八重姫

源平・鎌倉・室町

源頼朝最初の妻・八重姫は子供を殺され裏切られ 鎌倉殿の13人新垣結衣

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で”頼朝の最初の妻”と設定されている【八重姫】。

「頼朝の妻って、北条政子以外にもいたの???」

なんて驚かれた方も少なくなかったでしょう。

それもそのはず八重姫は謎多き存在。

実在したとは考えられていますが、物語の中にしか足跡がない人物なのです。

一体どういうことなのか? ゆっくりと見て参りましょう。

 

八重姫は伊東祐親の娘

八重姫が登場するのは、主に『曽我物語』です。

鎌倉後期~室町中期にかけて成立したとされる軍記物語のひとつで、「時代が近ければ近いほど信憑性が高い」という史料や軍記物の大原則からすると、この時点で「うーん……」と首を捻らざるをえません。

それでも八重姫の名が残ったのは、あまりにもドラマチックな生涯だったとされているからでしょう。

彼女は、伊豆の豪族・伊東祐親の娘です。

祐親は流罪になった頼朝の監視役の一人で、当然のことながら近隣に住んでいました。

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

そして祐親が京都大番役でしばらく家を離れている間に、頼朝は八重姫と出会い、結ばれた……といわれています。

二人の間には千鶴御前(千鶴丸)という息子も生まれ、当初はその将来も順風満帆かに思えました。

しかし、千鶴御前が3歳になった頃に、都から帰ってきた父の祐親が大激怒。

「親に断りもなく婿を取っただと! しかも源氏の罪人などに娘をやれるわけがないだろう!!」

頼朝は由緒正しい源氏の御曹司ではありましたが、当時はただの罪人。

しかも平家全盛期だった時代ですから、清盛の気分や政策がちょっとでも変われば

「やっぱり敵の男子をそのまま生かしておくのは物騒だ。処刑!」

なんてことにもなりかねません。

そうなった場合、もし八重姫が男子を産んだことが知れれば、千鶴御前も一緒に処刑されるのは火を見るより明らかです。

ついでに

「娘をやるなんて、さては祐親の奴は源氏と結んで、平家に逆らおうとしていたんだな? 一族郎党処刑!!」

という事態になることも、全くありえない話ではなかったのです。

都へ行き来して、平家の力を目の当たりにした祐親が、恐れおののいたのも無理はありません。

そんな最悪の事態を恐れた祐親は、自身の孫でもある千鶴御前を、水に沈めて殺しました。

 

愛する男は別の女と仲睦まじく

現代人からすると残酷極まりない孫殺し。

当時の状況で、自分や家族を守るためには、他に方法はなかったと判断してもおかしくありません。

さらに祐親は、頼朝から無理やり八重姫を引き離し、別の家に嫁がせたといいます。

頼朝も討とうとしていたようですが、祐親の次男・祐清が二人に同情し、

「頼朝様、あなたの身も危険ですよ」

と知らせたため、危うく難を逃れたのだといいます。

また、逃げた先が祐清の烏帽子親だった北条時政の邸だったとも……。

北条時政ってどんな人? 頼朝も政子も時政なしでは歴史に名を残せず!?

続きを見る

時政の最初の妻が祐親の娘だといわれていますので、伊東氏と北条氏もまた、非常に密接な関係でした。

また、時政も祐親と同じように、頼朝の監視役を務めていたとされています。

そこで時政の娘(政子)に手を出すあたり、頼朝も節操がないというか、懲りないというか。

北条政子は尼将軍と呼ばれながらも不幸な女性?4人の子供たち全員に先立たれ

続きを見る

もしも時政が祐親と同じように、徹頭徹尾、平家寄りの立場で動いていたら、さすがに頼朝の命もそこで終わっていたかもしれません。

あるいは、祐親が八重姫とのことを知った時点で上方に

「頼朝は全く反省なんてしていません! その証拠に、ウチの娘を手篭めにしていました!」

などと訴えた場合も、やはりタダでは済まなかったでしょう。

余談ですが、祐清の妻は、頼朝の乳母・比企尼の娘です。

池禅尼や上西門院の嘆願によって助命されたことといい、頼朝は周囲の女性繋がりで助けられたことが非常に多い。

そんな人と茨の道を歩もうとしたくらいですから、八重姫の愛情もまた、頼朝の運の強さに負けないくらい厚いものでした。

八重姫は僅かな侍女に守られて、こっそり頼朝の行方をたどってきたのです。

しかし、北条邸の門番は八重姫を通してくれません。

諦めきれずに八重姫が遠目にのぞき見ると、そこには仲睦まじそうな頼朝と政子の姿が……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平・鎌倉・室町
-,