藤原穆子

画像はイメージです(源氏物語絵巻/wikipediaより引用)

飛鳥・奈良・平安 光る君へ

なぜ藤原穆子(倫子の母)には道長も頭が上がらない?光る君へ石野真子

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
藤原穆子
をクリックお願いします。

 

倫子と道長を結婚させた先見の明

藤原穆子が歴史に名を残したのは、藤原道長にとって頭の上がらない存在だったからと言えます。

源雅信は「娘の倫子をどうにかして帝に入内させたい」と考えていました。

しかし、その座は藤原摂関家の寡占状態であり、何代にもわたって外戚関係を続けていて、今さら入る余地なんてあるのか?

円融天皇については、藤原氏同士の争い激しく、とても食い込んではいけない状況。

次代の花山天皇は気まぐれ、かつ何かと奔放であり、別の意味で危うい。

花山天皇は寛和の変だけじゃない!道隆の子供たちとも激しく揉める波乱万丈の生涯

続きを見る

しかし、一条天皇(980年生)となると、倫子(964年)は一回り以上も年長となってしまい、さすがに入内は無理だ――。

倫子の父・雅信が諦めきれない最中、母の穆子は冷静に状況を理解していました。

気がつけば、倫子は年齢が行き過ぎていたのです。

源氏物語』にも、なまじ親が高い望みを抱いたがために、嫁ぎ先が見つかりにくくなるヒロインが出てきます。

そんな当時特有の行き詰まりに、彼女は突入しかけていました。

あの物語には、娘に運勢を全賭けした結果、人生を左右する困った父親がよく出てきます。

紫式部の想像力だけで生み出されたものではなく、当時の人からすれば

「あぁ、こういう父と娘っているよな……」

という存在だったのかもしれません。

そこで穆子が「いっそのこと藤原道長を婿としてはどうか?」と提案し、夫婦となることが実現したのです。

結果、彼女の読みが大当たり。

穆子の孫である藤原彰子は一条天皇へ入内し、さらには曾孫が後一条天皇になるのですから、先見の明があった女性なのでしょう。

藤原彰子
藤原彰子(道長の娘)日本で最も権力を有した男の娘は幸せだったか

続きを見る

 

夫婦の敬愛を集め 曾孫の即位を見届ける

道長と倫子は、仲睦まじい夫婦となり、多くの子女に恵まれました。

道長は素晴らしい妻と娶せてくれた藤原穆子に、頭が上がらなかったと言います。

藤原道長
藤原道長は出世の見込み薄い五男だった なのになぜ最強の権力者に?

続きを見る

『光る君へ』での穆子も、のびのびとおおらかに倫子を育てたとされ、道長の感謝は深まるはず。穆子は婿たちに優しく、贈り物を欠かさなかったとされます。

ただし、この点は道長も同じだったりします。

独占的権力者ではなく、気遣いのできる人物でした。

心配りのできる人同士が集まって盛り立ててゆく――そこには穏やかな連帯が見えてきます。

正暦4年(993年)、夫・源雅信の死により、藤原穆子は出家、一条尼と称されるようになりました。

藤原道綱の妻の娘が亡くなると、孫を引き取り育てています。

藤原道綱とは、藤原兼家と『蜻蛉日記』の作者である藤原道綱母との間の子。

つまり、道長にとっては異母兄にあたります。藤原一族がどれだけ婚姻関係を回していたか、この辺からもご理解いただけるはず。

穆子にとっては孫、道長にとっては甥にあたる藤原兼経も、道長の養子として世に出てゆきます。

長保3年(1001年)、穆子の七十歳を祝う修法が、道長夫妻によってにぎにぎしく開催されました。

彼女は古希とされる歳まで生きただけでなく、さらに長生き。

長和元年(1016年)、曾孫である後一条天皇が即位するまで、穆子は見届けたのです。

とはいえ歳が歳ですから、程なくして病に伏せ、道長夫妻たちが見守る中、亡くなりました。

享年86。

当時としては驚異的な長寿。

道長夫妻は穆子の遺言を守り、盛大な仏事で彼女を送ったのでした。

この後も、別の曾孫が後朱雀天皇として即位し、孫の妍子は三条天皇皇后となる――道長で良い!とした藤原穆子の先見の明が花ひらいたのでした。

あわせて読みたい関連記事

◆ドラマや平安時代など全ての関連記事はこちら→(光る君へ

◆以下、名前をクリックすると各人物伝の記事へ飛びます

紫式部
まひろ
藤原為時
まひろ父
藤原惟規
まひろ弟
藤原宣孝
まひろ夫
藤原道長
兼家三男
藤原兼家
道長の父
藤原道兼
道長の兄
藤原道隆
道長の兄
藤原時姫
道長の母
藤原寧子
道綱の母
藤原道綱
道長の兄
高階貴子
道隆の妻
藤原詮子
道長の姉
一条天皇
66代天皇
藤原定子
道隆の娘
藤原彰子
道長の娘
源倫子
道長の妻
源雅信
倫子の父
藤原穆子
倫子の母
赤染衛門
女流歌人
藤原公任
道長の友
藤原斉信
道長の友
藤原行成
道長の友
藤原実資
ロバート
藤原伊周
道隆嫡男
藤原隆家
道隆四男
清少納言
ききょう
清原元輔
藤原頼忠
公任の父
安倍晴明
陰陽師
源明子
道長の妻
円融天皇
64代天皇
花山天皇
65代天皇
藤原忯子藤原義懐
朱仁聡
宋の商人
周明
宋の医師
三条天皇
67代天皇
藤原顕光
兼家の甥
藤原頼通
道長嫡男
藤原為光
忯子の父

◆配役はこちら→光る君へキャスト

◆視聴率はこちらから→光る君へ全視聴率

◆ドラマレビューはこちらから→光る君へ感想

コメントはFacebookへ

文:小檜山青
※著者の関連noteはこちらから!(→link

【参考文献】
橋本義彦『平安貴族』(→amazon
倉本一宏『敗者たちの平安王朝 皇位継承の闇』(→amazon
大塚ひかり『源氏の男はみんなサイテー』(→amazon

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安, 光る君へ
-

×