日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 作家

アガサ・クリスティ そして失踪の真実は闇の中へ消えた

更新日:

 

芸術家には変わった人が多いと言われますが、常人とは変わった思考を持っているからこそ、すばらしい作品を生み出せるのでしょう。
しかし、それが作品から飛び出て現実の行動にまで表れてしまうと、「ハァ?」みたいな反応をされてしまうのもまた事実。
本日は、たぶんその一例と思われる、とある作家のお話です。

1890年(明治二十三年)9月15日は、ミステリー作家として有名なアガサ・クリスティが誕生しました。

この人の名前を知らなくても、エルキュール・ポアロやミス・マープルなど、彼女が生み出した探偵の名前をご存知の方は多いでしょうね。
個人的にはパーカー・パイン氏が好きです。イイ性格で。

また、「そして誰もいなくなった」や「アクロイド殺し」などのトリックには「そういうことかああああああ」と諸々の面で衝撃を受けた人が多いでしょう。
よくあのような仕組みを思いつくものですが、もしかしたら、それはアガサ自身の生い立ちが大きく関係していたのかもしれません。

イギリスのTorquayにあるアガサ・クリスティの銘板/wikipediaより引用

 

母親の意味不明な方針で、七歳まで読み書きできず

アガサはイギリスのそこそこいい家に生まれ、そして小さい頃は少し変わった教育を受けていました。
母親がなぜか「七歳までは文字を書けないほうがいい」と思い込み、ずっと読み書きを教えてもらえなかったのです。

当然のことながら幼稚園や学校には通っておらず、七歳を過ぎてもなかなか読み書きを覚えられなかったようで、しばらく難儀。
そのうち父親が不憫に思ったらしく、手紙を書かせたり本を読ませたりして、ようやく人並みになったとか。

そして、ずっと学校に通わなかったため、性格はどんどん内気になってしまいました。使用人たちと遊んでいたらしいので、人見知りする質ではなかったようですが。
それでも後年「幸せな子供時代だった」と言っているので、本人としては満足だったのかもしれません。

11歳のときに父が亡くなり、女学校で教養を身につけた後、大きな出会いがアガサに訪れました。母親を療養させるため、エジプトへ行くことになったのです。
「なんで砂漠だらけの国で療養?」と思われるかもしれませんが、当時のイギリスにとってエジプトは「暖かくて保養に良い」とされていたからのようです。
ということは富裕層がバカンスに訪れることも多いわけで、年頃になったアガサのお婿さん探しにも最適というわけでした。

 

スポンサーリンク

トルコやイラクにはじまり中国、日本まで

しかし、ここで得た出会いは異性ではなく、アジアや中東地域への関心でした。

ちょうどエジプト行きの少し前から小説を書くようになっていたアガサには、イギリスやフランスとは全く違う風土や人々、文物が大きな刺激になったようです。
すぐには魅力がわからなかったものの、その後アガサは一人でイスタンブールやバグダードといった中近東の都市へ出かけるようになり、作品にも度々このあたりの文物が出てきます。
その延長なのか、日本や中国に関する単語もいくつか出てきていますね。さすがに東アジアまで来たことはありませんが。

また、第一次世界大戦中に薬剤師の助手として働いていたとき、毒薬について知る機会があり、これも作品中に活かされていくことになります。
ミステリー作家として本格的にデビューしたのはその後のこと。有名になったのはさらに数年後、「アクロイド殺し」が話題になったからでした。

というのも、この作品のトリックがあまりにも斬新過ぎたため、ミステリーファンの間で「そんなのずるいだろ!」「いやいや、今までなかっただけでこういうのもアリじゃん」といった大論争が起きたのです。
でも、新しいトリックを考えないとミステリー小説はほとんど模倣品になっちゃいますからねえ。難しいところです。

 

スポンサーリンク

36歳で謎の失踪! 母の死?夫の浮気?果たしてその原因は?

さて、アガサ・クリスティにはミステリー作家ということの他に、もう一つ有名なことがあります。
ちょうど「アクロイド殺し」が発表されたのと同じ年、36歳のときに謎の失踪をしているのです。

原因は当時の夫が浮気をしていたからだとか、この年に母親を亡くしたからだとかいろいろいわれていますが、アガサ本人が真相を語らなかったために、今も詳細は不明のまま。
マスコミが事の経緯を何としても聞き出そうと、執拗にアガサへ取材をしようと迫ったため、かえって真相を明かすのが嫌になってしまったのかもしれません。

また、一般の人々も「これだけ世間を騒がせておいて謝りもしないのか」「捜索したほうの身にもなってみろ」といった罵詈雑言を浴びせたとか。

……現代の日本でもこういう話は度々ありますが、別に直接損害を受けたわけでもない人がギャーギャー言うのは大人気ないですよね。使用人や家族、捜査班の方ならともかく。
マスコミは連日ネタに困らなくて、むしろ助かったんじゃないでしょうか。あーやだやだ。
そもそも見つかったばかりのアガサは記憶もはっきりせず、体調が優れない様子だったともいわれていますので、せめて回復まで待てと。

 

外国の作家で「缶詰執筆」ってあるんですかね

アガサが見つかったのはハロゲイトという温泉地のホテルでした。
失踪していた期間もわずか11日間ですから、本当は単純に、誰にも知られずに静かなところでゆっくりしたかっただけなのかもしれませんね。

作家+ホテルといえば締め切り間際の”缶詰”が連想されますけども、アガサはミステリーだけでなく恋愛小説や戯曲、自伝など、生涯で200作以上も書いていた人ですから、そんな状況ではなかったでしょう。
そもそも外国にこういう意味での「缶詰」ってあるんですかね。教えてエ□い人。

この事件をきっかけとして、アガサは大のマスコミ嫌いになってしまうのですが、そうさせたのは誰だという話ですね。

アガサはこの後離婚と再婚をします。しかし、もしも新しい夫の他に、彼女を元気付けてくれるような人がたくさんいたら、真相を語るか、ドコかに書き残すくらいはしていたかもしれません。

その機会を踏み潰したのは、一体誰なんでしょうねえ。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:アガサ・クリスティ/wikipedia

 

 





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 作家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.