ペリー来航/wikipediaより引用

幕末・維新

幕末の英語学習は黒船前に加熱? 当時から「L」と「R」の発音は苦手だった

大河ドラマ『西郷どん』では、慌てふためいた様子で迎えた、嘉永6年(1853年)の黒船来航。

「ケン・ワタナベの島津斉彬だけが落ち着いていた!」

という描写でしたが、実は幕府も予想しており、それどころか各地に伝達済みでした。

『来ちゃったね……本音は来て欲しくなかったけどやっぱり着いちゃったか(´・ω・`)』

本心ではそんな気持ちであったでしょう。幕府側は、ちゃんと上陸地点に通詞(通訳)も待機させていたのです。

さて、ここで通詞が黒船に近づいて行きまして。彼はこう言いました。

「I can speak Dutch.(私はオランダ語が話せます)」

HAHAHAHA!
いきなりジャパニーズジョークかい。

今まさに、あなたは英語を話しているじゃないか。そんな風に相手は思ったかも知れません。

まぁ、オランダだけとは出島を通じて交易がありましたからね。

ともかく、この時点で幕府は英語のできる通詞を準備していたわけです。

いったい彼らはどうやって、英語学習に取り組んだのでしょう。

 

オランダ語だけでよかった時代は終わった

まずは時代を250~300年ほど前に遡りまして。

2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、柳楽優弥さん演じる龍雲丸がポルトガル語の通訳になろうとしていました。

なぜなら最も交易が盛んだったからですね。

戦国時代には、彼のようにポルトガル語やスペイン語を習得する人々がいたわけです。

そこから時代は下りまして。

江戸初期の幕府は、プロテスタント国のオランダとイギリスをのぞく西洋諸国との交易を行わないことにしました。

カトリックの布教や奴隷貿易に手を焼いていたからです。

合戦でかっさわれた日本人が、九州の各拠点から、主にマカオを通じて世界へバラ撒かれました。

戦国時代&大航海時代は「奴隷時代」多くの罪なき人々はドコへ売られた?

続きを見る

しかし、プロテスタント国であれば出入りは可能です。

徳川綱吉の時代には、ドイツ人のケンペルが日本で見聞を深めました。

徳川綱吉は犬公方どころか名君だ! 暴力排除で江戸に倫理を広めた人格者

続きを見る

もしも、イギリスとの交易が続いていたら?

幕末に至るまで、英語を話すことのできる通詞はいたことでしょう。

しかし、徳川家康とそのお気に入りの家臣であったウィリアム・アダムス三浦按針)が世を去ると、イギリスとの関係は疎遠になり、ついに交易を行うことはなくなりました。

ウィリアム・アダムス(三浦按針)と家康で始まった日英関係 なぜ終わった?

続きを見る

それから長いこと【通詞はオランダ語さえできればいい!】という状況が続き、やがて変化が訪れるのでした。

時代的には、幕末ちょっと前という感じです。

 

捕鯨船、漂着船……黒船以前の外国船

オランダ語だけではもはや時代遅れ――。

そんな状況は、19世紀前半からやって来ました。

世界中で航海術が発達。船の性能も飛躍的に向上し、長い距離の航海が可能になりました。

そしてこの時代ともなると、とある産業が盛んになっていたのです。

捕鯨です。
クジラ漁ですね。

19世紀の捕鯨船/wikipediaより引用

本当にあったクジラと漂流の恐怖~捕鯨船エセックス号は小説『白鯨』よりエグい

続きを見る

石油以前、油といえば鯨から捕れる「鯨油」が利用されていました。

遠い海まで船で向かう捕鯨船は、不幸にして遭難することもありました。

真水や食料を求めてやむなく上陸するイギリス人、アメリカ人としましては「太平洋の途中で補給できれば便利なのに」と考えてしまうのは当然のこと。

実際に上陸してしまうケースもありまして、そんな時に揉めるのは、相手としても厄介なことでした。

また、ジョン万次郎のように、漂流した日本人を救出して送り届けようとしたものの、砲撃して追い払われる例もあります。

ジョン万次郎は14才で漂流し米国生活10年の後に帰国~波乱万丈の生涯72年

続きを見る

相手からすれば、日本のそういう態度どうなのよ、という話なのです。

黒船がイキナリやってきた印象をお持ちの方もおられるかもしれませんが、実は以前からタイムリミットは近づいていたのですね。

これについては幕府も認識していました。

2018年正月時代劇『風雲児たち』に登場したような、蘭学に関心を持つ知識人もそうでした。

NHK正月時代劇『風雲児たち』感想あらすじ 真田丸キャストが新たな大河の可能性を示す!?

続きを見る

海岸沿いに暮らす漁師や人々もしばしば「黒船」を目撃しており、危機感を抱いていたのです。

 

どう英語を学べばよい?と、そんな時に密入国者が

さて、江戸時代の語学エキスパートというのが【通詞】という人々になります。

彼らは現在の通訳とは異なりました。

まず世襲です。

きついですね。語学が苦手だから通詞にはなりません、というような職業選択の自由はありません。

逆を言えば、語学が堪能だからと言ってなれるわけでもありません。

理不尽ですが封建制度のあり方ですから仕方ないです。

もうひとつは……。

もしも現代「あなたは英語通訳ですが、顧客に中国の方が増えたので、中国語もマスターしてください!」と言われたらどうなります?

当然ながら「フザけんな!」となりましょう。

しかし、江戸時代にそんな選択肢はありません。

とにかく外国人との会話を飜訳しなければいけないのが通詞のオシゴト。

そんなわけで、幕末にかけての通詞は、先祖とちがって他の言語もマスターしなければいけなかったのです。

しかも、当時の幕府は欲しがりちゃんでありまして。

オランダ語に加えて英語、ロシア語、満州語等を習得して欲しいと考えるようになるのです。英語圏の者だけではなく、ロシア人漂着者も増えていたからですね。

一方で、悩みどころでもありました。

正式な国交がないにもかかわらず、積極的に言葉を学ばせるというのは矛盾した行動でしょう。

英語については19世紀初頭にはオランダ経由で通詞が学び始めていたものの、いざ発音となるとネイティブの指導が必要です。

そんな悩みを抱えた幕府に、あるニュースが飛び込んで来ます。

嘉永元年(1848年)、ラナルド・マクドナルドというアメリカ人青年が密入国したというのです。

「よっしゃ、こいつから英語を学ぼう、アッヒャー!」

一も二もなく幕府は飛びつきました。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.