歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた アメリカ

アメリカ独立戦争を決定づけた「ヨークタウンの戦い」 この地名が今も輝く理由

更新日:

 

特に日本史が好きではない人でも、覚えている単語ってありますよね。織田信長の名を全く知らない日本人はいないでしょうし。
そういったことは、日本に限らず他の国でもままあるようです。
本日は海の向こうのあの国にとって、日本史にとっての信長と同様と思われる、とある単語のお話です。

1781年(日本では江戸時代・天明元年)9月28日は、アメリカ独立戦争の実質的な最後の戦闘である「ヨークタウンの戦い」が始まった日です。
「最初から」ならぬ「いきなり」クライマックスの話をするのもなんかむずがゆいので、独立戦争の背景を少しお話しましょう。

tomorroweye41

【TOP画像】コーンウォリスの降伏(ヨークタウンの戦い)/wikipediaより引用

 

イギリスの力を削ぎたい国(フランス)が味方になり

他の植民地とアメリカが異なっていたのは、主な住民が元イギリス人だったことでした。乱暴に言えば、アメリカ独立戦争とは、身内同士の争いでもあったわけです。
となると他国から見ればつけ込む絶好のチャンスですよね。

そのため、ヨーロッパ諸国は独立を目指すアメリカ軍についた国も、イギリスについた国もありました。
主な判断基準は「イギリスの力を削ぎたい」なら前者、「自分のところの植民地が同じように考えたら困る」なら後者だったと考えていいかと。

アメリカに味方した国の筆頭は(やっぱり)フランスでした。
そんなわけで、ヨークタウンの戦いでも、アメリカ・フランス連合軍vsイギリス軍という構図になったのです。

ヨークタウンの戦い直前ではイギリス軍がニューヨーク近辺を手に入れており、アメリカ・フランス連合軍はこれを取り返すため、ヨークタウンでの戦闘を企図しました。
ニューヨークはまだアメリカの中心都市ではなく、一時はイギリスの支配下に入っていたのですが、発展に伴ってやはり重要性が増したため戦場になったのです。

 

スポンサーリンク

援軍の到着前に食料・弾薬が尽きたイギリス

ヨークタウンの戦いの前哨戦にあたる「チェサピーク湾の海戦」は、近代史におけるイギリス海軍唯一の敗北といわれています。もうこの時点でフラグ立ってますね。

そんな流れで陸戦が始まったものの、いざヨークタウンで戦闘が始まると、「じりじりと迫り来るアメリカ・フランス連合軍&援軍が遅れまくるイギリス軍」という、まさにイヤな予感通りの展開に進んでいきました。アチャー(ノ∀`)

結果としてイギリス軍は援軍到着の前に食料・弾薬が底を突く寸前になり、指揮官チャールズ・コーンウォリスは降伏を選びました。
そして、アメリカの独立もこのときほぼ確定しています。コーンウォリスが下ったということは、「宗主国の人間が植民地(+α)の人間に屈した」ことになるわけですからね。
同時代のアメリカの画家であるジョン・トランブルの絵では、コーンウォリスは全然屈してないというか「今回は見逃してやるぜ」みたいな感じに見えますけども(※個人の感想です/その様子を現したのがTOP画像の絵画)。

 

日本で言えば関ヶ原とか函館あたり?

そんなわけで、「ヨークタウン」という地名はアメリカにとって独立を(ほぼ)勝ち取った輝かしい地名として刻まれました。
第二次世界大戦時には「ヨークタウン級」として航空母艦(空母)の等級になっていますし、そのものズバリな「ヨークタウン」という空母もありました。
日本でいえば、関が原とか函館あたりですかね。日本の慣習的に、都市の名前や平地の名前はつけないでしょうけども。

ヨークタウン級航空母艦(空母)/wikipediaより引用

 

ただ、ややこしいことに、同じ第二次世界大戦中、上記の空母ヨークタウンが沈んだ後、別の空母を「ヨークタウン」に改名したこともあります。日本の感覚だと沈んだ船の名前をすぐにまた使うということはほぼありませんが、アメリカでは追悼の一つとしてままあることのようで。
後輩の空母ヨークタウンは、現在サウスカロライナ州で展示されています。グーグルマップでも外観を見られますので、この手のものがお好きな方はぜひ。
意外と新しく見えますが、1970年代までちょくちょく仕事をしていた=整備もされていたからでしょうね。

近年ではタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦のひとつにヨークタウンという名前がつけられていましたが、これも既に退役済みです。同じ名前の船としては五隻めだそうで、アメリカ人の執念というか思い入れが伺える気がします。

某これくしょんにもいずれ、空母のほうが出てきそうですね。ゲームの世界観が関わってきそうなので、どっちに転ぶかわかりませんが。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:

 

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-その日、歴史が動いた, アメリカ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.