雲行丸

雲行丸/wikipediaより引用

幕末・維新

日本初の蒸気船「雲行丸」を薩摩で設計したのはジョン万次郎だった!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
雲行丸
をクリックお願いします。

 

そして国産蒸気船「雲行丸」誕生

安政2年(1855年)。

万次郎から聞いた技術を元に、薩摩藩は日本初となる蒸気船「雲行丸(うんこうまる)」を完成させました。

それが上掲の画像図ですね。

お世辞にも完成度が高かったとは言いかねる雲行丸。

しかし万次郎から聞いた情報だけを頼りに作ったわけですから、たいしたものです。

さすがは斉彬、さすがは薩摩藩でしょう。

「こんな原始的な図面から蒸気機関を作るなんて、凄い」

オランダ人の海軍人であるカッテンディーケも驚きました。

その後、雲行丸は軍事用ではなく、輸送船や連絡船としてしばらく運用されました。

薩摩藩の造船事業は赤字であり、結果的に輸入するほうが安上がりだと判明したため、取り止めとなってしまうのです。

その後、藩は蒸気船を輸入する方針に切り替えました。

とはいえ、まったくの無意味であったとは言えないわけでして。

性能があまり高くなかった雲行丸は、維新後に時代遅れとなり、廃船となりました。明治20年代にはスクラップとなり、絵図面も写真も残っていません。

それでも日本の歴史に残る記念すべき事業であったといえるでしょう。

ドラマでは「ラブ」推しでしたが、蒸気船に注目しておいた方がジョン万次郎的には嬉しかったと思いますが……。

 

万次郎、ふたたび薩摩へ

滞在のあと、万次郎は長崎奉行に引き渡されます。

そこで拘束された後、故郷の土佐藩へ。その後は幕臣として活躍します。

では薩摩藩とは、もう縁が切れたのか? と申しますと、そうではありません。

元治元年(1864年)、薩摩藩は幕府に対して、3年間の期限付きで万次郎を貸して欲しいと頼み込んでいます。

この前年、薩摩藩では「長崎丸」を長州藩による砲撃で失っていました。損害は長崎丸だけにととまらず、乗船していた貴重な航海仕たちをも失ってしまったのです。

薩摩藩にとって、航海術に長けた者を養成することは急務でした。

薩摩藩は同年、洋学校「開成所」を設立。

そこは、英語、オランダ語といった語学だけではなく、海陸軍砲術、兵法、数学、物理、医学、地理、天文学、測量術、航海術……様々な学問を学ぶことができる、実践的な場所でした。

万次郎はここで教鞭を執ったのです。

多くの薩摩藩士がここで学び、海外に留学した者もいました。

万次郎は、幕臣でありながら薩摩藩躍進の貢献者ともいえるのです。

みんなが読んでる関連記事

島津斉彬
幕末薩摩の名君・島津斉彬~西郷らを見い出した開明派50年の生涯とは

続きを見る

ジョン万次郎
14才で漂流したジョン万次郎がアタマ良すぎ~米国で学を修めて帰国して

続きを見る

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る~誕生から西南戦争まで49年の生涯とは

続きを見る

大久保利通(大久保一蔵)
大久保利通49年の生涯まとめ【年表付】紀尾井坂に斃れた西郷の親友

続きを見る

集成館事業
斉彬が遺した集成館事業~薩摩切子で芋焼酎を楽しめるのはそのお陰です

続きを見る

薩摩示現流と薬丸自顕流
薩摩示現流&薬丸自顕流の恐ろしさとは?新選組も警戒した「一の太刀」

続きを見る

精忠組(誠忠組)
西郷や大久保らを輩出した精忠組(誠忠組)目をかけたのは久光だった

続きを見る

有馬新七
有馬新七「おいごと刺せ!」幕末薩摩でも屈指の激しさだった生涯38年

続きを見る

寺田屋事件(寺田屋騒動)
薩摩の惨劇・寺田屋事件(寺田屋騒動)はなぜ起きた?久光vs新七

続きを見る

島津忠久
島津忠久から始まった 鎌倉以来の伝統ナンバー1武門・薩摩島津家

続きを見る

島津久光
西郷の敵とされがちな島津久光はむしろ名君~薩摩を操舵した生涯71年

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
桐野作人『さつま人国誌 幕末・明治編3』(→amazon
泉秀樹『幕末維新人物事典』(→amazon
国史大辞典

TOPページへ

 



-幕末・維新
-,