善光寺周辺の地震災害図/内閣府善光寺地震報告書より引用

江戸

善光寺地震により観光客7~8千人が一晩で死亡~江戸期人気スポットの大惨事

日本は、言うまでもなく地震大国である。

三陸沖を震源とする東日本大震災や、100~150年周期で西日本を中心に襲いかかる南海トラフ巨大地震など。

数字で見る【地震の歴史】が驚愕! 300回以上の大地震に見舞われた地震大国日本

続きを見る

マグニチュード7~9(M7.0~9.0)クラスの大地震が一定周期で頻発しており、特に2011年の津波は未だ我々のトラウマとなっているが、大地震はなにも海だけで起きるワケじゃない。

歴史的に見れば内陸部も十分に危険。

例えばM8.0にも達した【濃尾大震災(1891年)】は、世界最大級の内陸直下型地震とされていて、西は九州全土、東は東北地方まで揺れたことで知られる。

今回、注目したいのは、その濃尾地方(岐阜・愛知)のお隣、信州(長野県)で起きた巨大地震――。

江戸時代の善光寺地震(弘化4年=1847年)である。

被害の中心地となった善光寺は、当時、全国有数の観光地となっており、地震が勃発したその夜、7,000~8,000人規模の観光客が一晩で亡くなってしまったという。

まるで恐怖映画のような震災とはいかなるものだったのか。

 

7年に一度公開される秘仏「前立本尊様」を見るために

善光寺とは長野県長野市にある無宗派の寺院である。

644年創建という歴史があり、日本で仏教の宗派が別れる前から存在していたため、宗派の区別なく運営されており、現在は天台宗や浄土宗が入っている。

善光寺/photo by Tomio344456 wikipediaより引用

そして善光寺には、7年に一度ご開帳される秘仏「前立本尊様」があり、江戸時代には伊勢神宮と並んで庶民憧れの観光スポットであった。

伊勢神宮への参拝で日本人なら知っておきたい7つの秘密

続きを見る

飼い主の代わりに犬がお伊勢参り!? 江戸時代に意外と流行っていたって……

続きを見る

一説には、この秘仏公開の期間中に当時で約20万人もの人が訪れたというのだから、いかに人気のスポットであったかご理解できるだろう。

そして、そんな祭りで沸き立つ真っ最中に悲劇は起きたのだった。

 

土地勘のない観光客は軒並み大火に呑まれて

弘化4年(1847年)3月24日――。

その日、善光寺には7,000~8,000人の観光客が現れ、門前町の宿場や土産屋、飲食店は大いに湧いていた。

江戸を旅立って東海道を歩き、伊勢神宮を参拝してから信州・善光寺を巡って中山道で江戸へ戻る――。

当時の旅は、それが黄金のルートだったらしく、旅人たちの気分は最高潮であっただろう。

そして夜10時。

M7.4の大地震が突如、信州を襲った。

善光寺の門前町や店舗の多くは揺れで倒され、さらには大火事も発生した。

土地勘がない観光客にとっては逃げ場のない火事の迷路であり、多くが大火に巻き込まれて亡くなられたという。

善光寺地震2

善光寺周辺の地震災害図/内閣府善光寺地震報告書より引用

当時、その様子を記していた、とある農民の日記によると、余震は翌日まで昼夜くまなく続き、まるで船に乗っている心地。

行き交う人々の表情はみな生気を失っていたという。

近所の宿泊者1,400人は数十人を残して皆死んだ、とも記されており、実際このときの大地震で観光客8,000人は実に9割が亡くなられたとも伝えられている。

寺の境内は死体で埋まり、野犬などが跋扈する、まさに地獄絵図であった。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.