日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

ローマ その日、歴史が動いた

コンモドゥスは賢帝愚息の典型か? 暗殺に怯え、そして、暗殺に散った武人の評価

更新日:

 

日本では「世襲=悪」というイメージが強いですよね。
「親の七光り」でまるでダメな人物が跡を継いでしまったり、周囲に迷惑をかけたり。実際、マイナスな事例が多いからこそ、そのような印象が定着してしまうのでしょう。
本日はヨーロッパのあの帝国における、そんな感じの君主をご紹介します。

161年8月31日は、ローマ皇帝・コンモドゥスが誕生した日です。

まず間違いなく、この人よりも父親のほうが有名でしょう。
彼の父は、五賢帝の最後の一人、マルクス・アウレリウス・アントニヌスです。「自省録」を書いた「哲人皇帝」として、世界史の授業でも覚えさせられるあの人……の息子です。

賢帝の息子となれば、コンモドゥスもさぞかし優秀だったのだろうと思ってしまいますが、なんとも言いがたいところがあります。

【TOP画像】コンモドゥス/wikipediaより引用

 

白内障の手術も手がけた名医に看られ

コンモドゥスは幼少の頃、あまり体が丈夫ではなかったようです。
彼の兄が早世したこともあって、父はコンモドゥスを死なせまいと、当時最高の医師であるガレノスをつけました。
ガレノスはヨーロッパやイスラム世界の医学の祖とされる医師の一人で、この時代に白内障の手術をやったこともある人です。すごい(小並感)

彼のおかげで生き延びたコンモドゥスは、父から皇帝としての心得などを教わって成長していきました。
これによって文人的な性格が強くなったといわれているのですが、11歳のときに父の副官としてマルコマンニ戦争にも参加しているので、文武両道というほうが近いですかね。

マルコマンニ戦争とは、当時ローマ帝国の勢力圏ギリギリだった中欧の諸民族との戦争です。
この戦争の間に父が健康を害したため、共同皇帝になりましたが、その他にも戦地である「ゲルマニクス」(ドイツ周辺の古名)を称号にもらったりしているので、何らかの戦功はあったと思われます。

そして19歳のとき父が亡くなり、コンモドゥスが正式に単独の皇帝となりました。

少年時代のコンモドゥス/wikipediaより引用

少年時代のコンモドゥス/wikipediaより引用

スポンサーリンク

姉のアキッラに暗殺されかけ、20代で隠居

皇帝になると、マルコマンニ戦争を和議によって終わらせたり、ブリタンニア(イングランドの古名)で反乱が起きたときには、直訴に来た兵は叱責でとどめて軍の責任者だけを罰していたり、剛柔の手を使い分けています。

そんな感じで割といい皇帝だったのですが、自分の姉・アキッラにささいなことで恨まれ、暗殺されかけてから疑心暗鬼が強まってしまうのです。
暗殺者はもちろん、少しでも関係を疑われた人は容赦なく処刑。一方、主犯の姉を処刑することができず、流刑で終わらせているあたり「ゑ?」という気もします。
他のエピソードからしても、コンモドゥスには「近い関係の女性にあまり厳しくできなかった」節があります。

さて、アキッラの事件の後、身の安全のために幼いころからの友人・クレアンデルを重用し、自分は政治から遠ざかっていきました。ちなみにこの頃まだ20代です。隠居するにしても早過ぎるやろ。

しかし、クレアンデルは次第に増長し、自分に反対する元老院議員を暗殺するわ、親衛隊長をブッコロして後釜に座るわ、ついでに賄賂をあっちこっちから取って私腹を肥やしはじめるわのやりたい放題。テンプレすぎるやろ。
当然、周囲からは恨まれるようになり、ローマが食糧難になったとき、罪を着せられてしまいました。
ホント、こういうときって日頃の行いが物を言いますよね。

軍神マルスと女神ウェヌス(アキッラを模して作られたと伝わる)/wikipediaより引用

軍神マルスと女神ウェヌス(アキッラを模して作られたと伝わる)/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

闘技場で武術を披露したり、おかしな行動が増え始め……

一方、コンモドゥスはこの時ローマ郊外の離宮にいました。
重臣からの報告は聞き流していましたが、姉・ファディラに説得されてクレアンデルの処分を決めます。クレアンデルの頭を槍で串刺しにして、民衆の前に放り出したとか。グロっ。

もみくちゃ(※ソフトな表現)にされた後は下水に放り込まれたそうです。ひどい話ですが、自業自得でもありますね。

アテにしていたクレアンデル、そして連座した多くのお偉いさんがいなくなってしまったので、コンモドゥスは親政を再開。しかし、武術や娯楽に没頭するようになり、だんだんとアレな方向に進んでいってしまいます。

改名して「ヘラクレス」「ロムルス」といった神話に出てくる名前を入れたり、闘技場で武術の腕前を誇示してみせたり、為政者としてはふさわしくない言動が目立っていきました。
弓や槍の腕前は確かだったようですが、暗殺を恐れすぎて、力を誇示することに固執していたのでしょうかね……そう考えると哀れではあります。

しかし、疑心暗鬼に陥っていたのはコンモドゥスだけではありませんでした。

192年に、コンモドゥスは近衛隊長や元老院の大部分、そして愛妾マルキアを暗殺する計画を立て、対象者をリストアップしていました。
案の定、これを当のマルキアに見られてしまい、計画が対象者にバレます。そして、マルキアを含む彼らは「殺られる前に殺れ」とばかりに皇帝暗殺を決めました。

 

ワインに毒を入れておけば簡単に殺せるじゃないか!

武術の達人であるコンモドゥスには力で勝負しても無理、と考えた彼らは、「コンモドゥスは風呂あがりにワインを飲む習慣がある」ということに目をつけます。

「毒を入れて飲ませれば、誰も怪我をせずに殺れるじゃないか!」

マルキアが手はずを整え、見事毒を飲ませることに成功しました。
しかし、コンモドゥスは食事の際に解毒剤を飲むという習慣もあったため、すぐには死にませんでした。マルキアたちは慌てて近衛の兵を呼び、皇帝を絞殺させたといわれています。

マルキアは毒を飲ませた後、コンモドゥスが静かに息を引き取れるように人払いをしていたそうなのですが……思いやるところ違う(´・ω・`)

暗殺成功の後、元老院はコンモドゥスに「ダムナティオ・メモリアエ」(記録の抹消)処分を決めます。これは、ローマ帝国で一番重い刑罰です。大理石像ですらコンモドゥスの部分だけを削りとったそうですから、周到というか執念の強さがうかがえるというか。
しかし、アウレリウスとコンモドゥスに仕えていたセウェルスが皇帝になると、あっさり名誉を回復されていたりします。だから、どういうことだってばよ!

「ダムナティオ・メモリアエ」の証拠として残る「削られたコンモドゥスのレリーフ」/wikipediaより引用

「ダムナティオ・メモリアエ」の証拠として残る「削られたコンモドゥスのレリーフ」/wikipediaより引用

セウェルスが長生きだったからそういうことができた、と考えることも可能ですが、元老院の中には同じくらい生きていた人がいてもおかしくありません。
それにもかかわらず、近い時代にコンモドゥスの名誉回復ができたということは、今日伝わっている彼の逸話は、故意に貶められたものもあるのではないでしょうか。
「ローマ帝国歴代誌」もそんな感じで書いていますしね。もちろん、タイムマシンができない限り、当時のことをそのまま知ることはできないわけですが……。

「記録する側の恣意が存在する”かもしれない”ということを念頭に置く必要がある」ということがよく分かる事例かもしれません。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:コンモドゥス/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-ローマ, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.