松前崇広/wikipediaより引用

幕末・維新

幕末に外様から異例の大出世をした松前崇広は、なぜアッサリ失脚したか

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
松前崇広
をクリックお願いします。

 

こうしてすったもんだの末、崇広は外様大名でありながら異例の出世コースを歩み、第二次長州征伐の際には十四代・徳川家茂のお供を勤めます。しかし……。

長州征伐(征討)がスッキリわかる!幕府、孝明天皇、外国人の視点も大事だよ

続きを見る

崇広は、たった一つの失敗により呆気なくクビになってしまいます。

原因は、もう一人の老中・阿部正外(まさとう)と勝手に兵庫を開港してしまったことでした。

阿部正外/wikipediaより引用

当時、幕府は、イギリス・フランス・オランダ各国からこんなプレッシャーをかけられておりました。

「兵庫と大坂で貿易できるようにしてくれないと、何するかわかんないよ?www」

既に下関戦争や薩英戦争で欧米の火力は充分わかっています。

薩英戦争で意外に少ない薩摩の被害 イギリスと仲良くなった理由とは?

続きを見る

ここで対応が遅れれば【欧米vs幕府】の全面戦争も考えられるワケで、悠長なことは言ってられませんでした。

なんせ朝廷の許可を取ろうにも、皇族公家は国際事情をまったく把握できておらず、とにかく攘夷を主張するばかりです。

そこで崇広と正外は朝廷の許可を待つことなく、開港を決めてしまったのです。

 

お好きな項目に飛べる目次

「先延ばししとけよ!」 慶喜ブチ切れ

むろん、こんなことスグにバレます。

翌日、一橋慶喜(後の十五代将軍・徳川慶喜)に「何勝手なことしてんだバカヤロー!朝廷から許可が出ないって先延ばししとけばよかっただろうが!」(超訳)とこっぴどく叱られます。

しかし老中二人は反論しました。

「いやいやいや、アイツら”今許可してくんないと、ウチら直接天皇さんと交渉しますけどそれでいいんですね^^” とか言ってるんですよ! そんなことしたら危険過ぎるじゃないですか!!」(超訳)

両者とも100%間違っているとは言い切れず、まさに口角泡を飛ばしあう状態。

若き将軍・徳川家茂が泣き出してしまったほどだといいます。

徳川家茂(徳川慶福)勝にも認められた文武の才~徳川14代将軍の実力とは

続きを見る

結局、朝廷から

「アンタさんたち、こっちの許可も取らんと何してはるんですか?責任を取ってもらいますえ」(超訳)

とお咎めを受け、家茂は不本意ながらに崇広と正外を免職させ、国許での謹慎を命じたのでした。

そして慶応二年(1866年)の初めに帰国した崇広は、その3ヵ月後、腹膜炎で亡くなってしまったのです。享年38。

崇広の写真を見る限り、いかにも身体頑健な人のように思えます。

この”熱病”というのはかなりアヤシイ気がしますが……それは言わないお約束ですかね。当時、日本ではコレラの流行が度々起きていましたから、まったくありえない話ではないのですけれども。

デキる人が正しく評価されないというのは現代でもままある話ですが、なんとも後味の悪い結果です。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

松前藩の歴史はドタバタの連続? 石高ゼロで蝦夷地を守るハードモード

続きを見る

松前城は1万石の城にあらず!鎖国で潤う超リッチ!【お城野郎のLOVE❤百名城】

続きを見る

「北海道」の名付け親・松浦武四郎~アイヌ差別の撤廃を訴えた男の生涯とは

続きを見る

大老・老中・若年寄の違い、ご存知ですか?細分化された江戸幕府の役職

続きを見る

大政奉還を実行したのになぜ戊辰戦争は始まった?幕末混乱期のクライマックス

続きを見る

幕末の蝦夷地警備は「五」だけじゃなく三、四、七稜郭も配置されていた

続きを見る

戊辰戦争のリアル~生活の場が戦場となり 食料奪われ殺害された悲劇

続きを見る

大モルトケのお陰でビスマルクも活躍!? 国家統一に身を捧げた知性のドイツ軍人

続きを見る

島津斉彬50年の生涯まとめ! 西郷や大久保らを育てた開明派の生き様

続きを見る

徳川家慶(12代将軍)ペリー来航の激動期に空気のような存在なのはナゼ

続きを見る

徳川家茂(徳川慶福)勝にも認められた文武の才~徳川14代将軍の実力とは

続きを見る

薩英戦争で意外に少ない薩摩の被害 イギリスと仲良くなった理由とは?

続きを見る

長月七紀・記

【参考】
国史大辞典
『幕末維新大人名事典(新人物往来社)』(→amazon
『全国版 幕末維新人物事典』(→amazon
松前崇広/wikipedia

TOPページへ

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.