日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アメリカ 女性

西部開拓時代の有名ガンマン 一人はビリー・ザ・キッドでもう一人はなんと女性!?

更新日:

 

小説や映画・ドラマだと、歴史を元ネタにした定番ネタありますよね。日本で言えば「年末に忠臣蔵」とか。最近はそうでもないですが。
本日は海外のそんなネタになった、とある時代のお話です。

1859年(日本では幕末・安政六年)11月23日は、西部開拓時代のガンマンとして有名なビリー・ザ・キッドが誕生した日です。

西部劇の主人公っぽい人物を連想していただければ何となくイメージがつくかと思いますが、まずは「西部開拓時代」という時代のことを少しお話しましょう。

 

金を求めて人が急増 アウトローの代表・ガンマンが発生した

西部開拓時代とは、だいたい1860年代~1890年代くらいの時期をさします。
1848年にカリフォルニアで金鉱が見つかり、文字通り一山当てようとした人々が集まって「ゴールドラッシュ」が開始、アメリカでは人の往来が急増しました。
南北戦争や大陸横断鉄道の開通、世界中からの移民が押し寄せたりなど、この時期は、アメリカの歴史における主要な出来事が数多く起きております。
また、負の面に注目しますと、白人の移動によってインディアンの虐殺が頻発していた時代でもありました。

現地では「ネイティブ・アメリカン」という言い方を差別的だと感じる方もいるそうなので、当コーナーでは「インディアン」で統一しています。
部族にもよるようですが、自ら「インディアン」と名乗る人たちもいるそうなので、どれが差別的なのかそうでないのかというのは難しいところですね。「先住民」も蔑称に感じる人がいますし。

というわけで次々にアメリカへ人が流れ、となれば悪い奴が出てくるのも必然。それがアウトローと呼ばれる無法者たちでした。当時のアメリカでは法律が行き届いていたわけでもないので、微妙に違う気もしますが、こまけえこたあいいんだよ。
アウトローの代表例が「ガンマン」です。この呼び名だとカッコイイですが、現実のガンマンは連続殺人犯といったほうが近い気もします。

 

スポンサーリンク

NY生まれ、アウトロー育ち

ガンマンの一人がビリー・ザ・キッドです。彼はニューヨークで生まれ、ニューメキシコ州で育ったといわれています。
本名はウィリアム・ヘンリー・マッカーティ・ジュニアといい、10代前半でアウトローになり、アリゾナ・テキサス・メキシコといったアメリカ南部で強盗や殺人をしていました。
……ここだけ見たら完全にただの犯罪者なんですが、射撃の腕前と顔の良さでヒーロー扱いになっているような気ががが。

1880年に保安官に捕まり、翌年4月に脱走。その三ヶ月後にニューメキシコ州で闇討ちに遭って殺されました。

「21人を殺して21歳で殺されたガンマン」ということになってますが、殺害人数やその他の逸話は真偽が怪しいとか。ただ、馬上から鳥を撃ち落としたり、上に向かって投げた空き缶が地面に落ちるまでの間に六発弾を当てたなどは証言があったそうなので、事実でしょうね。
近年でも写真が億単位で落札されるほど、人気のある「ならず者」の一人です。

ビリー・ザ・キッド/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

インディアンとの戦争で斥候を担った女性ガンマン

同世代のガンマンとして、「カラミティ・ジェーン」と呼ばれた女性もいます。
女性なのにガン”マン”というのも妙に感じますが、英語で”gunman”だと性別関係なく「銃の名手」らしいのでこのままでいいでしょう。

カラミティ・ジェーンの本名はマーサ・ジェーン・カナリー。
6人きょうだいの長女で、一家揃ってあっちこっち転居を重ねているうちに両親が亡くなってしまい、弟や妹達を養うために、飲食店での下働きや看護婦、牛飼いなど何でもやっていたのだとか。絵に描いたような不幸&苦労ぶりですね。

そんな生活だったので正規の教育は受けられなかったのですが、最低限の読み書きができたからか、軍のお偉いさんに認められてインディアンとの戦争における斥候(スパイ)として働きはじめます。
同時に男装も始めていて、写真を見るとなかなかサマになっていますね。

カラミティ・ジェーンさん。男性にしか見えない気が……/Wikipediaより引用

 

彼女を雇ったお偉いさんの名については、彼女の証言がアテにならないためはっきりしていません。
自伝では他の凄腕ガンマンと結婚していたとかいなかったとか、エライ将軍に目をかけられていたとかいろいろ書いているので、いっそ作家になったほうがよかったんじゃないかという気がします。

二人ともいつ銃を扱い始めたのか、どこで手に入れたのかなど詳しいことがわからないのですが、アメリカが当初から銃社会だったために、かえって記録に残らなかったのでしょうね。
そう考えるとぞっとしない話です。

一昔前は毎週のようにどこかのチャンネルでやっていた西部劇。最近あまり見かけないのは、そういった理由が影響しているのでしょうかね。

それとも単に誰も興味がなくて見なくなったとか……。

スポンサーリンク

長月 七紀・記
参考:ビリー・ザ・キッド/Wikipedia カラミティ・ジェーン/Wikipedia 西部開拓時代/Wikipedia

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, アメリカ, 女性

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.