歴史書籍

本能寺の光秀と信長を『爆笑問題の日本史言論』風に描いたらどうなる?

お好きな項目に飛べる目次

    こちらは2ページ目になります。
    1ページ目から読む場合は
    漫才本能寺
    をクリックお願いします。

     

    太田:でも、あれだね。信長さんも可哀想だよね。結局、領地やら人材やら何から何まで秀吉にとられちゃってさ

    田中:秀吉は、信長の娘や姪っ子まで自分の側室に入れてるからね。相当な女好きだったらしいよ

    太田:今で言ったらジェームス三木かな?

    田中:古過ぎるよ! もう忘れてやれよ!

    太田:でも、秀吉もあれだけ側室がいて、子供は秀頼だけだもんなぁ

    田中:一応、もう一人いたけど、幼いころに死んじゃってるしね

    太田:絶対におかしいよな?

    田中:何が?

    太田:いやぁ、言えないよ……

    田中:なに、ヒソヒソ話してんだよ。秀頼が実の子じゃないって説は普通に語られていることだから大丈夫だよ

    豊臣秀頼は秀吉の実子ではない! ならば誰の子? 僧侶か陰陽師か

    続きを見る

    太田:いや、ジェームス三木みたいなオジサンがなんであんなにモテたのかって、どうしても不思議でさ

    田中:まだその話かよ! いい加減にしろよ!

    太田:いっそのことNHKは大河ドラマの脚本を三木さんに頼んでみたらいいのにな

    田中:もう何本も書いてるよ!『独眼竜政宗』も『八代将軍吉宗』もジェームス三木さんだろ!

    太田:そうか。んじゃ、原作はオレのほうで用意してあるから話は早いな

    田中:えっ、もう書いてるの?

    太田:そうだよ。『し、し、し、し、しんなが、こ、こ、こうき?』

    田中:だからそれは太田牛一の『信長公記(しんちょうこうき)』だろ! タイトルすら読めてないじゃないか!

    以上。
    もしも叱られたらすぐに削除いたしますm(_ _)m

    【参考書籍】爆笑問題の日本史言論(→amazon

    あわせて読みたい関連記事

    本能寺の変
    本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

    続きを見る

    明智光秀
    明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

    続きを見る

    豊臣秀吉
    豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

    続きを見る

    徳川家康
    徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

    続きを見る

    清玉上人と信長の遺体
    信長の遺体は清玉上人が阿弥陀寺で埋葬? 本能寺もう一つのミステリー

    続きを見る

    愛宕百韻(愛宕山連歌会)
    愛宕百韻で明智光秀が詠んだ「ときは今 あめが下知る 五月かな」の真意

    続きを見る

    中国大返しは可能か 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察

    続きを見る

    豊臣秀頼は秀吉の実子ではない! ならば誰の子? 僧侶か陰陽師か

    続きを見る

    大河ドラマ『独眼竜政宗』
    大河ドラマ『独眼竜政宗』は名作だ! が、悲しき誤解も産んでしまった

    続きを見る

    文:五十嵐利休

    TOPページへ

     



    -歴史書籍