日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが日本史ブギウギ

【日本史マンガ】奈良~平安時代の恋愛スキャンダル第二弾!? 藤原薬子、現る

投稿日:

空海と最澄を唐に送り出した桓武天皇

平安に都を移して様々な政治改革に取り組んでいた同天皇は、残念ながら2人の帰国前に崩御されてしまったのは前回報じた通りです。

時を少し遡り、まだご生前だった頃、宮廷内が少しずつザワザワし始めた頃。
桓武天皇とその皇子との間には、静かな対立が生まれていたのでした――。

日本史ブギウギ、第35話、スタート!

◆安殿親王は桓武天皇の第1皇子。
注目度は低いですが、後に平城天皇となられる御方です。

参内を命じられてバックレるなど。父とは関係が不仲だった、と思しき記録があり、その一因とされているのが藤原薬子さんでした。

 

◆来ましたね、平安恋愛スキャンダル界のビッグネームの一人。
道鏡に次ぐドキドキキャラかもしれません。

藤原薬子さんは、式家・藤原種継の娘。
父の種継は、桓武天皇に重用されながら、長岡京造営中に矢で射たれて命を落とすという、スキャンダラスな死を迎えており、なかなか複雑な人間関係が構築されてしまうのでした。

安殿親王と薬子は、深い仲になって参ります。

 

◆学問の神様こと菅原道真。
ではありません。菅野真道。
平仮名で「すがわら の まみち」です。

なんだかややこしい字面でありますが、この真道さんは渡来系一族であり、本人も後に従三位・参議まで出世したなかなかの人物でありました。

歴史的な出番は何と言っても「徳政論争」でしょう。
彼自身が平安京の造営にも携わっていたせいか。藤原緒嗣との「徳政論争」では軍事・都造営の負担軽減を訴える緒嗣の主張に負けてしまいます。

が、後の平城天皇にも重用されており、同天皇の即位後に従三位まで上り詰めたのでした。基本的に藤原氏が強すぎるんですね。

 

◆早良親王とは、藤原種継暗殺事件のときに皇太子の地位を廃された桓武天皇の弟です。

ハンガーストライキで無実を訴えた早良親王でしたが、その疑惑が晴れる前に薨去(こうきょ)してしまうという哀しき最期。

その怒りの矛先は、安殿親王へ……なぜに???

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

スポンサーリンク

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.