日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが戦国ブギウギ 徳川家 真田家

犬伏の別れからの小山評定 まさか西軍につくバカはいな……えっ? 【戦国boogie-woogie139】

更新日:

 

【前回はコチラから】
徳川家康に直江状を叩きつけ、会津の軍備を整えながら、徳川への反骨心を剥き出しにした上杉景勝と直江兼続。
対し徳川はこれを撃つため自らの主力部隊や、福島正則、細川忠興などを先鋒として征伐軍を組み、今まさに会津へ襲いかからんとしていた、その矢先のことであった。
石田三成、挙兵――。
その後の関が原勝利から、家康はまるで三成の挙兵を促すため会津へ出征したかのように語られたりもするが、果たしてその分析は正しいのであろうか。その後のドラマな展開がかような想像を我々に換気するのか。
関が原の前哨戦、いよいよ佳境へ向かう!

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

あれ? なんだかタンパク、犬伏の別れ

◆西軍に付いた真田昌幸&幸村と、東軍に付いた真田信之。その決別劇が犬伏の別れですね。
ここでふと思うことがあります。もしも大谷吉継が三成と共に挙兵せず、東軍についていたら、吉継の娘を嫁にしていた幸村は兄と一緒に東軍になったのか?
いやぁ、歴史に禁物のIFトークですが、気になるものは気になっちゃう。
ともかく93歳まで生き抜いた、お兄ちゃん・信之さんの生命力にはただただ脱帽です

 

スポンサーリンク

ワシか、三成か、今スグ決めんしゃーーーい!

◆東軍に付くか付かぬか――は自分の考え次第でいいからね♪  by家康 in小山
小山評定って、なんだか怖いですよね。意志を奪われるというか。もちろんこんな場面で反旗を挙げる連中はごくわずかであり、家康は無事に豊臣子飼いの連中も取り組むのでした。
家康にせっつかれた武将たちは、その日、飯も食えなかったでしょうなぁ。

 

スポンサーリンク

何とかとフクシマは使いようってことで

◆豊臣きっての武断派だった福島正則さん。家康には「秀頼は守る」と諭されて東軍となり、三成と敵対したと言います。
普通に考えれば、豊臣子飼いが徳川につくなんて理屈はありえないんすけどね。三成さんの嫌われっぷりがクローズアップされますのぅ。

 

後の裏切り者もここでは城攻めに……

◆北畠家に仕えてから、織田信雄→豊臣秀吉→豊臣秀頼と渡り歩いた田丸さん。妻は蒲生賢秀の娘で、氏郷とも関係が深かったですが、反家康に回ります。
たしかに嫌いではないけど、身近に居たらちょいと面倒くさそうな感じもありますな。

 

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-まんが戦国ブギウギ, 徳川家, 真田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.