常山紀談

『続 戦国武将逸話集―訳注『常山紀談』巻八~十五』/amazonより引用

江戸時代

清正の虎退治やガラシャの死など『常山紀談』は戦国エピソード満載だが

歴史書には、大ざっぱに分けて二つの系統があります。

一つは『吾妻鏡』のように実際に起きた出来事を記録したもの。

もう一つは『名将言行録』のようにさまざまな人物の逸話を集めたものです。

『名将言行録』は該当人物が亡くなってかなり時間が経ってから書かれたものが多く、事実かどうか眉唾ですが、面白エピソードが多いため小説やドラマなどでよく使われます。

安永十年(1781年)1月9日に亡くなった湯浅常山(ゆあさじょうざん)も同様の書物を著しました。

常山紀談(じょうざんきだん)』です。

戦国ファンには有名な本なので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

戦国武将のエピソード元ネタ

常山紀談は、近代デジタルライブラリーで明治時代の文庫版(→link)を見ることができ、目次だけでも歴史上の有名な逸話がたくさん収録されているのがわかります。

戦国時代では【厳島の戦い】や【川中島の戦い】、【三方ヶ原の戦い】といった戦の記録はもちろん、加藤清正の虎退治や細川ガラシャの死に様といったこれまた有名な逸話も入っています。

加藤清正
加藤清正が熊本城を築き迎えたナゾの死 秀吉子飼いの人気武将その生涯

続きを見る

細川ガラシャ(明智たま)
細川ガラシャ(光秀の娘・明智たま)壮絶生涯38年!父より激しい散り際とは

続きを見る

江戸時代の人が書いたものであれば当然徳川家のことは悪く書いてないだろうと思いきや、こんな話も入っています。

秀忠が駿府に隠居した家康に会いに行ったら、父親から「まだお前は若いんだから、夜のお相手が欲しいだろ?ニヤ(・∀・)ニヤ」と言われた。

その夜家康の命令で綺麗な女中が来た。

しかし秀忠は手をつけなかった。

家康は「律儀なヤツよ(´・ω・`)」と感心した(超略)

たぶん秀忠のイイ話として入れたのでしょうけども、なんじゃこりゃ。

家康がカッコ悪く見えて仕方ないのはワタクシだけでしょうか。

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

まぁ、秀忠に子供が少ないのを心配したのかもしれません。

というか家康が生涯現役過ぎるんですね。

家康の妻と側室
20人以上もいた徳川家康の妻・側室ってどんなメンツだった?

続きを見る

※最後の子供・市姫は家康64歳のときの子供です(ただし三歳で夭折)

『常山紀談』には黒田官兵衛

「関ヶ原の戦いがもっと長引けば、九州を制圧してから家康と最終決戦してやったのに」

なんてエピソードも掲載されていました。

 

岡山藩出身のきまじめ老武士

ではこの本を書いた常山という人は、どんな人だったのか?

というと、常山は元々岡山藩の中級武士でした。

江戸に出ていろいろな学問を身につけてから藩主の池田家に仕えていたのですが、あるとき主君へ諫言をしたところ、見事にクビになってしまいました。

「上のやることに文句をつけること自体がけしからん」というわけです。まぁ、それが封建制ですね。

池田輝政
信長・秀吉・家康に不思議と重宝された池田輝政 50年の生涯まとめ

続きを見る

常山という人物は情に厚く、くそがつくほど真面目で「武士の本分は武道なんだから、文学などいらん!!」というような性格だったようです。

「本を書いた人間が何言ってんの」とツッコミたくなりますが、常山は年をとっても毎日槍や刀の素振りを欠かさなかったそうなので、本人的にはOKということだったのでしょう。

なかなか面倒な頑固オヤジってところでしょうか。

だからこそ主に逆らうような物言いをしてしまったのでしょうね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代
-