シーボルト/wikipediaより引用

江戸

シーボルト事件はナゼ起きた? 地図を交換した高橋景保はどうなった?

文政十二年(1829年)9月25日は、シーボルトに国外退去&再入国禁止が申し付けられた日です。

いわゆる【シーボルト事件】のケリがついた日ということになりますが、シーボルトといえば【出島三博士】とも呼ばれたほどの見識を持つ人。

いったい何がどうなって、こんなにも厳しい処分を受けることになったのでしょうか。

シーボルトは生粋の親日家? あの事件から30年後に再来日していたとは……

続きを見る

 

東インド総督にOKを貰い

シーボルトが日本にやってきたのは、彼個人が日本へ強い関心を抱いたことから。

オランダの東インド総督にOKを貰い、インドネシア経由で来日しました。

実はこのとき、既にプロイセンのお偉いさんから「日本へスパイしに行ってきて」と言われていたのではないか? という説もあります。

もしこれが事実だったらかなり一大事ですが、今のところ証拠は見つかっていません。

まぁ、スパイ活動の証拠など表にならないのが当然ですわな。

そんなこんなで、純か邪か、あるいはその両方の理由からか、シーボルトは日本のさまざまな風物を調査。

地理・気候・天文・植物など、その対象は実に広範囲に及びました。

 

ヨーロッパの最新地図と交換しないか?

となれば、次はこれらに関する詳細な資料がほしくなります。

そこでシーボルトは、日本国内の学者とも付き合いを始めます。

その中に高橋景保(かげやす)という人がいました。

よしながふみ先生の「大奥」にも出てきましたので、以前と比べるとだいぶ知名度が上がったのではないでしょうか。

景保は幕府で天文学を担当していた「天文方」という役職の人で、その関連で外国の書籍にもよく触れていました。そこに本物の外国人と接触する機会ができたのですから、さぞテンションが上がったことでしょう。

そして付き合いが続くうちに、シーボルトはこんなやり取りを持ちかけたのです。

「私が持っているヨーロッパの最新地図と、日本の最新地図を交換しないか?」

なんだか嫌な予感がしますよね……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.