日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

アリストテレスの授業を受けるアレクサンドロス/Wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 学者・医師

アリストテレスの名言と歴史に学ぶ 「不幸は、本当の友人でない者を明らかにする」

更新日:

紀元前322年の3月7日、哲学者として有名なアリストテレスが亡くなりました。アレクサンドロス大王の家庭教師だったことでもよく知られている人ですね。

彼に限らず、哲学者というのは肖像画や彫像の雰囲気から「いかにもおカタそうな人」「難しくて何言ってるかよくわからん人」というイメージがつきものですが、理論からではなく名言の類から入っていくと結構わかりやすかったりします。

まずはどんな一生を送った人なのか、ざっくり見ていくところから始めましょう。

アリストテレス

アリストテレス像/Wikipediaより引用

 

アテナにあるプラトンの学校へ進学

アリストテレスは、当時マケドニア(アレクサンドロス大王の国。詳しくは過去記事:アレキサンダー大王のデビュー戦で光る偉大な父王の戦術【その日、歴史が動いた】)の領土だったスタゲイロスという町に生まれました。父親がときのマケドニア王の待医をしていたそうで、元からマケドニアとは縁があったんですね。

おそらく順調に行けば父の後を継いで医者になったのでしょう。しかし、両親共にアリストテレスが物心つくか着かない頃に亡くなってしまったため、義理のお兄さんの支援を受けて生活したといわれています。
何せ紀元前の話ですし、当人があまり語りたがらなかったのか、ただ単にそんなヒマがなかったのか、この頃のことはあまりはっきりしません。

そして青年期を迎えたアリストテレスは、同じく哲学者として有名なプラトンが作った、アテナイ(アテネ)のアカデメイアという学校に入りました。ここで20年ほど学問に励み、プラトンにも認められてときには学生の指導にあたることもあったそうです。

 

スポンサーリンク

「ウチの息子に勉強教えて」byアレクの父ちゃん

しかし、お師匠様のプラトンが亡くなると、アリストテレスはアカデメイアを去りました。理由もこれまたはっきりしておらず、「プラトンの次の校長に選ばれなかったから」とか、あるいは「世情がマケドニアなど外国と縁のある人に冷たくなったから」とか、まあいろいろあります。
そんなこんなで、彼は身の振り方を考えなくてはいけませんでした。

ちょうどそこにマケドニアからの便りが届きます。「ウチの息子に勉強を教えてもらえないかい?」という、マケドニア王・フィリッポス2世からのお誘いでした。アレクサンドロス大王のトーチャンです。
当時アレクサンドロスは13歳、アリストテレスは37歳だったといわれていますし、学友も何人かいたようですので、ちょっと小規模な現代の中学校みたいな感じですね。

そして次代の王様を教育することになった彼は、自らが学んできた様々なことを教えていきます。弁論、文学、科学、医学など実に幅広い内容だったそうで、それについていったアレクサンドロスたちの優秀さと根性がうかがえますね。

アリストテレスの授業を受けるアレクサンドロス/Wikipediaより引用

アリストテレスの授業を受けるアレクサンドロス/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

教え子が王様になってからは学校を作ったりしていたが

アレクサンドロスが即位してからは、アテナイへ戻って新たに「リュケイオン」という学校を作りました。
王様が弟子ということで、予算や土地も引き出しやすかったんでしょうね。正しいコネの使い方といえましょうか。

ここでもアリストテレスは学問と教育に励み、歩き回りながら議論を重ねるというスタイルから、彼の学派を「逍遥学派」と呼ぶようになりました。「逍遥(しょうよう)」とは気ままに歩き回ることという意味です。
現代の作家さんでも「ネタに詰まったら散歩する」という人は多いですから、外の空気や歩くリズムなどが何かしら脳みそに良い影響を与えるんでしょうね。

現代だったら本を出してバカ売れ(死語)になったりしてラクな生活ができそうなものですが、あいにくアリストテレスの晩年はあまり幸福なものではなかったようです。
というのも、アレクサンドロスが彼より先に亡くなってしまった上、その後のアテナイではまたしてもマケドニア人や関係する人々への風当たりが強くなってしまったのでした。
そのためアリストテレスは再びアテナイを去り、母の故郷だったカルキス(現ギリシャ・ハルキダ)に腰を落ち着けました。現代の道路だと車で一時間くらいの距離だそうですが、当時は全く違う土地だったんでしょうね。

彼の交通手段が何だったかまではさすがにわからないのですが、既に60歳を越えたアリストテレスにこの旅は堪えたらしく、カルキスに行った翌年には亡くなっています。毒を飲んで自害したともいわれていますが、どうだったやら。

アレクサンドロス帝国の最大版図/Wikipediaより引用

アレクサンドロス帝国の最大版図/Wikipediaより引用

 

前田利家も似たようなことを言ってた気が

ざっくりの割に長くなりましたが、それでは現代人にも役立ちそうなアリストテレスの名言を拾ってみましょう。
といっても、上記の通り彼の学問は幅が広すぎるので、ここは一つキーワードを絞ってみました。

「友人」です。

「人生はチャンスと変化に富んでいる。
そして最も栄えているときに、人は大きな不幸に見舞われる。
不幸は、本当の友人でない者を明らかにする」

これ、前田利家も似たようなこと言ってましたね。
苦しいときも助け合えるような人こそ真の友人であるから、大切にしなくてはいけません。
逆に言えば、うまくいっているときだけ擦り寄ってくるようなのは深く付き合う必要はないということですね。

「自分が友達に望んでいる通りに、友達には振る舞わねばならぬ」

”情けは人のためならず”とほぼ同義でしょうか。
聖書にも似たような文言があった気がするんですが、スイマセン忘れました。

友達って成長するにつれて作りにくくなるものですけども、この辺の名言と「量より質」を合わせて考えてみると、やたらたくさんいるように見えても実は知人レベル……ということが多いのかもしれませんね。
良い友人を得るために、自分自身も良い人になりたいものです。

……やべえ真面目すぎてオチがつかない。すげえやアリストテレス。

 

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:アリストテレス/Wikipedia アリストテレスの名言/癒やしツアー

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 学者・医師

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.