フェノロサ/wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代

日本文化を救った米国人フェノロサ~法隆寺夢殿で何百年も続いた封印を解く!

更新日:

身近なものほど、正しく評価するのは難しい。
ガラパゴス・ニッポンにとって大したことがないと思っていても、外国から見るといい意味でクレイジーと言われることも珍しくありません。
今回は、明治時代のそんなお話。

1908年(明治四十一年)9月21日は、哲学者かつ東洋美術史家のアーネスト・フェノロサが亡くなった日。
明治時代の日本に、あるキッカケを与えてくれた人でした。

どういうことなのか?
さっそく見ていきましょう。

 

フェノロサ、岡倉天心と共に東京美術学校を設立

フェノロサは、元はハーバード大学で政治経済を学んでいた人でした。

先に来日して東大教授を務めていたエドワード・モースの紹介で、哲学などの教授として日本へやってきたのは25歳のときのことです。

モースが大森貝塚を発見!貝殻が人骨や土器を守り、歴史も繋いだ

明 ...

続きを見る

専門は政治や哲学。
美術にも元々関心が高い人で、アメリカでは美術学校に行っていたこともあります。

そのため、日本国内の展覧会で審査員を務めたことがきっかけで、日本画家とのつながりができ、日本美術に大きく影響を受けるようになりました。

助手の岡倉天心と共に、東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部の前身)を設立するほどですから、よほどの入れ込みようだったことは想像に難くありません。

岡倉天心/wikipediaより引用

他にも、当時日本人があまり評価していなかった日本画について、「ここがすばらしい」と具体的に講演したことで、日本人に自国の芸術のよさを伝えています。

 

ベルツも南方熊楠も嘆いていた当時の風潮

明治政府はフェノロサの指摘をキッカケに日本の芸術を見直し、彼の講演を紙面にまとめて全国に配布しました。
気付くの遅い……(´・ω・`)

当時の日本は、廃仏毀釈&「西洋に追いつけ追い越せ」という風潮のせいで、自国の文化を過剰に卑下する傾向があったのです。

わかりやすい例では、南方熊楠が大反対した、ご神木の伐採などでしょうか。

キテレツな大天才!南方熊楠(みなかたくまぐす)先生の面白人生ここにあり

よ ...

続きを見る

それは美術品に関しても同じで、各地の仏像やお寺、それに付随する絵画などがむやみやたらと壊されたりしていました。
それこそ罰当たりだとか思わなかったんですかね。

実際、西洋人たちからは、冷ややかな視線を送られておりました。

フェノロサと同時期に来日していたドイツ人医師エルヴィン・フォン・ベルツも、
「自国の文化を捨てて西洋に媚びるとは嘆かわしい」(意訳)
といったことを日記に書いています。もっともな話ですね。

エルヴィン・フォン・ベルツ お雇い外国人から見た日本の良いとこ悪いとこ

1 ...

続きを見る

 

何百年と封印されていた法隆寺・夢殿の扉を開いた!

フェノロサはベルツほど辛辣な言動はしなかったようですが、異国である日本の芸術品を積極的に保護してくれています。

とりわけ古いお寺や神社の宝物庫の調査を積極的に行いました。
なにせ日本滞在中に仏教へ帰依しているくらいですから、信仰心からも行動せずにはいられなかったのでしょう。

戦争が絶えず、自分たちのアイデンティティを守るために戦ってきた欧米人からすれば「誰に攻め込まれたわけでもないのに、これまで信仰してきたものを自ら破壊する神経がわからん」という感じだったでしょうしね。

そうしたフェノロサの偉業で、現在も続いているものが一つあります。

法隆寺・夢殿の本尊である【救世観音像の開扉】です。

この仏像は聖徳太子の身長と同じ高さに作られているといわれていて、何百年間もずっと封印されていました。
「開けると大地震が起きてこの世が滅ぶ」とまでいわれていたそうですが、誰がそれを言い出したのかといった背景事情は全く伝わっていません。

それでも法隆寺の僧侶たちは、謹厳にこの秘仏を守り、数百年もの間秘仏として、住職たちですら見たことがなかったのです。

 

僧侶たちは抵抗しつつも、結局、逃げた

フェノロサはこの像を調査すべく、明治政府の許可証を持って法隆寺を訪れました。

もちろん僧侶たちは抵抗しましたが、フェノロサの熱意(という名の威圧感かもしれない)に負けて、逃げるように道を開けたそうです。

しかし、厨子(仏像を安置しておくケース)を開けてみると、そこにあったのは幾重もの木綿で覆われた、仏像なのかどうかもわからないものでした。

丁寧に布を巻き取る度、数百年分の分厚いほこりが舞い上がったそうです。
フェノロサがアレルギーを持っていたら大変なことになったでしょうね。

最後の一枚を取り除くと、そこには畏怖さえ抱くような笑みをたたえた観音像が立っていました。

その後、この像はフェノロサの開扉をきっかけとして、毎年春と秋に公開されるようになったのです。
ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

残念ながらワタクシはまだ拝んだことがないのですけれども、写真からしても他の仏像とは一線を画しているといいますか、とても人間に近く生々しい表情をしていると感じます。
もしかしたら、身長だけでなく表情も聖徳太子に似せたのかもしれません。

 

アメリカへ帰国後はボストン美術館の東洋美術部長に

フェノロサは1890年に帰国した後、ボストン美術館の東洋美術部長として日本の作品を紹介し続け、その後もたびたび来日していました。
仏教に帰依するくらいですから、最期は日本で迎えるつもりだったのかもしれません。

しかし、その前にロンドンの大英博物館での調査中、心臓発作を起こして亡くなってしまいました。

一度はイギリス国教会により葬られたのですが、その後、遺言により、荼毘に付されて日本の法明院というお寺に改葬されています。
フェノロサが受戒したお寺の塔頭(大きなお寺の中にある小さなお寺)でしたので、その縁で選ばれたのでしょう。

現在もフェノロサのお墓は法明院の墓地にありますので、大津で歴史にまつわる所を巡るときには、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
アーネスト・フェノロサ/Wikipedia
フェノロサ/あの人の人生を知ろう
廃仏毀釈/Wikipedia

 



-明治・大正・昭和時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.