してしまうんですから、まぁ、ほんとに凄まじい一族(義弘と豊久)っすなぁ

 

スポンサーリンク

三成、島津の助太刀を軽んじる!?

戦国ブギウギ20161204-2

◆島津義弘は石田三成とも親交深かった――という話がありますが、このときは非常に微妙な立場だったといいます。
本家・島津義久が東軍・西軍どちらを選ぶのか。その判断も確認できぬまま、なし崩し的に伏見城攻撃に加わらねばならなかった可能性があり、ほんと辛い立場としか……。
実際、三成がここまで義弘を軽んじたとは……いや、もしかして><;

 

後の裏切り者もここでは城攻めに……

戦国ブギウギ20161204-4

◆関ヶ原が決戦場となったのは、西軍にとっては吉だったのか凶だったのか。
結果だけを見れば間違いなく凶であり、その原因ともなったのが伏見城での鳥居元忠の大奮闘でした。
降伏せず、まさに城を枕に討ち死にするまで戦い抜き、その忠臣っぷりが今にも伝わっておりますが、実はこの戦いには小早川秀秋さんも参加していた、という……。もちろんこのときは西軍での参戦であります。

 

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-まんが戦国ブギウギ, 徳川家, 島津家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.