源範頼

源範頼/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

源範頼が殺害されるまでの哀しい経緯~頼朝が討たれたという誤報から

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
源範頼
をクリックお願いします。

 


範頼「ねえさん、俺がいるから大丈夫だよ」

決定的となったのは、頼朝が鎌倉を離れたときのことです。

曽我兄弟の仇討ち】という事件に絡み、「頼朝が暗殺された」という一報が鎌倉に届きました。

後に誤報だと判明しますが、このときは尼将軍と呼ばれるほどの北条政子も大慌て。

曾我兄弟の仇討ち
曾我兄弟の仇討ちで工藤祐経が討たれ源範頼にも累及ぶ!鎌倉殿の13人

続きを見る

心配で気が気でない政子に、鎌倉の留守役だった源範頼は励まそうと声をかけます。

「鎌倉には私がいますから、源氏は大丈夫です」

兄嫁を気遣ったこの言葉が、範頼の運命を変えてしまいます。

範頼としては、「兄上がそんな簡単に死ぬわけもないし、私が鎌倉をがっちり守りますから大丈夫です!」と言いたかったのかもしれません。

しかし政子の受け取り方は違いました。

『コイツ、頼朝様が死んだから自分が将軍になれると思ってるんじゃないの?』と……。

北条政子
北条政子はどうやって鎌倉幕府を支えたか 尼将軍69年の生涯に注目

続きを見る

 


しかし頼朝は激怒

無事に帰還した頼朝は、政子から事の次第を聞きます。

当然、頼朝は激怒。

「アイツ、大人しいと思ってたら腹に一物持ってやがったのか!」

そうブチ切れて、8月17日、源範頼を伊豆へ流刑とする処分を下します。

「流刑」とは名ばかりで、それは途中か流刑先で処刑されるというセット付きでした。

公式の歴史書『吾妻鏡』に載っている情報はここまでです。

しかし、こんな逸話もあります。

範頼は伊豆の修善寺に幽閉されました。

そこで「神仏に誓って兄上に逆らおうなんて思っていません、お許しください」と起請文を出しますが、頼朝は許しません。

その後、幽閉先を頼朝の刺客に囲まれ、覚悟を決めた範頼は自害して果てます。しかも自ら火を放って。

意図したものかどうかはわかりませんが、弟・義経とほぼ同じ死に方でした。

 

蒼き狼になった義経、埼玉の桜となった範頼

彼の死に関しては、正式な記録が残っておらず、生存説すらあります。

義経は大陸に渡ってチンギス=ハンになったんだよ!

なんて壮大ですが、源範頼は地味なキャラクターゆえか、かなり穏やかな設定です。

「武蔵国足立郡石戸宿(現在の埼玉県北本市石戸宿)に逃げてきたよ!」

なんだか郊外へお引越し……ぐらいの感覚ですよね。

あるいは日本五大桜のひとつ・石戸蒲ザクラは範頼が植えた、武蔵ではなく越前(福井県)へ落ち延びたなど、他にも説があったりします。

冷静な政治家・頼朝。

忠実な腹心・範頼。

庶民のヒーロー・義経。

みなさんは3兄弟の誰に魅力を感じますか?


あわせて読みたい関連記事

源頼朝
源頼朝が伊豆に流され鎌倉幕府を立ち上げるまでの生涯53年とは?

続きを見る

源義経
史実の源義経はどんな生涯を送り最期を迎えた?鎌倉殿の13人菅田将暉

続きを見る

義円
史実の義円はなぜ墨俣川の戦いで討死してしまった?鎌倉殿の13人成河

続きを見る

源行家
史実の源行家は墨俣川の戦い大敗後どうなった?鎌倉殿の13人杉本哲太

続きを見る

源義朝
頼朝や義経の父・源義朝の実力とは?坂東のカリスマが鎌倉の礎を築く

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
慈円/大隅和雄『愚管抄 全現代語訳 (講談社学術文庫)』(→amazon
ぶらり金沢散歩道

TOPページへ


 



-源平・鎌倉・室町
-,

×