磔にされた村山たか/wikipediaより引用

幕末・維新

村山たかは直弼の女スパイ!? 粛清の恨みによって京都三条河原に晒される

幕末は「女性の活躍が少ない」時代とされています。

果たしてそれは事実でしょうか。

おそらくや幕末は荒ぶる魂を持った男の時代――そう思いたいバイアスがかかっているのでしょう。

実のところ、幕末だって女性は活躍しています。ただし、その姿が表舞台には出ないため、あまり人に知れることがないのです。

大奥や閨房で、彼女らは活動していました。

そしてそのために、憎しみをかい、危険にさらされることもありました。

井伊直弼の手の者とされる女スパイ・村山たかもその一人です。

 

京都三条河原にとある女の姿が浮かび上がる

ときはペリー来航から数年が経過した文久2年(1862年)11月15日。

マシュー・ペリーの意外な接待術~日米和親条約を結ぶために用いた策は?

続きを見る

ペリーはアメリカで無名な存在だった!? めちゃめちゃ苦労して進めた開国交渉

続きを見る

夜が白々と明けるにつれ、京都三条河原に、とある女の姿が浮かび上がってきました。

「なんや、あの女。高札立てられとるで」

「また天誅かいな。おお怖っ……」

周囲の人々は好奇心から彼女の姿をジロジロと眺めました。

その姿に唾棄し、石をぶつけるような者はいません。

哀れ――されど、誰も彼女を助けようとはしません。

女の名は、村山かず江。

年の頃はもう50ほどではありましたが、美貌の面影が残り、色香すら漂わせた女性でした。

 

「この女は井伊直弼の懐刀・長野主膳の愛妾」

傍らの高札には、こう書かれておりました。

「この女は井伊直弼の懐刀・長野主膳の愛妾であり、大胆不敵な行動でその奸計を助けていた」

さらには「死をもって償うべきところを、罪一等減じて晒しているのだ」ともあります。

こんな調子では、誰だって恐ろしくて声をかける気にもなれないでしょう。

彼女が晒された翌日、息子の帯刀(たてわき)が、人斬りで知られた岡田以蔵らによって殺害、斬首され、さらし首となりました。

彼女の姿は、素足に着物一枚だけを身につけ、切られた髪には頰かぶり。縛り付けた縄がその身にくいこんでいます。

このままでは長くは持たない――。

三日三晩ののち、彼女はやっと老尼に助けられ命を拾ったのでした。

 

美しい少女は京都で芸妓となり鉄三郎に出会ってしまう

村山かず江、またの名は村山たか。以下、本稿では、たかと記します。

なぜこれほどまでに彼女は憎まれたのか。一体何をしたのか。

文化6年(1809年)、たかは近江国犬上郡多賀で生まれました。

父は多賀大社尊勝院の長老・尊賀。母の素性は不明。尊

賀は妻帯しなかったため、寺侍村山家の養女となりました。

たかはやがて美しい少女に育ちました。三味線や茶道・華道も得意としていました。

そんな才色兼備の女性であったためか、20才で彦根藩主・井伊直亮の侍女となります。

その後、21才頃には京都祇園下河原で芸妓となりました。かず江という名は、この頃名乗るようになったとされています。

下河原の芸妓は、身を売るよりも芸を売るという、精進を怠らないプロ意識を持った女性たちでした。

美しく聡明なたかは、上流階級の人々とも交流を持ちます。

鹿苑寺金閣の住職・北潤承学はたかに惚れ込み、二人の間には男児が生まれました。

男児はたかに引き取られ、母子は彦根に戻ります。

このころ、彦根藩主・井伊直中(なおなか)の十四男・直弼は部屋住みの身でした。彼は「埋木舎」で、趣味にあけくれる日々を過ごしていました。

井伊直弼は生まれたときから波乱万丈~桜田門外に散るまで46年の生涯まとめ

続きを見る

天保10年(1839)頃、たかは医師の仲介によって鉄三郎(井伊直弼の幼名)と出会います。

たかの美貌と才知に見せられた直弼は、やがて彼女を愛妾としたのでした。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.