1918年米騒動

神戸の米騒動で焼き払われた鈴木商店本社と当時の新聞/Wikipediaより引用

明治・大正・昭和

1918年米騒動~富山の主婦から始まり内閣解散になるほど拡大した理由

大正八年(1918年)7月22日は、現在【1918年米騒動】と呼ばれている一連の暴動事件が始まった日です。

一体何がどうしてこんなことになったのか。

まずは「当時の日本人にとってお米がどんなものだったのか」をざっくりつかむところから始めましょう。

最近はあまりお米が好きではないという人も増えてきましたしね。

 

エンゲル係数が今の2倍以上で60%

当時の肉体労働者は、一日に米を一升=十合食べるのも珍しいことではありませんでした。

ここから半世紀ほど前の幕末には「西洋人に勧められて肉を食べたら、かえって疲れてしまった」という話もあるぐらいです。

米(特に玄米)には炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素が含まれるので栄養的にも優れていますし、国内でたくさん採れるということでいいことづくしですから、理想的な主食といっても過言ではありません。

ただし白米の場合はかなり栄養が減ってしまうので、白米だけで完璧な食事にはなりません。

もう一つは、当時のエンゲル係数です。収入に対する食費の割合のことですね。

大正時代のエンゲル係数は、平均してだいたい60パーセントくらいだったといわれています。ちなみに、現代では20~30パーセントほど。

ということは、ものすごく単純に考えると「大正時代の人は現代人の三倍食費がかかっていた」ということになりますよね。

実際には物価や給与などいろいろ理由があるのですが、とにかくお財布的にも栄養的にも、お米は今よりずっとずっと重要な食品でした。

では、どうして暴動が起きるほど値上がりしてしまったのか?

乱暴にまとめると「政府の失策」です。

 

シベリア出兵で政府自ら買い占め

第一次世界大戦で一応は戦勝国側になった頃。

日本では農家を辞めて工業に従事する人が飛躍的に増えました。

農家では米以外の穀物を食べることも多かったのですが、元農家の人が転職した後に米を食べるように変化します。

「米の生産量が減ったのに、食べる人が増えた」という状態に突き進むのですね。

さらに当時は、シベリア出兵などの軍備の一環として、政府が米の買占めを始めたのだからタイミングが最悪。

商人たちも、より高く買ってくれる政府に米を売りたいので、値段を上げてわざと庶民に買いにくくするのです。

ついでにこれを新聞各紙が「ホラホラまた米の値段が上がりましたよ! 政府は何をしてるんでしょうね!」(超訳)と書きたてたため、社会不安がどんどん高まります。

冷夏や不作ならまだしも、こんな経緯では全国のカーチャンが怒るのも無理からぬこと。

この時期の米相場のグラフがあるのですが、いわゆる右肩上がりです。

大阪の堂島米会所における当時の米相場/photo by 赤井彗星 Wikipediaより引用

コロナ騒動と戦争の影響で、目下、右肩上がりの現代の物価も凄まじいですが、当時、10~20円に落ち着いていた米価が最大で55円ぐらいまで上げ続けているのですから、洒落になりませんね。

約3倍です。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和
-,