日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アメリカ

11月29日は若草物語の作者の誕生日 そこで若草物語のあらすじをまとめてみました

更新日:

 

作家というとどんなイメージがあるでしょうか?
多分「頭が良い人」「穏やかな人」「気難しい人」あたりを連想する方が多いのではと思うのですが、彼ら・彼女らの中には作品イメージとは全くかけ離れた言動や活動をしている人もいます。
1832年(日本では江戸時代の天保三年)11月29日に誕生した、ルイザ・メイ・オルコットもその一人です。

Wikipediaより

「若草物語」の作者として有名ですね。

当時としては革新的な考え方を持った父親と、「こしょうのメイ家」と呼ばれるほど短気な人の多かった血筋の母親の両方から影響を受けて、ルイザもまた当時の女性としては一風変わった生涯を送りました。
幼少期はあまり裕福な暮らしではなく、引越しすることも多かったため、長じてからのルイザは臨時の教師や家政婦、家庭教師などいくつかの仕事と作家業を兼ねていた時期が長かったようです。
それでも16歳の時には雑誌に小説を掲載されていますから、やはり地頭の良さや文学的才能があったのでしょうね。

「若草物語」以外の作品 ご本人いわく「小さい子に読ませちゃだめ~」

「若草物語」がとても有名なので半ば以上忘れられてしまっていますが、彼女は全く違ったジャンルの小説もいくつか書いています。
中でも特徴的なのは「ポットボイラーズ」=「沸騰もの」と呼ばれる激情的な物語で、主人公がかつての出来事や関係人物に対して復讐するというテーマのものでした。
これだけでも「お、おう」という感じがしますが、ルイザ自ら「小さい子に読ませるものじゃないね」と言っているあたりがまた何とも。現代のレーティングでいえばPG-12くらいでしょうか。
若気の至りなのか激情振りが現れているのか……作風が幅広いってことでいいんですかね。
彼女の小説に女性を主人公としたものが多いのは、おそらくルイザ自身の経験を元にしたくだりが多いからかと思われます。
若草物語の主人公はマーチ家の四人姉妹ですが、次女・ジョー(ジョセフィン)がまさにルイザ自身だというのは有名な話ですよね。
ジョーがマーチ家の生活のために髪の毛を売るというエピソードもこれまた有名ですが、もしかするとルイザも同じことをした経験があったのかもしれません。ルイザの写真からするととても綺麗なブルネットですし、女性が(直接の労働力としては)男性ほどお金を稼げなかった時代ですから、いずれ伸びてくるであろう髪の毛がお金になるというのはとても合理的だったでしょうしね。

日本でも明智光秀の妻・煕子(ひろこ)など、髪を売った話は度々ありますので、珍しいことではないのですが。そう考えると、「髪は女の命」というフレーズは「髪は女の命(を助けてくれる)」という意味が入っているのかもしれませんねえ。

スポンサーリンク

若草物語4作のあらすじをまとめてみた

若草物語を読んだことがないという方もいらっしゃるかと思いますので、ここでこのシリーズについて簡単にお話しておきましょうか。
第四作からなるシリーズ物で、前述の通りマーチ家というアメリカ中流階級のとある一家を中心としたお話です。中流とはいえ、お手伝いさんがいる家なのでそこそこいいお家ではあります。

が、第一作となる「若草物語」は南北戦争中のお話のため、お父さんが徴兵されておりあまり裕福な暮らしではありません。物語は、クリスマス直前に主人公の四姉妹が「今年はプレゼントを用意できないわ」と愚痴りあうところから始まります。
こう書くとドロドロした女の戦いみたいなものを想像されてしまうかもしれませんが、作中ではあまり陰湿なイジメなどはありません。

四姉妹は上からマーガレット(メグ)、ジョセフィン(ジョー)、エリザベス(ベス)、エイミーという名前で、()内はニックネームです。
メグはいかにも長女らしいしっかりした女性で、家庭教師で一家の生計を助けています。ちなみに、続編では彼女が結婚するところから物語が始まります。リア充(ry
次女のジョーは女流作家を目指す男勝りの少女で、短気でしたが続編でそれを克服?し、幸せな結婚をしています。

三女のベスは病弱ですが心優しく、ピアノが得意な子です。一家の隣に住むローレンス老人が彼女の演奏を気に入り、「うちにはピアノがあるが、今は誰も弾かないので傷んでしまいそうで困っている」と言われてたびたびお邪魔するようになるといったほのぼのしたエピソードが描かれています。

エイミーはちょっとワガママですが、人に好かれやすいといういかにも末っ子気質な少女です。文学は苦手だが写生は得意、社交的で人付き合いが上手、とジョーとは正反対に近く、ケンカしている場面もたびたびあります。

他にも姉妹の母・ミセスマーチなどそれぞれのキャラクターがはっきりしているので、読んだことのある方はそれぞれお気に入りがいるのではないでしょうか。

物語は彼女らの日常生活について主に描かれます。偏屈な親戚のオバサンとのお付き合いだとか、エイミーが学校の先生とケンカしてその顛末を聞いた一家が憤慨するとか、割と穏やかな群像劇です。

どうでもいいですが、昔子供向けの訳書を読んだとき後者のエピソードで「お手伝いさんのハンナは、まるですり鉢の中にその先生がいるかのような勢いでジャガイモを潰しました」というように書かれていて、いろいろ衝撃を受けたことを覚えております。これ原文だとどういう文章になってるんですかね。
というかこのお手伝いさん、そこそこいいお年だったと思うんですけどこええ。

スポンサーリンク

生涯独身を貫く。その理由は?

ちなみにルイザはジョーとは違い、生涯結婚せず独身を通しています。

特に大きな失恋をしたとか男性嫌いであったというわけではないようなのですが、奴隷制廃止や女性の参政権など、人権に関することにも関心が高かったので、結婚して家庭に入るのは性に合わないと思っていたのでしょうか。
また、南北戦争中に腸チフス患者の世話をしていた際、よく使っていた塩化水銀によりゆっくりと水銀中毒が進み、体調を崩していたことも理由の一つだったかもしれません。
それでも創作活動を続けていたり、妹の遺児を引き取ったり、亡くなる二日前まで父親を見舞っていたりと、最期の最期までさまざまな方面に積極的な人でした。
私的なエピソードがあまり伝わっていないということは、普段はごくごく普通の女性だったのかもしれませんね。「普通」ってナニよ、と言われると困るのでやめろください。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wikiルイーザ・メイ・オルコット

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, アメリカ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.