日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

本郷和人歴史キュレーション 江戸時代 歴史・戦国NEWS

江戸期に急増した日本の人口~歴史から少子高齢化社会を考える 本郷和人東大教授の「歴史キュレーション」

更新日:

 

日本中世史のトップランナー(兼AKB48研究者?)として知られる本郷和人・東大史料編纂所教授が、当人より歴史に詳しい(?)という歴女のツッコミ姫との掛け合いで繰り広げる歴史キュレーション(まとめ)。

今週のメインテーマは、歴史から振り返ってみる人口問題です!

 

【登場人物】

本郷くん1
本郷和人 歴史好きなAKB48評論家(らしい)
イラスト・富永商太

 

himesama姫さまくらたに
ツッコミ姫 大学教授なみの歴史知識を持つ歴女。中の人は中世史研究者との噂も
イラスト・くらたにゆきこ

 

◆国勢調査初の総人口減 15年は1億2711万人、一極集中続く スポニチ 2月26日

本郷「これは何とも、大きな問題だなあ。人口が減ってしまうと、どうしても国力が下がるわけだからね」
「そうよね。人口増で国力増進というと中国とインドのイメージが強いけれど、実はアメリカだって増えていて、4億人なのよね、確か。もちろん、それはそれでトランプさんが吠えるような問題が出てくるわけだけれども」
本郷「人口総数ももちろん問題だけれど、老年層と若年層のバランスがやばいよね。お年寄りが増えて、つまり、生産には携われない人が増えて、若い人が減る。これでは国力は伸びない。人口を増やすために抜本的な手を打たないとね」
「でも、今の状況だと、女性は子どもを産まないわよ」
本郷「そうだよなあ。ぶっちゃけ現状、キャリアを取るか、子どもを取るか、だものね。両方はムリ、と考えている方は多いだろう。そうなると、人口を減らさないためには外国の方に日本人になってもらうしかないね。ネトウヨは拒絶反応を示すだろうけれど」
「歴史を考えると、ネトウヨだけじゃなくて、社会が拒絶反応を示すと思うわねー」
本郷「うん。そうだろうなあ。でも、それだと、人口が減って、日本の生産力が下がることは必至だよね。だから、女性をめちゃくちゃ優遇して子どもを産みやすい社会にするか。外国人を受け入れるか、いや、それは両方ダメ、認められない、という立場を取るか。腹をくくって議論しなくちゃいけない時じゃないかなあ」
「ちょっと話はそれるけれど、日本語教育をやめて、英語にしよう、ということもいわれてるわよね。言語を捨てるっていうことは、伝統を捨てるっていうことにもつながると思わない?」
本郷「うん。その通り。でね、伝統も捨てる、日本人のDNAも否定するとなると、日本って何だ、という議論にならざるを得ない。日本の歴史の研究者としては何とも複雑な思いなんだよなあ。日本人みんなの議論がどっちに向かうか、注目しているところなんだ」
「なるほどねー。うん、でも、これで終わっちゃうと、ただの床屋政談で終わっちゃうから、少しは日本史と人口の話をしてちょうだい」
本郷「はいはい。人口の増加はね、日本という国全体の状況をとても良く反映しているんだ。だとえば、西暦600年。この頃の日本列島の人口がね、600万人といわれる。覚えやすいでしょう」
「それしかいないの・・・。そうすると、輝ける古代、なんてイメージは」
本郷「もちろん、幻だと思うよ。いやまあ、その詳細はひとまず置いておこう。でね、その600万人の人口が関ヶ原の1600年には1200万人になる。つまり、1000年で600万人、100年で60万人しか増えてない」
「中世は全く増えてないのね。なんでそんなに増えないわけ? 避妊でもしていたの?」
本郷「いや、この時代に避妊はないよ。子どもは大切な労働力だからね。どんどん生まれるけど、たくさん死んでしまう。そのイメージかな。ぼくの友人のウェイン・ファリスは、人口の増加を妨げる要因は3つあり、疫病と、飢餓と、戦争だ、という。言い得て妙だね」
「ファリスさんはアメリカの研究者だからヨーロッパの歴史学の影響を強く受けているわよね。そうすると、ペストとかコレラとかのことが念頭にあると思うんだけれど、日本ではそういう病気はなかったんじゃないの?」
本郷「いや、ペストとかはないにしろ、食糧事情から来る脚気とか、栄養が良くないから結核とかね。病気で若死にする人は多いよ」
「なるほどね。それに加えて、戦乱かあ。つまりは古代・中世の日本のシステムは、1000万人ほどの人口を抱えるので精一杯の、まあ発展途上のものだった、ということね」
本郷「その通り。それでね、江戸時代になるとね、どういう変化が起きるかな?」
「戦争がなくなって平和になる。統一権力ができる、かしら?」
本郷「ご名答。統一権力ができると、おおよそではあるけれど、日本列島の中に1つの基準ができる。それにつれて、悪いことをした奴は、どこへ逃げても罰せられるようになる。つまり、悪いことはしてはいけない、という意識が浸透し、合戦もなくなるわけで、平和な日常がやってくるわけだ」
「そうか。みんな安心して暮らせるようになるのね。そうなると人口は?」
本郷「1600年から1700年の100年間に、2500万人にまで急増する。劇的な変化だ。もう一度言うけれど、中世には100年間で60万人しか増えてないんだからね」
「へー。江戸時代って、偉大ねー」
本郷「いや、まったく。でも、そのあとは人口は3000万人まで増えて、頭打ちになる。ということは、江戸時代=近世、というシステムは人口3000万人を養えるシステムだった、ということになるわけだね」
「それ以上になるには、四民平等の明治維新を待たなければダメなのね」
本郷「そういうこと。これを参考にするとね、今の日本のシステムは人口1億人前後に適合的なものだ、ということでしょ。だからこれをもしも増やそうというならば、江戸幕府の成立とか、明治維新クラスの、抜本的な改革が必要だ、ということだと思うよ」
「そうすると、あれね。日本の変革につきものなのは黒船だから、どういう外的要因がやってくるかよね」
本郷「ああ、そういう見方もあるかも。ともかく、ここしばらくの世界情勢は要注意だろうな。テロ、石油、中国経済、ヨーロッパの凋落。火種がありすぎて困っちゃうね」

 

スポンサーリンク

◆徳川美術館、人気の刀剣4振り「鯰尾」「後藤」「本作長義」「物吉貞宗」をGWに一挙公開!

本郷「すいません。刀剣乱舞の世界、完全に乗り遅れています」
「まあいいんじゃない。おじさんはいらないわよ」
本郷「はあ。で、なんですか。このうち「鯰尾」と「後藤」はともに粟田口藤四郎吉光の作品ですよね。彼らを含めて藤四郎兄弟とかいうわけですか?」
「そうなのよー。みんな美しくて可愛いの。うっとり・・・」
本郷「うわあ・・・。ええと、とりあえず説明だけしておきますね。「後藤藤四郎」は、金座の元締めである後藤庄三郎がもっていた吉光の刀で、のちに尾張徳川家のものになりました。国宝です。それから、「鯰尾藤四郎」は豊臣秀頼がもっていたんだって。それで大坂の陣で焼けて、もとは小薙刀だったものを磨り上げて今のかたちになっているんだって。鯰尾というと、前田利家の兜とかがそういう風に呼ばれる。こう、ふっくらした形状なので、この刀の名にもなったみたいだよ、って・・・えーと、姫さま、・・・だめだ、自分の世界に入っちゃって、聞いちゃいねえ」

 

スポンサーリンク

【編集部より】

ついに始まった大河ドラマ『真田丸』。
幸村(信繁)について学びたい方へ最適の一冊、その中身を一部公開していただきました。

真田丸の幸村、そのリアルに迫る 本郷和人『なぜ幸村は家康より日本人に愛されるのか』(幻冬舎)を一部公開!

本郷和人なぜ幸村は家康より日本人に愛されるのか表紙

スポンサーリンク

幻冬舎さんから発売で、Kindle版もありますよー♪

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-本郷和人歴史キュレーション, 江戸時代, 歴史・戦国NEWS

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.