まんが日本史ブギウギ

明徳三年ついに南北合一!そのとき義満は……【日本史ブギウギ】

有力守護に対して、次々に老獪な一手を指し、足場を固めていく足利義満

かような軍事&調略のみならず、文化、技術、勘合貿易と。
あらゆるジャンルで才能を発揮していくが、政治的に最大の功績と言ったら、やはり南北朝の統一であろう。

南朝をいかに取り込むか。
北朝のはそこに不満はないのか。

明徳三年(1392年)。
南北合一に至るまでの……マンガ「日本史ブギウギ」、第124話スタート!

 

南北合一

 

語り部

 

和平派天皇

 

平尾合戦

 

氏清の活躍

 

山名の行く末

問題です。

Q.こちら後小松天皇と仲良くしている女性は【誰の母】でしょう?

ヒント→足利義満と知恵合戦を繰り広げる、アニメの主人公モデルとして著名な人物です

 

四代目

 

予告編

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)