歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが日本史ブギウギ

知られざる律令格式の功労者・粟田真人、唐へ渡る……かと思ったら周でビックリやで~!

投稿日:

 

前回までの日本史ブギウギは?】
歴史の授業で誰もが最初に習う日本の外交政策は、やっぱり「遣隋使」でありましょう。
600年から614年に渡って計6回。
日本側の記録ですと607年の小野妹子から計5回となりますが、随の倭国伝にその記述があり、「えっ、妹子が最初じゃないんかーい!」と軽くサプライズですね。
んで、その後はどうなったのか?
618年に随が滅びて、次に「遣唐使」となるのは皆さんご存知だと思われますが、意外にも随が滅びた割とスグの630年に送られております。
犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)という、日本史受験ではそこそこメジャーな方。
興味深いのは8世紀に入ってから。そのトップバッターは、701年の粟田真人さんでありました。
第11話、スタート!!!

いったん海に出れば到着まで気の休まるところがない「遣唐使」。
630年から数えて8度目となる一団を率いていたのが粟田真人さんでした。618年に随が滅びて、中国は唐王朝に突入していたんすね。
なお「執節使」という役割は「大使」よりも格上であり。あまり知られてないかもしれません。この機会にゼヒ!

 

粟田真人さんの渡航(701年)は、いったん延期となりましたが、翌702年に高橋さんはその任から外されます。

 

中国王朝ってほんっとややこしい!
受験で世界史を選択する人はホント大変かと思われますが、唐王朝の合間に史上初の女性皇帝となった武則天さんは「周」王朝を樹立し、後にまた唐に戻ります。

 

唐(周)の都を見た粟田真人はビックリ仰天!
藤原京は都の中心に宮殿が置かれておりましたが、長安では北端に――と、こうした都市計画の仕組みだけでなく、律令とそれを補佐するための格式など、色々と学んで帰国するのでした。
それはもちろん日本でも活かされます。
かなり後のことになりますが「延喜式」なんかはその一つですね。
歴史はまさに連綿と繋がっているのでありました。

 

著者:アニィたかはし




スポンサーリンク


武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.