日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 毛利家

なぜ吉川家は事実上、毛利家の一族となったか?

更新日:

家を残すためにはキレイゴトなんぞ言ってられない。

それが戦国時代の戦国時代たる所以ですけども、中には「真っ黒にも程があんだろ」とドン引きせざるを得ない出来事もありますよね。

天文十九年(1550年)の9月27日に毛利元就が吉川興経(おきつね)父子を暗殺させたのも、ドン引きものの一件ではないでしょうか。

 

 前当主の吉川興経さん 尼子と大内行ったり来たり

名字からピンと来た方もいらっしゃるかと思うのですが、吉川家は元就の次男・元春の養子入り先です。
以前取り上げた通り吉川元春は自分の意思で家臣から正室を迎えているため、この縁組は婿養子によるものではありませんでした。
しかし後々「毛利の両川」と呼ばれたように、元春以降の吉川家は毛利の重鎮として名を馳せるほどの結束力を示しています。

有力者の息子とはいえ、完全によそ者であるはずの元春がなぜそこまで家中を掌握できたのでしょう?

その答えがこの暗殺事件です。カンタンに言えば、トーチャンが自分と息子達のためにやった血生臭いお膳立てでした。

とはいえ、吉川家にも全く原因がなかったわけではありません。

当時の主・興経は有り体に言えば凡庸な人物で、尼子・大内両家がしのぎを削っていた当時の中国地方で家を守っていくには頼りない、と大多数の家臣が思っていました。せめて一貫してどちらかの味方についていてくれればまだマシだったものを、時々に応じてしょっちゅう鞍替えをしていたので、尼子からも大内からも心証は最悪。
「だめだこいつ、早くなんとかしないと」というのが家臣たちだけでなく親類一門でも共通の認識だったようです。

興経は興経なりに家を守ろうと努力していたのでしょうけどね。わざと自分ちを滅ぼしたがる大名はいない……はずですし。

 

スポンサーリンク

親子揃って強引に隠居 しかし、それだけでは終わらず… 

そこで吉川家の家臣たちは「毛利さんに相談だ!っていうか血縁もあるし養子もらってあいつには引っ込んでもらおう!」と決断します。
興経の母が元就の妹、かつ元就の正室が興経の叔母だったので、一応縁もゆかりもない関係ではなかったのです。

興経には千法師という男の子がいたのですが、それを無視しての強引な養子縁組でした。ついでに親子揃って隠居扱いにされ、半ば以上監禁状態に置かれてしまいます。とばっちり食らった奥さん涙目。

しかしそれでも家臣たちの腹の虫が収まらなかったのか、実際にそうだったのかはわかりませんが、やがて元就の元(ややこしいな)へこんな知らせが届きました。

「興経の野郎、あんなこととかこんなこととかやらかしててひどいもんですよ! 元就さんやっちまってください!」(超訳)
当然興経は「違うんです、何も悪いことなんてしていません!」と弁解の手紙を出しましたが、既に殺る気MAXな元就は聞く耳を持ちません。

そして元春の舅・熊谷信直らが興経の隠居屋敷を襲撃し、父子ともども始末されてしまったのでした。一説には、千法師は一度逃げたものの山の中で見つかり、殺されたともいわれています。
どっちにしろひでえ。

毛利元就(絵 富永商太)

やっちまったなぁ~!(絵 富永商太)

 

スポンサーリンク

結局、偉大なる祖父の領地は大半を失ってしまう…

こうして吉川家の血筋は絶え、実質的には元春以降毛利家の血が続いていくことになりました。
吉川家の家臣たちが元就に頼んで主君を殺させたようなものですから、そりゃトラブルになるわけがないですよね。

状況が状況ですから元就のやったことも極悪とは言い切れませんけども、何とも後味の悪い話です。

しかも、そこまでして面子を整えていながら、長男には先立たれた上ノーコメントな孫が跡を継いでしまったのですから、そりゃジーチャンとしては「ウチは天下を望むんじゃありません」って言い残すわけですよね。

もし輝元に織田家や秀吉とやりあうだけの器量があり、元就も期待していたとしたら「よーしジーチャン張り切って謀略教えちゃうぞー」なんて展開になったのかもしれません。結局輝元は関が原の戦いで西軍のお頭にされてしまって領地の大部分を没収され、ジーチャンの苦労を水の泡にしてしまっていますし。

元就も草葉の影で歯軋りしていたと思いますが、毛利家興隆の過程で敗者になった興経らもまた死に甲斐がなくなってしまってまさに誰得ですね。

昔どこかで「三国志は膨大な敗者の物語である」という形容を見かけた覚えがあるのですけども、元就はじめ毛利家の経緯もまた似たような印象を覚えます。

家が残っただけマシといえばマシですけど、でもねえ……。

長月 七紀・記

【関連記事】
元就さんの75年!→毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか 人生75年の出世ストーリー!
長男の隆元!→毛利元就の長男・毛利隆元は卑屈なれど優秀だった!? 失って初めてわかるその偉大さ
次男の元春!→吉川元春こそ漢の中の漢!「俺の嫁がブスだと? だがそれがいい」
三男の隆景!→毛利三本の矢の一本・小早川隆景とは? 王佐の才は元就にも秀吉にも愛された
他の兄弟たちも注目!→知られざる毛利元就の子供たち 三兄弟以外はダメな子って本当なの!?
元就エピ1→毛利元就 75歳まで長生きできた秘訣は禁酒!
厳島の戦いエピ1→鮮やかすぎる厳島の戦い! 世界遺産を舞台に毛利元就の奇襲作戦が大成功
厳島の戦いエピ2→毛利元就を大大名に押し上げた『厳島の戦い』 勝因は元就の謀略ではなく女性だった!?
お孫さん(輝元じゃないほう)→毛利秀元とは? ホントはすごかった毛利元就の孫

スポンサーリンク

参考:吉川興経/wikipedia

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 毛利家
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.