江戸時代

江戸時代にイギリス人となった「音吉」帰国叶わず~数奇な漂流人生を送る

皆さま、「ふるさと」についてはどのような気持ちを持っていらっしゃいますか?

「毎年帰ってるよ」という方もいれば、「あんまりいい思い出がないな……」という方まで、さまざまでしょうけれども、なんとなく懐かしいという気分は共通なのではないでしょうか。

本日は「ふるさと」について常人とは一風変わった印象を持っていたと思われる、とある一般人のお話です。

慶応三年(1867年)1月18日は、音吉(おときち)という船乗りが亡くなった日です。

名字がない=庶民ということになりますが、彼は当時の武士や公家などのお偉いさんでも体験しないような、数奇かつ壮大な人生を送った人でした。

例によって生い立ちからみていきましょう。

音吉の肖像/wikipediaより引用

 

1年2ヶ月も太平洋をさまよいアメリカ西海岸へ漂着

音吉は、現在の愛知県知多郡美浜町に生まれ、江戸へ向かう商船で働いていたといわれています。

しかし天保三年(1832年)の秋、遠州沖(静岡県沖)で暴風に遭い、1年2ヶ月もの間太平洋をさまようことに……。

その間、食料とか水はどうしてたんですかね。

ジョン万次郎は鳥島に流れ着き、そこでアホウドリを食しながら生き永らえましたが、ずっと船上で漂流していたようなので、食料確保が相当厳しそうです。まぁ、魚をとって、雨水でしのいでいたとしか考えられませんが。

ジョン万次郎は14才で漂流し米国生活10年の後に帰国~波乱万丈の生涯72年

続きを見る

こんな調子ですから、当然ただでは済まず、生き残ったのは音吉と岩吉、久吉という偶然「吉」の字がつく三名だけ。

たどり着いたのは、なんとアメリカ西海岸の北端、フラッタリー岬です。

現在ではカナダとの国境にあたるところで、当時は僻地もいいところ。ここで運良く三人はインディアンに拾われたのですが、それで万々歳とはいきませんでした。

インディアンたちは音吉らを「珍しい奴隷」として使い、その後イギリスの商社・ハドソン湾会社に売り飛ばしたのです。

しかし、これが結果としては良い方向に働きました。

ハドソン湾会社は「どうやらこの奴隷たちは日本の漂流民らしい」ということを知り、ロンドンへ連絡して「本国に返してやるべきだろう」と言ってくれたのです。

「なんだ良い奴じゃん」と思いたいところですが、残念ながらそうではありません。

当時イギリスは日本を開国させるべくアレコレやっていたので、「漂流民を届けてやれば、交渉の場くらいは作ってくれるだろう」という打算がありました。

夢のない話ですね。まぁ、国益なんてそんなもんでしょう。

 

英国からマカオへ 世界初の日本語訳聖書の編纂に協力する

ハドソン湾会社にも多少は気前の良い人がいたようで、一度ロンドンに送られた音吉たち三人は、一日だけロンドン見物を許されています。

日本人が初めてイギリスに上陸した確かな記録ともなりました。

その後、音吉らを乗せた船はまずマカオへ向かい、ドイツ人宣教師カール・ギュツラフの世話になっています。

何か恩返しをしようと思ったのか。音吉らはこの滞在中、カールと共に世界初の日本語訳聖書『ギュツラフ訳聖書』を作りました。

カールは音吉たちから日本語を学んだそうですから、この時点まで日本語はサッパリだったはずです。皆の根性がスゴすぎ。

カール・ギュツラフ/wikipediaより引用

マカオ滞在中、音吉は薩摩からの漂流民四人と合流し、ついに日本へ帰国しようという運びになりました。

乗っていた船の名は「モリソン号」。

と、ここでお気づきになった方もおられるでしょう。

そうです。この頃、江戸幕府は異国船打払令を出しており、「外国の船は問答無用でブチのめす」(超訳)という方針を固めてしまっていました。

それは軍艦でも商船でも変わらず、モリソン号も大砲をぶっ放されて追い返されてしまったのです。

この【モリソン号事件】により、彼らの帰国は叶いませんでした。

蛮社の獄と渡辺崋山~ほぼ冤罪で自害させるには余りに惜しい人材だった

続きを見る

しかし、音吉はこの仕打ちを恨んではいなかったとか。

なんでも「外国に対して強気でいてくれるのは頼もしい」と考えていたようです。その後、日本が真逆の路線になったときは、怒りさえ覚えていたそうな。

モリソン号は仕方なくマカオに戻り、音吉ら7名もまた再びカールの世話になりました。

その後アメリカに一度渡った後、上海に戻ってきてイギリス兵となり、アヘン戦争に参加していたそうです。

アヘン戦争はナゼ始まり、どう終わった?恐ろしすぎる英国のヤリ方と不平等条約

続きを見る

アヘン戦争の後はイギリスの商社に勤め、イギリス人女性と結婚して娘に恵まれたものの、妻にも娘にも先立たれてしまいました。

一度中国人と偽ってイギリスの軍艦・マリナー号で浦賀まで来たことがあったのですが、なぜかこのとき帰国しようとはしなかったようです。

その一方で、他の日本人漂流民が帰国する手助けをしています。

そこまでのツテができているのなら、自分が帰国することも不可能ではなかったはずなのですが……どうしてでしょうね。

 

なぜか自身は日本へ戻らず、息子に訪日を託す

その後も度々帰国するチャンスがありましたが、音吉はその度に断りました。

1862年(文久二年)にはシンガポールに移住。

その二年後には日本人として初めてイギリスに帰化し、「ジョン・マシュー・オトソン」と名乗っています。

しかし、1867年に亡くなる間際では、息子に「自分の代わりに日本へ帰ってほしい」と言い残しているのがよくわからんところです。

帰化しても、故郷を懐かしむ気持ちから、なんだかんだで吹っ切れなかったんですかね。

息子のジョン・W・オトソンは遺言通り1879年(明治十二年)に来日し、日本人女性と結婚して、父の名をとって「山本音吉」を名乗りました。

残念ながら、その頃はまだ日本の法整備ができておらず、帰化はできなかったようですが……。

音吉の墓は最期の地であるシンガポールに作られました。

都市開発の関係で一時所在不明になったものの、2004年に再び見つかり、遺骨は改めて荼毘に付された後、一部が故郷の美浜町に帰されています。

美浜町では音吉の生涯を広く知らせるべく、記念碑の建立や式典なども積極的に行っているとのことです。

晩年の感じからして、音吉は母国に対してかなり複雑な気持ちを持っていたように思えますが、あの世で喜んでくれているといいですね。

あわせて読みたい関連記事

ジョン万次郎は14才で漂流し米国生活10年の後に帰国~波乱万丈の生涯72年

続きを見る

蛮社の獄と渡辺崋山~ほぼ冤罪で自害させるには余りに惜しい人材だった

続きを見る

アヘン戦争はナゼ始まり、どう終わった?恐ろしすぎる英国のヤリ方と不平等条約

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
日本人名大辞典
音吉/wikipedia
カール・ギュツラフ/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸時代
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)