日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

ローマ その日、歴史が動いた

ローマきっての暴君・カリグラ 彼は本当にただ乱暴なだけの人物だったのか?

更新日:

人を評価するのって難しいですよね。

遥かに年の離れた人や、歴史上の人物を評するときはなおさら。本日はその一例になっていそうな、とある君主のお話です。

37年3月16日は、カリグラがローマ皇帝に即位した日です。

帝政ローマの三代めの皇帝ですが、同時にローマきっての暴君としてもよく知られています。
しかし、彼の生涯を追いかけてみると、「ただ乱暴なだけの人というのも違う」ような感があります。

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館所蔵のカリグラ像/wikipediaより引用

 

通称の元ネタは「小さな靴を履いた可愛い少年」

彼は、ローマの軍人であるゲルマニクスの息子として生まれました。
父に従って幼い頃から戦場に行っており、子供用サイズの装備をつけて、陣中に和やかな雰囲気を生み出していたとか。
「カリグラ」という通称も、このとき「小さな靴を履いた可愛い少年」という意味でつけられたものなのだそうです。大きくなってからは本人は嫌がっていたようですけれどね。
まあ、人間でいえば中年になっても親戚の人に「○○ちゃん」とか小さい時のあだ名で呼ばれるようなものですから、気持ちはわからなくもありません。

しかし、カリグラ7歳のときに父が亡くなると、一家の運気は傾き始めます。
カリグラの母や兄が、時の皇帝・ティベリウスに疎まれて、追放されてしまったのです。

まだ幼かったカリグラと妹たちは、曾祖母や祖母に預けられながら、人質のような生活を送ります。
そのまま母や兄は追放先で亡くなり、カリグラと再会することはできませんでした。

母と兄の遺灰を先祖の墓に安置するカリグラ/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

若くて強い皇帝は当初歓迎された

皇帝・ティベリウスは途中で随分と気変わりしたらしく、カリグラが18歳になると、手元に置くようになりました。
カリグラからすれば屈辱だったでしょうが、若いうちに皇帝に気に入られたことで、ティベリウスの後継者と目されるようになっていきます。
おそらくそれを意識していたからこそ、母や兄の仇ともいえるティベリウスの側でカリグラもおとなしくしていたのでしょう。この間に最初の結婚をしているのですが、相手の女性がすぐに出産で亡くなっており、私生活でも暗い時代でした。

ティベリウスが亡くなったとき、カリグラは真っ先に後継者として認められたことで、その忍耐は報われます。
ティベリウスの晩年が暗い時代だったことや、カリグラの父・ゲルマニクスの人気が高かったことから、「若く強い皇帝」の即位が歓迎されたのです。
市民はもちろん、場合によっては皇帝を暗殺することもある親衛隊たち、皇帝と対立するのがお決まりの元老院(内閣みたいなもの)などにも期待されていました。

また、かつて「カリグラ」と呼び始めた兵士たちも、彼の即位を熱烈に歓迎したようです。
「あのちびっこいのが立派になって(`;ω;´)」みたいな感じでしょうか。

ときにカリグラは25歳。心身ともに若々しい皇帝の誕生でした。

 

スポンサーリンク

皇帝になり、いつしか奇怪な言動が始まった

本当はティベリウスの孫と共同統治になるはずだったのですが、初代皇帝・アウグストゥスの血縁であるカリグラの存在感は圧倒的でした。事実上、彼だけが皇帝といっても過言ではない状態だったようです。

即位からしばらくの間、カリグラはとても寛容な政策を布きました。
兵士にボーナスを出したり、ティベリウスの時代に捕まっていた政治犯に恩赦を与えたり、同じく先代が禁じていた剣闘士試合を復活させたりと、どれも民衆を喜ばせる政策を実行しております。
また、無念を抱えたまま亡くなった母や兄の遺骨を引き取り、アウグストゥス廟という霊廟に安置していました。本当は、生きて再会したかったでしょうね……。

しかし、いつの頃からか、カリグラは奇怪な言動をし始めます。

自らを「神」と称するのはまぁ「為政者あるある」ですが、一人でなにもないところに話しかけては、側近に「今、女神と話していたところなのだが、お前たちには見えるか?」と無茶振りをするなど、明らかに異常が認められたのです。
もしかすると、本当に神が見えていたのかもしれませんが……その辺は後世の我々にはわかりませんね。
一度大きな病気をしたことがきっかけで、不眠症になり、精神的に不安定になっていた……というのが一番現実的でしょうか。

カリグラにより重税から解き放ったことを祝うために発行されたコイン/wikipediaより引用

 

彼を見下ろしたら、どんな理由であれ死罪なり

他にも、忠実な側近を崖から突き落として殺すなどの暴挙を働いたため、どんどん人心が離れていってしまいました。

カリグラを「暴君」とする逸話は、おそらくこのあたりの出来事をさらに脚色したものでしょう。詳しく書くとR18な感じになってしまうので、ご興味のある向きは各自お調べください。

問題なさそうなところでいくと、カリグラの外見を評した文章としてこんなものがあります。
たぶん、そのまま載せたほうがいろいろと想像がつきやすいと思うので、創元社さんの「ローマ皇帝歴代誌」から訳を引用させていただきますね。

カリグラ帝は非常に背が高く、肌は極端に青白く、不格好な体つきをしていた。
首と足はとても細く、目とこめかみはくぼみ、額は不気味なほど広かった。
体は毛深かったが、髪は薄く、頭頂部は完全にはげていた。
そのため、歩いている彼を高い場所から見下ろすのは、どんな理由があっても死に値する罪とされた【ローマ皇帝歴代誌(創元社)より引用】

前半の三段オチのようなけなしぶりに加えて、後半では頭髪のせいでバカにされまくる、という実にひどい評価です。この文章はカリグラの死後数十年後に書かれたものなので、鵜呑みにはできないのですけれども。
たぶんカリグラの狭量さを伝えるためにこのような文章にしたのだと思われますが、「死罪にしたくなるほどバカにしてくる輩がいたんじゃないか」と思ってしまいますね。

 

守ってくれるはずの親衛隊に虐殺される

何はともあれ、こんなことをずっと続けていれば、皇帝としての資質が疑われるのも当然のこと。
即位からたった3年めに、カリグラは芝居見物をしに出かけた先で、自分を守ってくれるはずの親衛隊に殺されてしまいました。
この殺し方も割とドギツいのでここでは省略しますが、この短期間にこんなことをされるほど恨みを買うというのは、やはりそれ相応のことをしてしまっていたのだろう……と思えるものです。
可哀想に、カリグラの妻も幼い娘も悲惨な方法で殺されてしまっています。こういうときに「女子供だから」といって助けると遺恨を残しますから、合理的ではありますけどね……。

カリグラが一般的に「暴君」といわれているのは、言動が不安定になってしまった時期のことだけを切り取って、強調・批判している歴史書がとても多いことによるものです。
まあ、たった数年しか在位していなかったのに、こんな強烈なことを連発していたら、そこだけが語り伝えられるのも無理はないですけれども。
その辺は、一昔前の織田信長像と似ている気がします。

今後、カリグラの施政に関する新たな資料が見つかれば、また評価が変わってくるかもしれませんね。

カリグラ、ついに暗殺される/wikipediaより引用

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:カリグラ/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-ローマ, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.