日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが日本史ブギウギ

【日本史マンガ】恵美押勝、乱るるとき、勇者・坂上苅田麻呂、現る!

投稿日:

当初は孝謙天皇と手を取り権勢を誇っていた藤原仲麻呂。
改名して恵美押勝。

彼はそもそも藤原四兄弟の一人・武智麻呂(南家の始祖)の次男であり、橘諸兄や吉備真備、僧玄昉らとの権力争いに勝利して政権のトップに立った。
叔母である光明皇后の補佐も得て、淳仁天皇を擁立したのが基盤となっていた。

しかし……その前に現れたのが道鏡である。
病気だった孝謙上皇の病を治し、一気に信頼を得た道鏡。つまりは、そのぶん恵美押勝のチカラが削がれるということを意味しており、徐々に、そして確実に彼は追い込まれていく。

起死回生の一手!を打たんとしたとき、現れたのが勇者・坂上苅田麻呂だった(田村麻呂じゃないよ)。

日本史ブギウギ、第22話、スタート!!!

◆それは764年のことでした。
自ら「都督四畿内三関近江丹波播磨等国兵事使」となって軍事を担当した恵美押勝さんは、各国の兵を集めて反乱へと突き進もうとします。
もう、嫌な予感しかありません。

 

◆漏れていた。
恵美押勝の狙いは孝謙上皇に流れておりました。
上皇は淳仁天皇から「中宮院鈴印」を奪取。
負けじと押勝も、息子の藤原訓儒麻呂(くずまろ)を派遣し、これを取り返そうと強硬策にでて、一方の上皇側も坂上苅田麻呂(かりたまろ)に命じてこれを死守させるのであります。
バトル、いよいよ加熱か!

 

◆父の命で出兵した藤原訓儒麻呂は、駅鈴と内印の確保に成功。
これで押勝有利か!
と思ったところに現れたのが坂上苅田麻呂(かりたまろ)です。

 

◆坂上氏。実は彼ら「家世々弓馬を事として馳射を善くす」と続日本記に記されているように、代々、武芸に通じた一族でして。
武人として、皆さんが真っ先に思い浮かべるのが坂上田村麻呂でしょうか。そうでしょう。征夷大将軍として、日本史の授業でも有名人です。
実はこの田村麻呂、坂上苅田麻呂の息子なのでありますよ! うわぉ! 歴史は続いてるぅ~!!!

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

スポンサーリンク

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.