ジョン万次郎

ジョン万次郎の写真と銅像(土佐清水市)

幕末・維新

14才で無人島へ漂流しアメリカに渡ったジョン万次郎は知られざる偉人

明治31年(1898年)11月12日はジョン万次郎こと中浜万次郎の命日です。

「ジョン」と「万次郎」という組み合わせが軽妙で、なんだか昭和のお笑い芸人みたいな印象のせいか。

何となく楽しげな雰囲気に思えてしまいますが、彼の生涯はかな~り波乱万丈。

14才のときに南海の孤島へ漂流し、そこで数ヶ月間、どうにかこうにか生をつなぎとめ、たまたま救助してくれた米国捕鯨船に乗ったかと思ったら、アメリカへ渡って学を修め、帰国後は各方面から重宝されます。

ジョン万次郎は優秀な頭脳を持っていたため、通訳として重宝されただけでなく、アメリカの最新技術などにも通じていたのです。

では幕末で実際にどんな活躍をしたか?

万次郎の生涯を振り返ってみましょう。

 

無人島で143日間 どう暮らした?

天保12年(1841年)1月――それは黒船が浦賀に姿を見せる少々前のこと。

土佐の海で漁をしていた5人の漁師が遭難し、太平洋にポツンと浮かぶ無人島「鳥島」に流れ着きました。

現在の都庁から582kmという、途方もない場所(東京-大阪間の直線距離401km・車で505km)。

江戸時代ですから、それはもう絶望的な距離であることが、以下の地図からもご理解いただけるでしょう。

無人島に辿り着いた5人は、漂着から143日間。

雨水をすすり、アホウドリや魚を食べ、どうにかして命をつなぎとめておりました。

鳥島(宇喜多秀家が流された八丈島からさらに南へ/1785年、ここに流された野村長平は12年間の無人島暮らしの末に島を脱出、土佐への帰国を果たしている)

そこへやってきたのが、見たこともないような巨大な船でした。

その大きさには度肝を抜かれるばかりですが、地獄に仏、いやいやまさしく渡りに船。5人はアメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号の乗組員によって救出されます。

「日本人か。ならば国に返さなくてはな」

船長のホイットフィールドはそう判断し、まずは4人をホノルルで降ろしました。

すると、残りの一人、まだ幼い少年の万次郎が訴えかけます。

「このまま船に残りたい」

「……そうか。君が本気なら、この船の名前を与えよう。今日からジョン・マン(John Mung)だ」

米国人と日本人の心温まる友情の始まりと申しましょうか。

こうしてジョンと呼ばれるようになった漁師の少年(後のジョン万次郎・本名は中浜万次郎)は、アメリカ本土へ渡航。

いざアメリカに到着してからのホイットフィールドは、やはり親切な人物でした。

 

英語のハンデをものともせずクラストップの頭脳

ホイットフィールドは万次郎を連れ帰ると、教育を受けさせます。

漁師の息子として生まれ、寺子屋にすら通えなかった万次郎ですが、ホイットフィールドはその聡明さを見抜いていたのです。

万次郎は、マサチューセッツ州フェアヘイヴンにあるバートレット・アカデミーに通い始めました。

頭脳は、クラスでも最優秀の部類。

言葉というハンディキャップがあるにも関わらず飲み込みは早く、2年半の在学で英語だけでなく、測量術、航海術、数学、造船術等を習得し、捕鯨船に乗り込めるだけの知識を身につけてしまうのです。

19世紀、アメリカの捕鯨船・Charles W. Morgan/wikipediaより引用

授業態度は内気で物静か。

常に温厚で、礼儀正しい少年。

ホイットフィールドも、さぞかし鼻が高かったことでしょう。

一等航海士として、捕鯨船に乗船した万次郎は、さらに様々な知識を吸収します。

「いいかい、ジョン。これが世界地図だ。そしてこれがきみの生まれた国、日本だよ」

世界地図を見せられ、万次郎は気が遠くなりました。

想像よりもずっと小さい日本。ただただ驚くばかりです。

「日本は、外国の船となったら攻撃して打ち払ってしまう。このまま鎖国を続けたいようだが……できっこないさ。ジョン、きみもそう思わないか?」

捕鯨船の仲間からそんなふうに言われると、万次郎はその通りだと思わざるを得ませんでした。

 

万次郎の帰国

10年間、アメリカと捕鯨船で過ごした万次郎。

すっかりなじみ、人々の親切は身に染みましたが、そうなると今度は望郷の念が浮かんできます。

折しもカリフォルニア州では、ゴールドラッシュが始まっていた頃でした。

砂金採りの様子/wikipediaより引用

万次郎は捕鯨船を下り、砂金を採掘して旅費を貯めることにします。

鎖国中の日本へ帰国なんてしたら、命を落とすかもしれない――。

鎖国
鎖国の目的は制限外交?長崎オランダ以外にも複数の外交ルートあり

続きを見る

幕末の海外事情
誤解されがちな幕末の海外事情~江戸幕府の対策は十分にイケていた?

続きを見る

そんな覚悟を決めて、ホノルルへ渡った万次郎。

そこで再会した他の漁師仲間とともに、ホエールボート「アドベンチャー号」を買うと上海行きの船に乗船。琉球・摩文仁に上陸します。

嘉永4年(1851年)のこと。そこに待ち受けていたのは、幸運にも薩摩藩主の島津斉彬でした。

※ホエールボートとは、捕鯨の際に鯨に接近して銛を撃ち込むために乗る小舟

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-

×