徳川忠長

徳川忠長/wikipediaより引用

江戸時代

三代将軍家光の弟・徳川忠長 ワケあって自刃す~その真相は闇の中

昔は兄弟の関係がそれこそ命取りの問題になることもありました。

一番の理由は「さっさと跡取りを決めておかないと、あれこれケチをつけて担ぎ出してくるヤツがいる」という極めて現実的なものです。

わかりやすいのは織田信長ですかね。

信長と弟・織田信勝(信行)の争いは、周囲の家臣たちが「信長様はマズい」と考え、信勝を担ぎ出したのが発端です。

そして信長が勝って無事に家督を継いだのですが、実は信長の上にもう一人、織田信広というお兄さんがいました。

信広は側室生まれだったので最初から後継者争いの中には入れず、一度は反乱も起こしたんですが……あっさり鎮圧され、弟・信長の臣下になっています。

しかし、信長&信広ブラザーズのように穏便に収束するケースばかりではなく……。

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

織田信勝(織田信行)
兄・信長に誅殺された織田信勝(織田信行)そもそも当主の器だった?

続きを見る

織田信広
織田信広(信長の兄)も謀反を計画! 人質交換で帰還した愚兄の最期は?

続きを見る

前置きが長くなりましたが、本日の注目は「穏便で済まなかった」ケースの中でも、自らドツボにはまった感じの人。

寛永十年(1633年)12月6日、徳川忠長が自刃しました。

徳川秀忠の三男で、江戸幕府三代将軍・徳川家光の弟に当たります。

 

幕府からの命令で将軍の弟が自刃

徳川忠長が自刃したのは数えで28才。死ぬにはまだまだ早い年齢です。

死に至るまでの経緯を見てみると、納得できるようなできないような……妙な事情がありました。

自刃の直接の原因は「お前の行動はけしからんから、武士の面目を保って自害せよ」という幕府からの命令によるものとされています。

しかもこれが『家臣を手打ちにした』など、「いつものテンプレか~」とツッコまざるをえない内容でした。

以前、ご紹介した松平忠直のようにフォローを入れたいところですが、忠長に関しては弁護の余地がありません。

松平忠直
幸村を討ち取った家康の孫・松平忠直 なぜ徳川家と上手くいかない?

続きを見る

なぜかというと、その前から忠長には「お前それやっちゃまずいだろ」的な行動が多すぎるのです。

 

ドラマなどでは女の争いということになってるが…

忠長や幼名の国松という呼び方を覚えている方にはピンときたかもしれませんね。

事の発端は、家光と忠長二人が元服する前の話にまでさかのぼります。

当時、二代将軍・徳川秀忠とその正室・江は跡取りに悩んでいました。

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

というのも、家光は幼少時から病弱な上、吃音(きつおん・言葉をすんなり話せずどもりがちなこと)がしょっちゅうあり、天下を統べる将軍としてふさわしくないのでは?と思われていたからです。

それに比べ、忠長は健康で見目の良い子供だったため、「病弱な子に将軍をやらせるのもかわいそうだし、忠長に将軍職を継がせたほうがいいんじゃないか」と考えたのでした。

巷では「春日局が家康に『後継者を家光にすべき』と直訴して家光になった」なんて話もありますが、果たして彼女にそこまでの権限があったか。

春日局
明智家重臣の娘・春日局が強い!敗戦を生き抜き夫と離婚し将軍乳母に

続きを見る

そもそも家康のいた駿府まで、乳母である春日局が家光をほったらかして単独で行けるとは思えません。

当時の乳母はただ単に母親代わりではなく、教育係も兼ねていましたから余計そうです。

ドラマなどでは、江と春日局という『女の争い』に設定して「春日局が勝った!」という展開になりがちですが、そちらのほうが話が盛り上がって都合よいですしね。

結局、家康が長幼の序列を重んじたことにより、世継ぎは家光になったのでしょう。

 

江戸城で鴨狩りはさすがにマズいです!

しかし、その頃には、ある意味手遅れになっていました。

忠長は世継ぎと決まった兄を敬うどころか、家光の住まいである江戸城西の丸で鴨狩りをやってしまうのです。

しかも黙っていればいいものを、その鴨を秀忠の食事に出させた上「西の丸で私が撃ち取ったんです!鮮度バツグンです!」と自ら白状してしまいました。

忠長びいきの秀忠も、さすがにこれには激怒。

「お前、世継ぎが住んでるトコの真横で鉄砲撃ったとかアホなのかあああああああ!!!」

ブチキレて、完食することなく出て行ってしまったとか。

その後スタッフがおいしくいただいたかどうかは定かではありません。鴨カワイソス。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >

-江戸時代