歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西郷どん感想あらすじ 西郷どん(せごどん)特集

薩摩の食事情はさほど悪くない!? 唐芋・豚肉・焼酎・菓子など異国情緒な文化を見てみよう

投稿日:

2018年大河ドラマ『西郷どん』を見ていて、こんな疑問を抱いたことはないでしょうか?

彼らは食うや食わずの生活をしているようだ。
その割に西郷隆盛大久保利通も背が大きくないか?

身長というのはやはり栄養状態に左右されがちであり、例えば、貧しい幼少期を送った豊臣秀吉は小柄だったとも伝わります。

一方の薩摩では西郷や大久保だけでなく、全体的に高身長の者が多くおりました。
そう考えると「食うや食わずや」というのは、なんだか腑に落ちない。

そこで本稿では、薩摩の食事情ならびにその他の文化事情を見ていきたいと思います。

 

栄養価の高いサツマイモと豚肉は入手しやすく

薩摩は、火山灰土壌に覆われており、稲作にあまり適していない土地です。
それが江戸時代から米の年貢を納めにくくしており、農民だけでなく武士の生活も苦しく、藩財政を逼迫している要因の一つでした(詳細は→薩摩藩の財政赤字)。

そんな薩摩にとって救世主となったのが、サツマイモです。
荒れた土地でも収穫でき、栄養価も高いサツマイモは、たちまち庶民の強い味方となりました。

さつまいもは、食物繊維の他、ビタミンB1、C、E、カリウムなども豊富。特にビタミンCは、さつまいも1本でリンゴの4倍以上。さつまいものビタミンCは他の野菜に比べて熱に強いのもうれしいポイントです。キューピーさんより引用)

上記、キューピーさんの解説に限らず、江戸時代にも徳川吉宗が青木昆陽の「蕃薯考」に目をつけ、栽培を奨励したなんてお話も聞いたことがおありでしょう。

例えば西郷隆盛の愛妻である西郷糸子岩山糸)も、東京で過ごした晩年にもサツマイモ御飯を喜んで食べていたそうで。
それだけ頻繁に食べる、懐かしい故郷の味だったのですね。

そしてもうひとつ、愛された食材が豚肉です。

琉球から伝来した豚は、江戸時代初期から食べられていました。
江戸の薩摩藩邸からも、豚の骨が出てくるほどだそうです。

 

スポンサーリンク

欧米人と比べても遜色のない背の高さ

日本人に食肉文化はなかったのでは?

豚肉というと、そんな疑問を抱かれるかもしれません。
たしかに日本人の間では、長らく獣肉のタブーがありました(天武天皇以来とも・詳細は→日本人の肉食事情)。

しかし、異国情緒溢れる薩摩は例外です。
中国・琉球・西洋から影響を受けた南国薩摩では、他地域とはかなり異なる食生活を送り、豚肉も食しておりました。

実際、林真理子氏の原作『西郷どん』にも記述は多く、全部で6箇所出て来るほどです。

そうした食生活のためか、薩摩藩士は長身の者が多かったのです。
幕末に来航した欧米人から見ても、遜色がないほどの背の高さでした。

これは貧しい下級武士であった西郷隆盛、大久保利通らも例外ではありません。
生活は苦しいけれども食料流通は悪くなく、栄養状態は良好だったのでしょう。

ちなみにサツマイモという呼び名を、薩摩の人は使いません。
「唐芋(カライモ)」と呼んでいました。

 

焼酎王国薩摩

鹿児島県のパンフレットの名前にインパクトがありました。
ちょっと引用させていただきましょう。

鹿児島本格焼酎パンフレット~毎日が焼酎日和~(鹿児島県HP)

毎日が焼酎日和!!
って、なんだかすごいですよね。

なぜ薩摩でこんなにも焼酎が好まれたのか。
それは地理的要因が影響しております。

・日本で最も早く伝播した
・稲作に適していない
・サトウキビやサツマイモの生産が盛ん

日本最古の焼酎の記録といえば、永禄2年(1559年)です。
郡山八幡神社の天井板に、宮大工の作次郎と助太郎が記した落書きとされています。

内容は「依頼主が焼酎も飲ませてくれないからドケチでムカつく」というもの。記録を残した方も残された方も黒歴史感が辛いですね。

 

これより後の時代には、真田信繁が、兄の信之に焼酎をせがんだ書状も残されています。

そしてそれ以前となりますと、応永17年(1410年)、島津家7代目当主・島津元久が足利義持に「南蛮酒」を献上した記録があるそうです。
これはシャム(タイ)あたりから伝わった、焼酎ではないかとされています。

ちなみに島津家の初代は鎌倉時代にやってきた島津忠久となります。ドラマ西郷どんの中でも「(島津家は)鎌倉時代から」という部分が語られてますね。

鎌倉時代の島津忠久から始まった 伝統ナンバーワンの武門・薩摩島津家

 

スポンサーリンク

焼酎造りは豚の飼育にも役立った

酒(日本酒)造りに適さない薩摩では、人々は焼酎を造りました。
阿久根焼酎は、江戸や大坂でも人気だったとか。

サツマイモやサトウキビが栽培されるようになると、こうしたものでも焼酎が作られるようになりました。
そのほうが遙かに安上がりであったのです。

ただし、あくまで個人的に家庭で飲むものであって、地域特産品として味が洗練されるようになったのは、幕末・斉彬の時代から。
明治時代以降、現在の鹿児島焼酎は芋が主流となっています。

実際、年間焼酎消費量が堂々全国一位(とどラン)ですね。まさに焼酎王国でしょう。

また、焼酎を造るときに出た粕は、豚にとってよい餌となりました。
これがまさに一石二鳥とで飼育にも役立ったのです。

現在も、鹿児島特産の豚の餌には、焼酎のもろみや粕が含まれている場合があります。肉の味をよりよくする秘訣なんだとか。

 

異国情緒があふれる食材

琉球王国領を支配下におさめ、他国とも交易を行ってきた薩摩藩。
異国情緒漂う文化がそこにはあり、藩主の献立を見てみると、それが実感できます。

例えば、以下のような食材まで含まれておりました。

【中華料理に用いられる食材】
・フカヒレ
・燕の巣
・竜眼

【南方独特の食材】
・西国米(セーカクビー・シークービーとも、サゴヤシからとったデンプンをビーズ状にしたもの。タピオカに似ている)
・唐墨

【南蛮渡来の菓子】
・カステラ
・ボーロ
・有平糖

江戸期に入る前の戦国時代、甘いお菓子は非常に貴重なものでした。

例えば織田信長が饗応に用いた最高級の甘い南蛮菓子。
これは江戸時代になってからも庶民の口には入りにくいものでしたが、サトウキビが手に入りやすい薩摩は別です。

17世紀頃には、「かるかん(軽羹)」がお土産菓子として誕生しております(画像)。

このように薩摩には、豊かで異国情緒あふれる食文化があったのです。

 

スポンサーリンク

名刀波平

この先は食から離れまして……。

薩摩には、
「兵は隼人の精鋭、太刀は天下無双の波平」
「薩摩国に波平あり」
と呼ばれた名刀がありました。

初代波平こと橋口正国は、鎌倉時代には薩摩国に移り住んだとされています。

彼は、刀の生産に適した場所を探すうちに、良質な炭がとれる椎や栗の木と、こんこんと泉が湧く場所を見いだしました。
そして地元の人に、ここは何という場所かと尋ねたところ、こう帰ってきます。

「“波平”と呼ばれておいもす」

これは刀にとってふさわしい地名でした。
刀とは、人をむやみに殺傷するためではなく、
「四海波 平らかに治める=天下泰平をもたらす」
ために作ることこそ、理想です。

彼は自らの刀の銘を「波平正国」としました。

そして、薩摩に移り住んで数年後。
正国は妻子を連れて、海路波平まで戻ろうとしました。嵐に船が飲まれそうになったそのとき、正国は刀をかざしました。

「波、平らかなれ」
そう祈り刀を海に投げ込むと、荒れ狂う海は静まり、無事薩摩にたどり着くことができたそうです。

波平の中でも伝説的な名刀が「笹貫」です。
伝説には相違がありますが、竹藪の中に何らかの理由で捨てられていた刀の刃が笹の葉にあたり、真っ二つに切られていたことが由来だとか。
鹿児島県には地名としても残っています。
(参照:重要文化財 波平行安 e國寶

 

黒田清輝も生んだ力強い薩摩絵画

薩摩藩には独自の文化がありましたが、江戸時代も時代がくだるごとに、江戸の影響を受けることになります。

水墨画も例外ではありません。
室町時代から江戸初期にかけては、薩摩の水墨画は力強さが特徴。それが狩野派の影響を受け、さっぱりとして垢抜けた作風になっていったのです。

そんな中であらわれた絵師が、木村深元でした。

狩野派の良さの中に、雪舟派の力強さも持ちあわせたその作風は、薩摩の人々を魅了します。
質実剛健さを持つ絵画を見た人々は、こう呼ぶようになりました。

「見事(みごっ)深元!」

以来、薩摩の絵画は深元を手本として発展を遂げることになります。

薩摩の絵師は世襲ではないこともあり、個性的な絵師が数多く誕生したとされています。
この伝統は、明治以降の画壇でも花開きました。

力強いタッチで日本近代洋画を牽引した黒田清輝、藤島武二、和田英作らが、鹿児島から登場。
その作品群からは、いかにも薩摩らしい質実剛健さが感じられます。

黒田清輝『湖畔』/wikipediaより引用

いかがでしょう。
開明的で異国情緒溢れ、力強い文化を持つ薩摩。

様々な魅力を持つ薩摩の姿が、『西郷どん』でも見られることをこれからも期待したいと思います!

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
西郷隆盛公奉賛会『西郷どんと薩摩士風』

 



-西郷どん感想あらすじ, 西郷どん(せごどん)特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.