江戸時代

鍵屋の辻の決闘(日本三大敵討ち)藩主のカレシに横恋慕してブッコロス!

投稿日:

寛永十一年(1634年)11月7日は、日本三大敵討ちの一つ「鍵屋の辻の決闘」があった日です。

字面からして何やらカッコイイ感じがしますが、実は事の始まりからして「ゑ?」と言いたくなるような顛末だったりもします。

この一件については、当時の世情を掴んでおくことが重要になってきますので、本題に入る前にさらっとお話しますね。

 

藩主のカレシにフラれ……ブッコロ!

まず、ときの将軍は三代・徳川家光です。

将軍になって10年ほど経ち、若いころの放蕩もやめて立派に職務を遂行。
周りは徳川家康・徳川秀忠から引き継いだ老練な家臣たちががっちり固め、幕府を盤石なものにするべく、外様大名への目も厳しかった頃です。

平和になったとはいえ、まだまだ戦国の気風は残っていました。

鍵屋の辻の決闘が、島原の乱が起きる三年前の話であることを考えると、なんとな~く伝わるでしょうか。

というわけで、ものすごく乱暴にまとめると「武士の気性の荒さが多く残っていた時代」という感じになります。
これを踏まえて、鍵屋の辻の決闘がどんなものだったのか見ていきますと……。

武士の気性が戦国時代のままということは、習慣もまた戦国のものに則っていたということになります。

そうした習慣の一つに、小姓とお殿様との関係がありました。
詳細は割愛しますが、要するに織田信長と森蘭丸みたいな感じの男色・衆道が当たり前だったということです。

そして、ときの岡山藩主・池田忠雄(ただかつ)もまた、渡辺源太夫という小姓を寵愛していました。

池田忠雄/wikipediaより引用

それだけなら別に問題ないのですが、ここで岡山藩士の一人だった河合又五郎という男が、源太夫に横恋慕してしまったものですから話がこじれてきます。

主君のお気に入りである源太夫が、反逆の危険を冒してまで又五郎になびくわけはありませんよね。
いや、純愛もあったかもしれませんが。

当然の成り行きで源太夫は又五郎をフリました。

が、物の言い方がマズかったのか。
又五郎は「可愛さ余って憎さ百倍」と言わんばかりに、源太夫をブッコロしてしまったのです。

 

江戸へ逃げ旗本に匿ってもらうも、アッサリ発見

戦国時代なら、これでごまかしようもあったかもしれません。

が、ときは江戸時代
外様大名の統治能力が疑われれば、あっという間に改易になってしまうような頃です。

又五郎は、自分の命やら藩主の運命やら、いろいろと予測してさぞかし肝が冷えたことでしょう。

その恐怖に耐えかね、又五郎は脱藩して江戸へ向かいます。
参勤交代で藩主も来るというのに、なぜ江戸を選んだのかサッパリわかりません。

旗本の安藤正珍(まさよし)に匿って貰うためだったようですが、それにしたって助けてくれるかどうかアヤシイ相手のところへよく行きますよね。
そして主君の池田忠雄には、すぐにバレました。

激怒した忠雄は、幕府へ又五郎の引き渡しを要求します。

しかし、正珍にしても「一度かくまった相手を簡単に引き渡せるか!」(※イメージです)といって聞きません。
その態度は立派ですが、横恋慕の末逆ギレして人を殺した人ですよ、そいつ。

話を持ってこられた幕閣のほうも困ったでしょうねぇ。

この時代だと「知恵伊豆」こと松平信綱土井利勝がいましたから、多少は耳に入っていたでしょう。
酒井忠勝あたりは人の心の機微に敏感なので、双方に同情していたかもしれませんね。

この堅物メンバーが額を集めてスキャンダルを解決しようとしていたのかと思うと笑いがこみあ……もとい、幕閣の苦労がしのばれます。

 

藩主・忠雄は天然痘で死亡 遺言は「又五郎を討て」

何はともあれ、幕府の創成期を支えた彼らからすれば
「痴情のもつれなんぞでこっちに迷惑かけないでくれよ(´・ω・`)」
と思ったであろうことは想像に難くありません。

今で言えば、子会社の社長&秘書と本社のヒラ社員の三角関係で揉めたような感じですし。

そんなこんなですぐには解決せず、二年がたちました。
幕閣が他の案件で忙しかっただけだなんて、まさかそんな。

ここで大事件が起きます。

当時まだ30歳だった忠雄が、天然痘にかかり、呆気なく亡くなってしまったのです。
彼は今際の際に「又五郎を討て」と言い残します。

そりゃ若くして死ぬだけでも腹立たしいのに、晩年に横恋慕されたせいで時間を無駄にしたなんて、死んでも死にきれないですよね。
この頃になると、幕府もいい加減この一件にケリを付ける方法を見出しました。

武士のならいである「喧嘩両成敗」になるよう、又五郎の江戸追放&正珍と協力した旗本たちの謹慎を決めたのです。
場合によっては、ここで池田家が引き下がることもできたでしょう。

しかし、そうは問屋が卸しませんでした。

忠雄の遺言を聞きつけたのか。
源太夫の兄・数馬が敵討ちのために脱藩したのです。

この人が池田家でどんな立場だったのかははっきりしないのですが、剣の腕前に不安があるから、と姉婿の剣術師範・荒木又右衛門に助太刀まで頼んでいますので、結構、頭のいい人だったんじゃないでしょうか。

頭のキレる人が復讐に乗り出すとガチで怖いですね。

 

剣術の腕がない者同士の決闘→数時間かかるって、おい

そして数馬と又右衛門は、敵の又五郎が奈良に潜伏していることを突き止めます。
よくここまで逃げたものです。

又五郎も危険を察してさらに逃亡しようとしましたが、道中の「鍵屋の辻」で決闘となりました。

鍵屋の辻の決闘(伊賀越復讐とも言う)の石碑/Wikipediaより引用

又五郎側にも親族から剣術指南役や槍の名人などがいて、数でいえば有利でした。
おそらく「命を狙われてるから助けてくれ」と伝えていたのでしょう。

しかし、細かい経緯はドコまで話したんですかね? 身内とはいえ、痴情のもつれが原因で命かけさせられたら嫌になりそうですけども。

それはさておき、いよいよ11月7日早朝、待ち伏せていた数馬たちが又五郎一行に襲いかかります。
上記の通り、数では又五郎側が勝っておりましたが、主戦力がすぐに討ち取られたため、又五郎の他は逃げてしまいました。まぁ、そりゃそうしたくなるよね……。

予め数馬がとどめを刺すことになっていたので、ここから数馬vs又五郎の一騎打ちが始まります。

が、数馬も又五郎も揃って剣の腕が未熟だったため、五時間も斬り合って、やっと又右衛門が又五郎にとどめをさしたのだとか。

数馬のお供の人がもう一人生き残っていたのですが、その間、何していたのでしょう。
とっくに日も昇ってたでしょうし、お腹が空いたでしょうねえ。まぁ、周りには「見せられないよ!」状態の死体がゴロゴロしてたでしょうから、食欲もなかったかもしれませんが。

 

元の池田家に引き取られていくものの、直後に不審死!?

かくして本懐を遂げた数馬たちは世間からは賞賛されました。

そして、鍵屋の辻周辺を領地としていた藤堂家に四年間預けられ、その後、池田家が領地替えされた先である鳥取藩に引き取られていきました。
藤堂家が数馬側に情報を提供していたともいわれていますが、定かではありません。

しかし、実はこれにて一件落着とも言いがたいところがあります。

数馬たち三人は寛永十五年(1638年)に鳥取に行ったのですが、その約半月後に助太刀してくれた師範・又右衛門の死が公表されているのです。

寛永二十年(1643年)死去説もありますが、又右衛門は慶長四年(1599年)生まれなので、自然死にしてはちょっと早いですよね。病気か事故ならそうと記録があるでしょうし。
なんともスッキリしない幕引きです。

たぶん何年もかかって本懐を遂げたからこそ三大敵討ちの一つになっているのでしょう。
ただし、他の二つと比べると歴史的意義があまりないような……。

◆日本三大敵討ち

①親の仇討ちである
→「曾我兄弟の仇討ち」

②主君の敵討ちである
→「元禄赤穂事件」

③弟の仇討ち(ただしきっかけは痴情のもつれ)
→「鍵屋の辻の決闘」

いやいや、男色のもつれを甘く見てはいかんぞ! という指摘もあるかもしれません。

バイオレンスな中世・近世のことですから、男の感情のもつれはスグさま暴力沙汰に繋がります。

男色・衆道の歴史については、以下の記事もご参考にどうぞ。

日本が【男色・衆道】に寛容だった説は本当か?平安~江戸時代を振り返る

2 ...

続きを見る

江戸時代の男色・BLをナメたらアカン! とにかくバイオレンスで甘みゼロ

男 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
鍵屋の辻の決闘/Wikipedia

 



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.