夏目鏡子

明治・大正・昭和

夏目鏡子『漱石の思い出』を読むと 文豪・漱石が可愛く見えてくる

文豪って、とっつきにくいですよね。

真っ先に思い浮かべるのは、夏目漱石や森鴎外あたりでしょうか。

写真は白黒だし、カメラ目線をくれないし、学校の授業では作品名ばっかり覚えさせられて萎える――。

大半の方がネガティブイメージを持たれているはずです。

しかーし!
それは、教科書や参考書を作る側に問題があるのでして、彼らは決してつまらなくない。むしろ、本来は面白キャラの人が多い。

そうでなければ、大衆にウケる文学を書くことなどできず、現代にまで名を残すなど不可能です。

要は【勉強】という枠を取っ払って見れば良いのであって、以前、紹介した福沢諭吉さんなどもその一人でしょう。

福沢諭吉
勝や榎本にケンカを売った福沢諭吉~慶応ボーイの先生は誇り高き武士だぞ!

続きを見る

彼の自伝には、

諭吉「勉強したいから家を出ていきまっせ」

母ちゃん「おぅ、どこへでも勝手に行きな」

というような、ぶっ飛んだエピソードがたんまりと収録されています。

慶應義塾というエリート輩出校を作り、1万円札の肖像画にまでなった御方が、こんなロックな人だったとは思いもよらない話でしょう。

福翁自伝
堅物どころかファンキーでロック!諭吉先生の『福翁自伝』で腹筋崩壊

続きを見る

そこで今回注目したいのは夏目漱石……ではなく、その妻・夏目鏡子(なつめ きょうこ)さん。

彼女の書いた『漱石の思い出』から、日本一有名な文豪の日常に切り込んでみましょう。

 

漱石作品は青空文庫でタダですよ

まず本題に入る前に、夏目漱石の作品について。

国語の授業で取り上げられやすいのが『こころ』や『吾輩は猫である』ですから、漱石=長くてややこしい話が多いと思われがちですが、軽快な短中編もたくさんあります。

当コーナーイチオシは『草枕』です。

青空文庫なら無料で読めます(コチラから)。

全部読むのがかったるい方も、ぜひ最初の2ページを読んでみてください。特に悩みを抱えている方にオススメです。

さらに、漱石の場合は自伝『硝子戸の中(→link)』もありますが、今回は妻・鏡子の視点から書かれた回想録『漱石の思い出』に注目です。

ではテーマごとにまとめてみましょう。

 

・新婚当初

鏡子はいわゆる「山の手のお嬢さん」で、結婚するまでまともに買い物に行ったこともなかったそうです。

しかし漱石も新婚当初から「俺はたくさん勉強しないといけないから、お前に構ってはいられない」と宣言するくらいだったので、ある意味ピッタリな夫婦だったのかもしれません。

その割に子沢山ですけどね。夜は別なんでしょうか。

 

・お金に困った話

漱石はお金に無頓着な質で、作家としていくらかの作品が世に出るまで、かなり苦しい生活でした。

特に漱石がイギリスへ留学していた頃は、鏡子の元に入ってくるのが学校の休職手当二十五円だけ、という状況。これは公務員初任給の半分程度です。

休職中だから当たり前……といえないこともないですが、幼い子供二人を抱えた鏡子は、実家の離れでかなりの貧乏暮しをしていました。

そのため、あっちこっちにお金を借りるやら、それでも漱石の元義父などから無心をされるやら、苦労が絶えなかったのです。

漱石が帰国するときにも、さらに借金をして身の回りのものを整えています。

「漱石の印税が入るようになってから、来客用の座布団や自分たちの洋服をこしらえた」とか「印税が定期的に入るようになって、やっと質屋に入れていたものを出せた」といった、実にリアルな話が書かれています。

漱石は家計のことは一切妻に任せていたため、妻のこうした苦労をほとんど知らずにいました。

「吾輩は猫である」が出版されてからお金の話をしたときに初めてこういったことを知り、絶句していたといいます。

幸い、それ以降は暮らし向きに困ることはなかったそうです。

 

・犬

漱石といえばやはり猫のイメージがありますが、かつては犬を飼っていました。

明治三十三年ごろに夏目家で飼われていたその犬は、結構な問題犬だったといいます。

通行人に吠えまくるのはもちろん、あるとき警察官にまで吠えかかったり、その警察官の奥さんに噛み付いたりするほどでした。

その奥さんは夏目家の前に朝早くゴミを捨てていくので、元からよく思われていなかったそうですが。

漱石がその辺を知っていたのかどうかはわかりませんが、「犬だってよくよく人を見て吠えるのだから、怪しい人相や言動をするほうが悪い」と言い張り、警察官に「犬を出せ」と言われても頑として譲らなかったといいます。

が、ある日漱石が夜遅く帰ってきたとき、その犬に噛みつかれてボロボロにされるという”事件”が起きます。

まさに「飼い犬に手を噛まれる」になったわけで、それ以降は流石の漱石も、何も言えなくなってしまったのだとか。

その犬は引っ越しのときによそへ貰われていったとのことです。

もしも漱石が作家になるまで飼われていたら、猫だけでなく犬がキーキャラクターとして出てくる小説も書いていたかもしれませんね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)