天保3年(1832年)に刊行された『雪華図説』/Wikipediaより引用

江戸時代

土井利位が江戸時代に発見! 美しき雪華模様はホンモノの雪の結晶だった

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
土井利位
をクリックお願いします。

 

なんで水野忠邦が復活すんのよ(´・ω・`)

天保十五年(1844年)に江戸城本丸で火事が起き、その再建費用調達に手間取ったことで、利位はときの将軍・徳川家慶にダメ出しされてしまいました。

しかもその代わりに水野忠邦が老中首座に復帰するという誰得な展開に陥ります。

徳川家慶
徳川家慶(12代将軍)ペリー来航の激動期に空気のような存在なのはナゼ

続きを見る

天保の改革・水野忠邦
天保の改革で水野忠邦が大失敗! 贅沢を禁じ質素倹約のやり過ぎで余計に混乱

続きを見る

まあ、当の忠邦はもう真っ白に燃え尽きてしまっていて(※イメージです)「まるで別人のようだ」と言われるような有様だったのですが……全方位大損ですよね。

こうなってはもう挽回は無理と考えたか。

利位は自ら老中を辞任。

精神的ショックからか、体も弱ってしまったようで、老中辞任の四年後には養子に家督を譲り、二ヶ月ほどで亡くなっています。ですので政治的には活躍できませんでした。

しかし彼が広めた雪華模様は、現代でも親しまれています。

古河藩では雪華模様の入った印籠(水戸黄門の格さんが悪役に見せ付けてるアレ・本来は小物や薬を入れるもの)などを作って贈答品にしており、もちろん利位も愛用していました。

ただ、土井家の下屋敷が関東大震災や戦災で焼けてしまったので、ほとんど残っていないそうです。

残念。某鑑定団とかで出てきませんかね……。

そのうちメンズファッションで雪華ブームとか来たりして!?

ユニクロのステテコなんかに似合いそうなデザインだと思うんです。

あわせて読みたい関連記事

土井利勝
土井利勝は家康の隠し子? 参勤交代や寛永通宝など江戸時代の基盤を作る

続きを見る

徳川家慶
徳川家慶(12代将軍)ペリー来航の激動期に空気のような存在なのはナゼ

続きを見る

天保の改革・水野忠邦
天保の改革で水野忠邦が大失敗! 贅沢を禁じ質素倹約のやり過ぎで余計に混乱

続きを見る

大老・老中・若年寄の違い ご存知ですか? 細分化された江戸幕府の役職

続きを見る

田沼意次はワイロ政治家というより優秀な経済人!? 現代評価の見直し進む

続きを見る

堀田正睦は優秀な開明派!しかし幕府と朝廷の板挟みで苦しんだ 55年の生涯

続きを見る

安藤信正が襲われた「坂下門外の変」背中に受けた傷が政治的致命傷となる

続きを見る

酒井忠世(家康と秀忠の側近)雅楽頭家の忠臣は三河時代から徳川を支えた

続きを見る

間部詮房
大奥の夜遊びスキャンダルに巻き込まれた間部詮房~日本史屈指の出世人

続きを見る

江戸城内での刃傷事件
将軍様お膝元の江戸城内で七度も勃発! 切った張ったの刃傷事件全まとめ

続きを見る

井伊直弼
井伊直弼は誤解され過ぎな実力派!引きこもりから桜田門外に散るまでの46年

続きを見る

柳沢吉保
柳沢吉保(旧武田家臣の末裔)はコミュ力で爆出世! 57年の生涯まとめ

続きを見る

下馬将軍と呼ばれた酒井忠清~大老ながら意外に庶民的な一面もあった人?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
土井利位/Wikipedia
雪華文蒔絵印籠/古河市HP
雪華模様訪問着/古河市HP

TOPページへ

 



-江戸時代
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)