織田家 週刊武春

信長「幻の上洛計画」とは何ぞや? いつから天下統一を狙っていた?

投稿日:

織田信長が、室町幕府15代将軍となる足利義昭を奉じて上洛したのは1568年(永禄十一年)のこと。

将軍をサポートしたことで細川藤孝明智光秀との関係も深くなり、織田家の躍進が始まるため、この1568年は織田家にとって大きな年となりましたが、実はその2年前にも、実行直前で断念した「幻の上洛」がありました。

2014年10月にそのことを裏付ける書状が発見され、大きな話題となりました。

熊本県立美術館が『信長からの手紙』展を準備するため、関連資料を精査していたところ、同館と熊本大永青文庫研究センター、東大史料編纂所の共同調査で発見されました。

なぜ今頃になって「新発見」されたのか?

というと、以下の図録にあるように「紙の裏側」に書かれていたからです。
正確に言えば、一度使った書状を後で再利用したため、裏側に記録が残されていたんですね。

では、少し詳しく見て参りましょう。

 

2年早い信長「幻の上洛計画」

まずは展示図録「信長からの手紙」から、その解説を引用してみますね。

<初公開の一色藤長・三淵藤英連署書状は、米田与右衛門家に伝わる医書の料紙の裏に書き込まれていた14通の同趣旨の文書のうちの1通。永禄九年(1566)八月に矢島の義昭と信長の上洛計画が立てられたが、直前に六角氏の裏切りにあるなどしてそれが頓挫したために、発給されずに反故紙になって、そのために現在まで伝わったという、驚くべき文書である。>(展示図録「信長からの手紙」より)

実は「幻の上洛計画」自体は研究者には知られていました(下にある永禄八年の信長文書などから)。
この書状は実際には発給されない「投函前のお手紙」ということで、大変に貴重な資料とされています。

赤字部分「矢島の義昭」とはどういうことなのか?

室町幕府13代将軍・足利義輝松永久秀らに攻められ自害すると、自らの身の危険を感じたのが当時僧侶だった義昭。
奈良を脱出して、近江国(滋賀県)の観音寺城(近江八幡市)の六角氏を頼り、亡命しました。

その滞在先が矢島(滋賀県守山市)だったのです。

足利義輝の壮絶過ぎる散り際! 剣豪レベルまで剣術を磨いた室町将軍

室 ...

続きを見る

偉い将軍さまは直接お手紙を出さないので、形式的には部下が出しています。
このときは幕臣の三淵藤英みつぶちふじひで一色藤長いっしきふじながが書いています。

 

「地元で反乱です。日本海へ逃げてください」

原文はこのようになっています。
もちろん読めなくても問題ありませんので、サッと目をお通しください。

御退座之刻、其国以馳走
無別儀候、然者、為 御入洛御供
織田尾張守参陣候、弥被頼
思食候条、此度別被抽忠節様、
被相調者、可為御祝着之由候、
仍国中ヘ御樽可被下候間、
此等之通被相触、参会之儀、
可被相調候、定日次第可被差越
御使候、猶巨細高勘・高新・冨治豊
可被申候、恐々謹言、
八月廿八日 藤英(花押)
      藤長(花押)
菊川殿

今回発見された足利義昭家来書状(東大史料編纂所)

今回発見された足利義昭家来書状(東大史料編纂所)

菊川殿というのは、伊賀国か山城国の武士と考えられています。
義昭(このときは還俗して義秋)が奈良から脱出するときに協力した者たちですね。

義昭が幕府再興のために上洛する時に、尾張守の織田信長が協力してくれることになったことを伝え、義昭への忠節を依頼する内容です。

それがなんと、8月28日の翌日に、世話人だったはずの六角氏の裏切りが発覚。
直前で上洛計画は頓挫してしまい、近江を脱出した義昭は、若狭の武田氏を経由して越前(いずれも福井県)一乗谷・朝倉氏のもとへ亡命しました。

 

幻の上洛は「天下統一」への道か、否か

報道が発表された時点では以下のような論調がありました。

・状況の変化で実現しなかった「幻の上洛作戦」は、信長が早くから天下取りを強く意識していたことをうかがわせる(朝日新聞)

・記者会見した熊本大永青文庫研究センターの稲葉継陽教授は「信長が早期から京都で実権を握る計画を立てていたことを裏付ける非常に貴重な史料だ」と述べた(共同)

要は、信長さんがヤル気もりもりで、天下取りの野望が溢れ出ていたという印象ですね。

しかし、同時に疑問も浮かんできます。

「上洛」が何だというのか?
そのことそのものに価値はあるのか?

信長の上洛を邪魔した近江の六角義賢も、実は1561年(永禄4年)に上洛しています。

要は、
【上洛=京都で実権を握る=天下統一!】
という単純な流れにはならない、ということですね。単に地理的要因の一つといえるでしょう。

信長が「天下布武」を使うのは、岐阜城を手に入れてからです。
この上洛計画は岐阜城を落とす前年のことですから、尾張一国の大名に過ぎません。

 

麒麟のサインも天下統一の意味ではなかった

たとえば、東大史料編纂所に所蔵されている「細川藤孝宛て信長文書」には、尾張時代の信長が足利義昭の上洛要請を受諾という、今回の幻の上洛計画文書の前段階の書状があります。(永禄八年1565年12月5日)

<すでに度々了承したように命令次第でいつでも覚慶(義昭のこと)の帰洛(上洛のこと)にお供する>という内容です。

そこには、天下布武とともに語られる例の麒麟の「麟」の花押が使われています。

かつて麒麟の花押は天下布武と同時に使われたと言われ、天下統一の象徴とされてきました。
しかし、尾張一国の大名に過ぎない小牧山城時代から使っているので、麒麟そのものに天下統一という意味があるわけではありません。

織田信長花押麒麟

織田信長、麒麟の花押

信長が始めて麒麟の花押を使った最初例は、この手紙を出したちょっと前の永禄八年(1565年)九月です。

前年十一月に、義昭は幽閉先の奈良を脱出して、信長のほか上杉謙信ら全国の有力大名に「俺を助けて上洛させて!」という依頼をばらまいています。

これを受けた信長が、俺も麒麟のように京都へ駆け上がるぞ!という意志が反映したのがこの花押なのかもしれませんね。

ただ、それは「上洛して京都でブイブイ言わせたい」くらいのものであって、日本列島統一という世界観とは大きくかけ離れたものだったでしょう。

なお、織田信長の生涯をまとめた記事が以下にございますので、よろしければ併せてご覧ください。

織田信長49年の生涯をスッキリ解説! 生まれから本能寺の変まで【年表付】

【 ...

続きを見る

川和二十六・記

【関連年表】
1560年 桶狭間の戦い
1563年 小牧山城を作り、尾張の本拠を清須から移動
1565年 足利義輝が松永久秀らに襲撃され自殺
1566年 信長が足利義昭を奉じた上洛計画が、亡命先の六角義賢に邪魔されて幻に ←今日ココでした
1567年 信長、滝沢一益を伊勢北部に侵入させる。美濃齋藤龍興を倒し、岐阜城(稲葉山城)をゲット。天下布武を言い始める
1568年 岐阜を出発、六角義賢の観音寺城(のちの安土城の隣)を撃破!足利義昭連れて上洛に成功!
1575年 長篠の戦い
1582年 本能寺の変

【参考】
熊本県立美術館展示図録「信長からの手紙」(2014年)

 



-織田家, 週刊武春
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.