日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代 WWⅡ

戦艦武蔵は発見されたが…… 「大和」は長崎県南方の海底で眠り、「信濃」と「畝傍(うねび)」は行方不明

更新日:

歴史は基本的に過去を調べるものではありますが、現在も作られ続けるものでもあります。

昨年の2015年3月2日に、旧海軍の戦艦・武蔵の沈没地点が発見されたとき、そのように感じた人も多かったのではないでしょうか。長い間「この辺だろう」といわれていたにもかかわらず、はっきり見つかっていませんでしたからね。

3日としている記述もありますが、2日に発見・3日に公式発表だったようなので、当コーナーでは2日のこととして進めさせていただきます。

※ポール・アレン氏が発見した、海底で眠る戦艦武蔵

 

ポール・アレン氏の財力と根性で発見!

武蔵といえば、ミリタリーファンでなくてもなんとなく聞いたことがあるような、旧海軍でも有名な船ですよね。 現在沈んでいるのは、日本の領内ではなくフィリピンの内側にあるシブヤン海。 皆さまお察しの通り、武蔵、最期の戦いが、フィリピン近海で行われたからです。 沈んでいるポイントは、武蔵の乗員を救出した船の記録や、乗務員による記録、地元民の口伝など、複数の説がありました。どれも大きく離れてはいませんでしたが、この海域は潮の流れが早く、なかなか特定できていなかったのです。 発見したポール・アレン氏ほどのお金と根性がなければ、たぶんずっと見つからなかいまま眠っていたのでしょうね。 今も引き上げるかどうかという話が出ているようですが、費用や保存のことを考えると、おそらくそのままになるのではないでしょうか。 武蔵の姉妹艦・大和をはじめ、大多数の船が沈没地点から少しずれた位置に眠っています。


※こちらがポール・アレン氏のツイート。カタパルトについて日本語で記されたマニュアルらしきものが映っている

スポンサーリンク

戦時中、武蔵と大和の存在は明かされていなかった

大和といえば某宇宙戦艦なアニメですが、あれが作られた当時、元ネタの大和の沈没地点は不明だったのだそうで。製作中か制作後に見つかって、スタッフがハンケチを噛むような思いをした……なんて、ホントかウソかわからない話もありますね。

大和は今、日本の領海内である長崎県男女群島の南方に沈んでいます。
こちらもやはり引き上げるかどうかという話が出ましたが、大きさと費用の面から立ち消えになりました。
その代わり?に、旧海軍の施設が多かった場所であり、大和が建造された呉市に、大和ミュージアムこと「呉市海事歴史科学館」が作られています。
この例にならうとしたら、武蔵の引き上げができなくても、武蔵と縁が深い長崎に記念施設が作られるかもしれません。

他にも、沈没地点がはっきりしている船はいくつかあります。
同じ戦艦でいくと、長門と陸奥でしょうか。
実は戦時中、国民には大和と武蔵の存在は知らされておらず、「日本軍の戦艦」といえば長門と陸奥でした。この二隻も姉妹艦です。

日本海軍を代表する戦艦大和/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

長門の最期はアメリカの核実験だった……

長門は、運用コストの高さや、その他諸々の理由であまり戦闘をさせてもらえず、終戦まで生き延びました。それが祟って、戦後太平洋のど真ん中でアメリカの核実験に使われてしまっています。
しかし、アメリカの監視がある時間帯にはかろうじて浮いており、監視がない深夜にひっそり沈んでいったのだとか。
船体に触れることはできませんが、すぐ近くまでダイビングできるため、人気スポットになっているそうですよ。

陸奥は、広島湾・柱島に停泊中、謎の爆発を起こし、やはりあまり戦闘をしないまま沈んでしまいました。
今でも原因はわかっていませんが、シゴキに耐え切れなかった乗員の手によるもの……という説もあります。
それなら船を沈めるより上官の寝床をどうにかしたほうが良かったんじゃないですかね。船を沈めると被害がデカすぎますが、上官はまた新しい人が来ますし。何より、シゴキをしてるのは上の人であって船じゃないですし。

船は沈んだら終わり……というイメージが強いですが、実は「沈んでから引き上げられて再利用された船」というのも、複数あります。

長門、勇壮な姿をしております/wikipediaより引用

 

海底から引き上げられ、再利用された「梨」と「三笠」

日本の例では、以下の二つが有名です。

・駆逐艦「梨」→警備艇「わかば」

駆逐艦「梨」は、1945年7月下旬に一度山口県で沈みました。
それから約9年後、船体の鉄を利用するため民間の会社によって引き上げられたところ、予想よりも状態が良かったので、「なら、もう一回使うわ」(超訳)と防衛庁が買い取っています。
「わかば」と名を改め、海上自衛隊の警備艇として使われました。1971年にはお役目も終えて解体されました。

・戦艦「三笠」→三笠公園記念艦

旧海軍の船で、唯一そのままの形で残っているものです。今は神奈川県の三笠公園で記念「艦」になっています。
日清戦争後、日本は海軍の拡張を計画しましたが、その時点ではまだ戦艦の建造技術がなかったため、イギリスの会社に発注しました。

日露戦争では連合艦隊旗艦(戦闘に参加する全ての船のリーダーみたいなもの)を務めています。クライマックス・日本海海戦の指揮を執る東郷平八郎たちの有名な絵がありますが、あれは三笠の船上を描いたものです。

しかし日露戦争後に爆発事故を起こしたため前線から退き、警備活動に従事することになりました。さらに、関東大震災によって大きな被害を受けたため、そのまま廃艦になっています。
当時は軍縮条約で修理が難しいと考えられていましたが、三笠は連合艦隊旗艦=国の顔という面があったため、国民の人気も高く「戦闘に参加できないようなレベルの修理ならおk」という条件付きで修理されています。

その後、戦後に日本人からすると(#^ω^)な感じにされたりもしましたが、砲塔なども復元され、記念艦として保存されることが決まり、現在に至ります。
東郷平八郎が歩いた床板はそのまま残っているそうですよ。

こんな感じで、旧海軍の船はそれぞれの最期を迎えました。
しかし、旧海軍の船の中には、未だに所在がはっきりしないものもいくつかあります。

三笠はこの絵でよく知られてますね/wikipediaより引用

 

消えた「信濃」と「畝傍」……ドコへ行ったのか

代表例は「信濃」と「畝傍(うねび)」です。
前者は日本海溝付近に沈んでいるとみられていますが、あまりにも深いため捜索が進んでいません。いつか深海に耐えうる調査船などが開発されたら、調査が進むかもしれません。

後者については、そもそもいつどこに行ってしまったのかが全くわからなくなっています。バミューダ・トライアングルを思わせる話ですが、最後に確認されたのは南シナ海あたりなので、海域のせいではなさそうです。
その近辺で他に行方不明になった船もないあたりが、より一層謎に拍車をかけますね。

しかし、沈没場所が見つかれば見つかったで、アレな業者の手によって不当に分解されてただの鉄(!)として使われたりもするので、見つからなくてもいいのかもしれません。かのタイタニック号も、沈没地点をはっきり公開したがために荒らされてしまったそうですから。

特に、乗員と共に沈んだ場合は、静かに眠っていたほうが……という気がしないでもないです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:武蔵_(戦艦)/wikipedia 大和_(戦艦)/wikipedia 三笠_(戦艦)/wikipedia

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代, WWⅡ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.