日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

月岡芳年画『達磨図』(Wikipediaより)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 中国 アジア・中東

インド方面出身の達磨大師がはるか東の日本で目を入れる人形になるまで

更新日:

 

日本人は無宗教と言われますけども、日常の中には仏教や神道に由来する単語・習慣が多かったりしますよね。
最近は仕事などの関係でお盆・お彼岸のお墓参りや初詣などをする人も減ってきていますが、「やらないと何か落ち着かない」という人も結構いるのではないでしょうか。
本日はそんな習慣の一つと、その由来についてお話しましょう。

西のほうから中国にやってきたダルマさん

10月5日は”達磨忌”です。
達磨とはもちろんあの丸っこい人形のこと……でもありますが、その元ネタとなったお坊さんの縁日がこの日とされています。徳の高いお坊さんの尊称”大師”をつけて”達磨大師”ともいわれているので、こちらに聞き覚えのある方はしっくりくるでしょうか。
生没年は不祥なのですが、だいたい4~6世紀頃の人だったといわれています。お名前が記録に出てくるのが6世紀の中国だからです。

この頃は中国大陸の恒例行事・群雄割拠時代の二回目でしたが、その中に東魏という国がありました。三国志の魏とは違う国なので要注意です。テストに出なそうだから大丈夫ですかね。

まあそれはいいとして、この東魏の記録に「西のほうからペルシア生まれの達磨っていう人がわざわざこっちに来たよ」(超略)ということが書かれているのが最古といわれています。

原文だと”胡人”(中国から見て西に住んでいる人々)と書かれていて、実際には中央アジア・インド・中東までかなり広い範囲の人を指します。途中には山やら砂漠やら大河が点在していてとても行き来がしやすいとはいえませんが、一応大陸続きですので、商人や僧侶などがたまに来ていたのでした。

達磨大師もその一人だったといわれています。生まれはインドという説もありますが、やっぱり詳しいことはわかっていないようです。

胡人という言葉は元々「ヒゲの長い人」という意味があるそうなのですが、中国に来た頃の達磨大師はまさにその通りの姿をしていたとか。道理で人形の達磨もヒゲもじゃなわけですね。
オシャレに気を使う僧侶とか雑念まみれじゃねーかという気がするので、それはそれで別に良いことですが。

でも月岡芳年の木版画で胸毛までビッシリ描かれてるのはさすがにどうよ。男らしいといえば男らしいですけども、芳年さん達磨大師に何か恨みでもあったんすか。

月岡芳年画『達磨図』(Wikipediaより)

月岡芳年画『達磨図』(Wikipediaより)

スポンサーリンク

禅の教えは抽象度高すぎて庶民も皇帝にも分かりません~

まあ体毛の話はそこまでにしまして、達磨大師は禅の教えを広めるべく、海路で中国へやってきたといわれています。

上陸したのは広州というところで、現代の地名でいえば香港やマカオの周辺です。当時ここは”梁”という国があり、達磨大師はそこの皇帝と謁見することになりました。仏教に深く傾倒している皇帝だと聞いて尋ねたところ、歓迎してもらえたのです。

玄奘三蔵法師もそうですが、中国ってお坊さんに優しかったり厳しかったりの差が極端ですよね。チベッtゲフンゲフン。

そして大師は梁の皇帝と直接話すことができたのですが、ここで二人の間に残念な行き違いが起こります。

このときの会話が一問一答形式で記録されているのですけども、話が噛み合わなかったといいますか、皇帝が大師の話を理解できなかったのです。

ものすごくテキトーにまとめると、皇帝は「お寺建ててお坊さん保護したり、写経とか頑張ったんだけど何かご利益あるかな!?」とwktkしていたところ、大師が「いやいや、目先のことだけ考えてても功徳にならないよ」と答え、がっかりしたというものです。
この皇帝が短気な人だったらその場で斬捨御免になりそうな返事ですね。

しかし仏教に傾倒するだけあって、梁の皇帝は比較的穏やかな人でした。
(期待してた答えじゃなかったな)と(´・ω・`)な顔を浮かべた(※イメージです)皇帝に対し、大師も(この方とは話が合わなさそうだ。縁がなかったと思って諦めよう)と考え、その場を静かに去ります。

後に皇帝は「やっぱもうちょっといろいろ聞きたい! 大師を探せ!」と命じましたが、既に行方がわからなくなっており、再会は叶いませんでした。

その後、先述の北魏を訪れたようなのですが、そこで何をしたのかはよくわかっていません。北魏側の記録としても上記の通りあっさりしたものですから、多分政治中枢にいるような人物とは会っていないのでしょう。

スポンサーリンク

壁に向かって9年座禅したら手足がなくなった?

代わりに?嵩山少林寺(少林”武術”で有名なお寺。×少林寺拳法)に入り、その壁に向かって9年も座禅をしていたという伝説があります。そのため手足が壊死してしまい、まさに達磨人形のような状態になってしまったとも。

さすがに水や食事を全く摂っていないということはないでしょうから、誇張も含まれているでしょうね。ただ、毎日長時間座禅をしていたとすれば、手足に何らかの不調が現れてもおかしくはありません。そのため動きが制限されてしまったとか、寝たきりになってしまったというのが真相ではないでしょうか。

もっとも、これは「壁のように動じず、真理を見極める」という宗旨の翻訳ミスともいわれていますけども。やっちまったな。

ちなみに現代でも広州から少林寺まで高速道路でも18~19時間かかるそうなんですが、どのくらい日数がかかったんですかねえ。既に海を渡ってきてますから体力も覚悟もあったんでしょうけども、信仰の力ってすげえ。

弟子もまた仰天エピソード

ついでにいえば、達磨大師の弟子もドえらい根性を持っていました。
慧可(えか)という人で、既に出家していたものの悟りを開くことができず、苦しんだ末に少林寺へ来ていた達磨大師の元を訪れ、弟子入りさせてくださいと頼みに来たのです。

大師は弟子を取るつもりはなかったので、当初これを断りますが、慧可は慧可で何年も修行した上での結論ですから、そのくらいでは引っ込みませんでした。
なんとここで自分の腕を切り落として「私は利益や名声欲しさに言っているのではありません!」と豪語したのです。根性焼きってレベルじゃねーぞ!

さすがにこれには大師も仰天し、その度胸に免じて弟子入りを受け入れました。
その後切り落とした腕はどうしたんですかね。慧可はその後禅宗の高僧として名を伝えられていくのですが、そんな人の腕なら聖遺物的な扱いを受けていてもよさそうですけども。
「元から片腕がなかった」ともいわれているので、まあ美談は美談として受け取っておくのがいいですかね。

日本の臨済宗や曹洞宗などにつながる

そして禅宗はその後五つの宗派に分かれ、日本にもそのうちの臨済宗や曹洞宗が伝えられました。

同時に手足云々の逸話も伝わり、その姿をデフォルメして達磨人形が作られたそうです。上記の逸話からよくあんな可愛いらしいシルエットを考えたものですね。「手足のない人形」って言ったら普通ホラーな方向に行きそうですけども、他にもだるまストーブとかいろんなものの愛称に使われてますし。

江戸の商人「目をうまく描いてくれって、自分で描けや!」

だるまの人形(Wikipediaより)

スポンサーリンク

ちなみに目を描いて願掛けするのは江戸時代に始まった風習だそうです。
当時疱瘡で目をやられる人が多く、なぜか「目がキレイに描かれているだるまを持っていれば大丈夫」という都市伝説が生まれました。
当然ながらあまり上手に描けていないものは売れ残ることとなり、商人も職人も頭を抱えます。
そこで「じゃあ、お客さんに描いてもらうようにすればいいじゃん! 願掛けってことにすれば皆怒らないし!」というウルトラCな発想の転換をし、今日売られている目のないだるま人形になったとか。商魂たくましいというか何というか。
願掛けやお祈りというと「オカルトpgr」と感じる人もいるでしょうが、だるまのように目に見えるものがあると初心を思い出すきっかけになり、努力を続けやすくなって結果的に願いが叶うんでしょうね。
何か大きな目標があるときは、未来の自分を叱咤するために置いておくのもいいかもしれません。
長月 七紀・記
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/達磨
http://okiteweb.com/tradition/daruma.html





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 中国, アジア・中東
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.