善光寺地震

善光寺周辺の地震災害図/内閣府善光寺地震報告書より引用

江戸時代

7~8千人の観光客が一晩で死んだ善光寺地震~江戸期人気スポットの大惨事

日本は、言うまでもなく地震大国である。

三陸沖を震源とする東日本大震災や、100~150年周期で西日本を中心に列島全体へ襲いかかる南海トラフ巨大地震など。

地震大国・日本の地震の歴史
大地震は過去に何度起きた? 地震大国日本の歴史を調べたら驚愕の数字に

続きを見る

マグニチュード7~9(M7.0~9.0)クラスの大地震が一定周期で頻発しており、特に2011年の津波は未だ我々のトラウマとなっているが、大地震はなにも海だけで起きるワケじゃない。

歴史的に見れば内陸部も十分に危険。

例えばM8.0にも達した【濃尾大震災(1891年)】は、世界最大級の内陸直下型地震とされていて、西は九州全土、東は東北地方まで揺れたことで知られる。

今回、注目したいのは、その濃尾地方(岐阜・愛知)のお隣、信州(長野県)で起きた巨大地震――。

江戸時代善光寺地震(弘化4年=1847年)である。

被害の中心地となった善光寺は、当時、全国有数の観光地となっており、地震が勃発したその夜、7,000~8,000人規模の観光客が一晩で亡くなってしまったという。

まるで恐怖映画のような震災は、いかなるものだったのか。

 

7年に一度公開される秘仏「前立本尊様」を見るために

善光寺とは長野県長野市にある無宗派の寺院である。

644年創建という歴史があり、日本で仏教の宗派が別れる前から存在していたため、宗派の区別なく運営されており、現在は天台宗や浄土宗が入っている。

善光寺/photo by Tomio344456 wikipediaより引用

そして善光寺には、7年に一度ご開帳される秘仏「前立本尊様」があり、江戸時代には伊勢神宮と並んで庶民憧れの観光スポットであった。

伊勢神宮・宇治橋鳥居
日本人が知らない「伊勢神宮七つの秘密」初詣でお賽銭を投げたらダメ!

続きを見る

「犬のお伊勢参り」が江戸時代に意外と流行っていたってマジかよ!

続きを見る

一説には、この秘仏公開の期間中に当時で約20万人もの人が訪れたというのだから、いかに人気のスポットであったかご理解できるだろう。

そして、そんな祭りで沸き立つ真っ最中に悲劇は起きたのだった。

 

土地勘のない観光客は軒並み大火に呑まれて

弘化4年(1847年)3月24日――。

その日、善光寺には7,000~8,000人の観光客が現れ、門前町の宿場や土産屋、飲食店は大いに湧いていた。

江戸を旅立って東海道を歩き、伊勢神宮を参拝してから信州・善光寺を巡って中山道で江戸へ戻る――。

当時の旅は、それが黄金のルートだったらしく、旅人たちの気分は最高潮であっただろう。

そして夜10時。

M7.4の大地震が突如、信州を襲った。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代