日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

駒姫イメージ

スポンサーリンク

週刊武春 豊臣家

豊臣秀次の連座で死した美少女・駒姫 悲劇の一言では片付けられない最上家の深き愛情とは

更新日:

7月17日に放送されたドラマ真田丸「受難」の回をご覧になられた方は大きなショックを持って受け止めたでありましょう。

文禄4年(1595年)7月15日、豊臣秀次が切腹しました。

ショックとは他でもありません。その後、乱心したかのような秀吉が、秀次の妻子三十余名を三条河原で処刑したのです。切腹から間もない8月2日のこと。ドラマ真田丸をご覧いただいてない方は、以下の記事に主な流れが記されておりますので先にご確認いただければ幸いです。

◆戦国一悲運の美女・駒姫 顔すら見たことない夫・豊臣秀次の連座で処刑される

この一件ではかろうじて難を逃れた者もいましたが、とにかく異様な事件でした。

武家の男子は、たとえどんなに幼くても父に連座して処刑されるのは通例となっております。平清盛が、幼い源頼朝・義経を助命してのちに復讐されたためとされています。

しかし女子の場合、助命されます。例えばこのルールが適用された例として、大坂の陣での豊臣一族も挙げられるでしょう。秀頼の幼い息子は処刑されながら、娘は出家させられ、尼として天寿を全うしております。徳川家康が宿敵である豊臣にとった処置と比較すると、秀吉の秀次に対する仕打ちがいかに異様であったかお察しいただけるハズです。

最上義光像/photo by 長月七紀

最上義光像/photo by 長月七紀

 

「豊臣の世は続かない」民衆も呆れ返る凄惨な事件

また、処刑だけではなく、遺体への処置も異常なものでした。

まず処刑前、妻子たちは秀次の首を拝まされました。暑い季節です。腐敗が進んでいたことでしょう。そして最初に殺されたのが、まだ幼い子供たちでありました。母親の目の前で、子供たちをつかみ刺し殺す――それから我が子の遺骸を抱いた母の首を順番で刎ねたのです。骸は穴に蹴落とされ、遺族に引き渡されず、そこには「秀次悪逆塚」と記した石碑が置かれました。

殺された人選も謎です。秀次の妻でありながら助命された者もいるかと思えば、生前の顔すら見たことがないのに巻き込まれた者もいました。秀次の妻というよりは、秀次に保護されていただけと思われる少女や、近くに仕えていたと思われる老齢の尼も含まれています。

もう、無茶苦茶です。秀吉が何を考えていたか、まったく理解できず、ただただ推察するほかありません。

もっとも動機は重要ではないかもしれません。大事なのは、この事件が世間の大反発を招いたことでしょう。事件に巻き込まれた大名から、処刑のむごたらしさにあきれかえった民衆まで、皆が豊臣の世は長く続かないだろうと憤りを感じていたのです。

まさに世論を動かした事件でした。

豊臣秀吉/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

駒姫以外は家臣に嫁いだ最上家の娘たち

惨殺された中でも、特に悲劇的とされたのは、最上義光の二女・駒姫でしょう(三女という説も見かけますが二女です。お伊満の方、お伊万、お今とも)。

享年十五歳という若さも気の毒なことながら、彼女は秀次と顔をあわせたことすらありませんでした。

そもそもなぜ、出羽の大名の姫君が関白の側室となったのか。その経緯をたどると、伝説的な部分が見えて来ます。

出羽の姫君が関白の側室になった理由は? まずは最大の疑問から進めて参りましょう。

畿内から遠く離れた東北の姫が関白に見初められた理由は色々と推察できます。まず考えられるのが、最上義光の野心説でしょうか。

しかし、これはあまり説得力がないと思います。秀次のもとには、既に有力公家や大名らの娘が正室や側室としておりましたし、その間に子供も誕生していました。駒姫が彼女らを押しのけて寵愛を受け、そのおかげで最上家が引き立てられることが果たしてできたのでしょうか? 大勢いる関白の側室になるより、大名の正室として別のドコかの家に嫁ぐ方が、メリットがあるのではないでしょうか。

ちなみに義光には娘が四人いますが、駒姫以外は全て家臣に嫁いでいます。義光の息子たちも大名家から妻を迎えていないようで、義光はあまり政略結婚に乗り気ではなかったのかもしれません。このあたりは今も伝わっている「義光は何度も秀次の依頼を断った」という話と矛盾しないと思います。

豊臣秀次/Wikipediaより引用

豊臣秀次/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

秀次を接待した? 山形県民があの大河に苦い顔をした理由

野心説とあわせて考えられるのが、天正19年「九戸政実(くのへまさざね)の乱」のときの話です。その際、山形城に立ち寄った秀次に対して駒姫が接待をしたというもので、現在も人気のある大河ドラマ『独眼竜政宗』でも出てきました。

実はこの話には出典があります。伊達政宗の家臣である伊達成実(しげざね)が記した『成実記』に「最上在陣の折、駒姫を秀次に差し出した。大名とは思えないほど卑屈なことだと噂していたところ、この始末。天下の笑いものになったことこのうえない」と記載しているのです。「ざまあみろ」とでも言いたげなこの記述を読むと、いくらアンチ最上だからと言ってここまで書く必要があったのか、と思ってしまいます。

この記述は広く信じられました。顔も見ずに恋するなんておかしいと思う人も多かったからでしょう。

しかし、この記述はおかしいのです。

肝心の「秀次が最上在陣の折」というタイミングですが、このときの秀次進軍ルートに山形城は入らなかったのです。さらに最上家や瑞泉寺に伝わる記録では、駒姫は生前、秀次の顔を見たことがないとされています。

ゆえに、接待説はありえず、駒姫は生前の秀次に出会ったことがなかった、伊達成実は嘘までついて最上を貶めた、ということでよろしいのではないでしょうか。どうにも『成実記』は、最上に関しては事実をねじ曲げた記述があるようです。

「山形県民が『独眼竜政宗』にクレームを入れた」ことを現在でも批判的にとらえる意見はあります。

しかしあの作品は、『最上義光関連で最も大切にして欲しい』と山形の人が考える駒姫について多くの誤解を招く表現がありました。

義光が駒姫に秀次への接待をさせた場面。さらに義光の目の前で献上された駒姫を秀次がなで回す場面。政宗正室の愛姫に義光が頭を下げ、駒姫の助命嘆願をするという場面。

いくら何でもちょっとやり過ぎですし、放送当時にツイッターがあったならば炎上しかねない内容でした。

 

「東国一の美少女」その噂が不幸の始まりでは……

ここまで整理して考えると、古くから伝わる「東国一の美少女」という噂を聞きつけた秀次が、駒姫を強く所望した――という説でよろしいかと思います。

両親ともに足利一門の血を引く(父・最上氏、母・大崎氏)という、駒姫の血筋の良さも関係しているのかもしれません。

しかし残念ながら、こうした伝説的な断片情報だけでは、駒姫が具体的にどんな容姿であったか、どんな性格であったか、そうした情報はほとんどありません。

処刑の様子を目撃した証言では、まだ幼さを残す花のつぼみのように可憐な姫君であったと伝わります。
駒姫には大変かわいらしい、萌え絵にも通じるタッチの肖像画があり、以前は図説等で見かけました。しかしこの絵は大正時代のものですので、当時の姿を伝えるものではありません。おそらく最古と見られる供養のために描かれた肖像画は瑞泉寺に所蔵されていますが、こちらは他の秀次妻子と顔の特徴がほぼ変わらないので、あまり参考になりません。

そんなおぼろげな姿でありながら、いやだからこそ想像の余地があるのか、彼女の最期は伝説化していきます。かなり早い時期から、秀次の顔すら見ていないのに死を迎えた姫君として名が広がっていくのです。秀次の妻のうち、おそらく現在最も知名度が高いのが彼女でしょう。

こうした伝説の中には、後世の人が後で付け加えたと思われるものもあります。

駒姫誕生の際に一度母親が提案した名前が変えられた。誕生祝いに「連歌会」を開催しようとしたが「レンガシ」の意味がわかるものがおらず中止となった、そしてそのことを政宗が不吉だとコメントした。処刑赦免の早馬が刑場に向かっていて、あと一歩のところで処刑されてしまった、等。

どれも悲劇性や不吉な予感を高める効果はありますが、事実とは思えません。

 

駒姫の死から14日後に亡くなった母の大崎夫人

この事件の影に、もう一人の犠牲者がいます。

駒姫の実母である大崎夫人です。

娘を追うようにその死からわずか十四日後に亡くなっていますが、これもまた状況はわかりません。抗議の自殺か、はたまた憂悶のうちにショックで亡くなったのか。死因ははっきりしません。
大崎夫人は義光が描かせたとみられる美しい肖像画が残されております(絹本著色 義光婦人像 山形県指定有形文化財)。

また、駒姫の菩提を弔うために建立されたという専称寺は、大崎夫人を供養する目的もあり、妻子を思う義光の心を今に伝えています。娘の影に隠れがちですが、大崎夫人もまたこの事件の「犠牲者」といえるでしょう。

そして父である義光です。
駒姫の儚い生涯がそうであるように、ことあまり評判のよろしくない義光に関しても、この事件がらみでは神話に満ちております。

まず最もよく聞かれるのが、「妻子の非業の死をきっかけにして、義光が急激に徳川に傾倒した」というものです。

義光にとって確かに妻子の死は、豊臣政権を見限るに足る理由ではあったでしょう。ただし、義光は小田原参陣の前から徳川家康と親しくしており、この事件だけがキッカケとは必ずしも言えないと思います。
天下分け目の関ヶ原において伊達政宗はじめとする東国の外様大名が去就不明瞭であった中、最上義光は終始一貫して東軍として行動しました。東国一の大大名である上杉勢相手に防戦に挑み、粘りきったことは事実です。

しかし父としての義光の思いは、軍事行動以外でも示されているのです。

山形市内にある専称寺は、義光が妻子の菩提を弔うために移設したと伝わります。左甚五郎作とも伝わる力士像、山形城にあった駒姫の居室をそのまま移したとされる部屋(非公開)、壮麗な伽藍からは義光の妻子への思いが伝わってくるようです。

さらにここにある桜の古木は「駒つなぎの桜」と呼ばれています。義光が参拝する際、馬をここにつないだという逸話が残されているのです。愛馬にまたがり山形城からこの寺まで、たくさんの領民に見守られながら義光は参拝していたのでしょう。

さらに、この寺には奇妙な話があります。
今日この寺を訪れると、綺麗な墓石の、駒姫の墓を参拝することができます。しかしこの墓石はあまりに綺麗過ぎるのです。この墓石は近年建てられたものだからです。
ではその前はどうなっていたかと言いますと、山形市内という都市圏にあるのも関わらず、うっそうとした藪に覆われていたそうです。まるで美しさが災難を招いたから、死後はその姿を隠そうとするかのように、駒姫の眠る場所は隠されていたのです。

駒姫イメージ

 

愛情に満ち溢れ幸福だった少女の面影に……

こうした地元に伝わる話をつなぎあわせてゆくと、悲劇的な最期だけではない駒姫のもうひとつの面が見えて来ます。

生前も、死後も、両親から深く愛される姫であったこと。きっとこの姫は、京都に行くまでは短くも幸せな人生を送っていたであろうこと。

もし駒姫や大崎夫人の姿を想像するのであれば、京で苦しみ亡くなるときの姿ではなく、山形で穏やかに暮らしながら微笑む姿を思い浮かべて欲しいと私は願います。

戦国時代に非業の死を遂げた女性は大勢います。その中でも、駒姫とその母・大崎夫人は愛情深く、繊細な手段によって弔われた女性ではないでしょうか。悲劇的な最期を遂げた二人ですが、彼女らが生きた山形では静かに、それでいて市民の生活の中に溶け込んで、今日も弔われています。

実際に専称寺の境内に立つと、きっとおわかりいただけるかと思います。

イチョウや桜の古木、立派な伽藍に梵鐘のある寺で大きく息を吸い込むと、そこで感じられるのは穏やかな空気と静かな弔いの感情。案内板を読めば駒姫の短く悲劇的な生涯をたどることができます。

しかしそこで終わらせないでください。彼女の父が参拝のために馬を繋いだ桜を眺め、彼女のために作らせた立派な力士像を眺めてみてください。四百年を経ても伝わってくるぬくもりがあるはずです。

周囲から愛され、豊かな自然の中で育っていた少女、駒姫。その姿こそが、彼女にとって本当にふさわしいものだと思うのです。

【当記事と合わせて読みたい!】最上義光 名将の証明

記:最上義光プロジェクト(http://samidare.jp/mogapro/)

スポンサーリンク

最上義光の知名度アップを目指し、オンラインで情報発信を続けているサイトです。

 





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-週刊武春, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.