参勤交代(園部藩・南丹市文化博物館蔵)/wikipediaより引用

江戸時代

参勤交代と大名行列が超わかる! 期間は? 妻子は? 経済的負担は?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
参勤交代(大名行列)
をクリックお願いします。

 

1615年の武家諸法度で法的整備

正式な法律としては、元和元年(1615年)の【武家諸法度】が起点です。

大坂夏の陣後に出され、参勤交代に関する文言が出現。

その後、いったん削除されたり、新たに書き直されたりして、寛永十二年(1635年)版の武家諸法度で明文化されました。

ここで「各地の大名は、毎年四月交代で一年間江戸に住むこと」が義務付けられています。

しかし、立場や職務上の理由で、毎年交代ではない大名もいました。

例えば、各地の外交窓口です。

・対馬の宗氏

・蝦夷地の松前氏

・長崎警備担当の黒田&鍋島両氏

対馬の宗氏は三年に一度で、蝦夷地の松前氏は六年に一度、黒田&鍋島両氏が長崎警備との関係で11月に参府・2月に就封など、場合によって加減されておりました。

また、「定府」と言って、そもそも参勤交代がない大名もいました。

例えば水戸徳川家は、将軍家のご意見番という名目があったので、水戸との行き来は基本的にしません。

幕府の老中・若年寄・奉行なども領地は持っていますが、定府とされていたため、国元に行くことは基本的にありませんでした。

大老・老中・若年寄の違い ご存知ですか? 細分化された江戸幕府の役職

続きを見る

 

【大名行列】の規則も1615年から事細かに

参勤交代といえば、制度そのものよりも

【大名行列】

の方が印象深いかもしれません。

大名の前後に大勢の家臣が並んで歩き、ゾロゾロ、ゾロゾロ……。

元々は、戦のときに行軍を整えたのが始まりで、江戸時代には「大名が参勤交代するときの形式」になりました。

参勤交代/wikipediaより引用

一歩間違えば、単なる行列ではなくガチの行軍になってしまうものです。

藩主を護衛するための武器や兵は必要にしても、ある程度の制限は設けなければなりません。

そこで幕府は、元和元年(1615年)から、行列についての規則も事細かに定めました。

基本的には石高が多ければ多いほど格式が高く、大きな藩ほど大行列に――ざっとこんな感じで。

加賀の前田氏で2500人規模

薩摩の島津氏で1200人規模

もちろん全てが武士ではなく、また、本当にエライ人達は藩主以下数十名だけです。

藩によっては、体裁を保つため領内だけ周辺の住民を雇って水増ししたり、江戸に入る直前にも人を雇ったりしていたようです。

こうすると、道中の費用がいくらか抑えられますからね。

映画『超高速!参勤交代』(amazon)でも、そんなシーンがありました。

雇われる側からしても臨時収入になるので、悪い話でもなかったとか。

現代でいえば、ドラマのエキストラに一日だけ出演するとか、そんな感じでしょうか。

 

街道や橋などの交通整備も進んだ

大名行列は、大人数での行軍ゆえに街道が混雑したり、宿の手配に困ることもありました。

参勤交代の日程はあらかじめ決まっているわけではなく、

「この辺の時期に江戸へ来るように」

というざっくりしたものだったので、近所の大名とかち合ってしまうのです。

そのため時期が近くなると、近所の藩同士でひっそり連絡をとって、迷惑がかからないようにしていたとか。

ただし、天候不順などで、どうしてもぶつかってしまったり。

そんなときは自分の領地を通行される大名でも、街道の整備などを行い、できるだけスムーズな通過に協力していました。

この辺は、戦国時代とかなり様変わりしていますね。

それまでは【街道=敵の進路】という考えが強かったので、道や橋の整備をしたがらない、あるいはそんな余裕がない大名が多数派でした。

参勤交代が常態化することによって、各大名の間に「協力」という意識が定着したのかもしれません。

交通整備については、武家諸法度にも「やれ」(超訳)と書かれているため、そうしないと幕府に睨まれる、というのもありました。

一方、江戸の幕府のほうでも、商売や庶民の妨げにならないように、従者の数を制限するよう、承応二年(1653年)以降はたびたびお触れを出しています。

国元から大人数を連れてこさせると、江戸での住まいに困ったり、日々の生活に難渋したり。

あるいは近隣住民とのトラブルが起きたりして、様々な問題が起きてしまうからです。

ただでさえ、外交問題などで頭を悩ませていた幕閣からすれば、この上大名とのトラブルまで増やしたくはなかったでしょう。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)