歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

放棄された飛行場の鳥瞰図photo by victor morozov/wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた WWⅡ

占守島の戦い 降伏後の日本に攻め込んできた北方ソ連軍の凶行を迎え撃つ

更新日:

時代が変わるということは、あらゆる点で社会の大きな変化を伴います。
価値観や流行などがよく話題に登りますが、「地理」もその一つではないでしょうか。
今回はかつて日本の領土だった場所で行われた、熾烈な戦いのお話です。

昭和二十年(1945年)8月21日は、占守島の戦い(しゅむしゅとう)が終結した日です。

何となく聞き慣れない地名ですが、それもそのはず。この島は現在日本の領地ではありません。ロシアの実効支配下にある島です。
まずは”どんな感じの地理的特徴を持ったところなのか”というところからお話していきましょう。

【TOP画像】Victor Morozov

 

明治時代の樺太・千島交換条約で日本の領地となっていた

占守島は、オホーツク海の北方・カムチャッカ半島の先にある、最大幅20kmほどの楕円形をした島。
西には幌筵(ほろむしろ、または、ぱらむしる)島があり、幌筵海峡が二つの島を隔てています。

外側はほとんど切り立った崖で、海抜200mくらいの丘や沼地、草原が広がっています。
また、この辺の島によくあることで、夏は濃霧、冬は猛吹雪……という、とても厳しい気候を併せ持つ島でもあります。

この地理・気候条件が、占守島や北方諸島での戦いに大きく影響しました。

占守島にはかなり古い時代から人が住んでいたようで、江戸時代あたりからロシアと日本の間で領土問題の一部として認識されていました。
明治時代に樺太・千島交換条約で占守島が日本の領地となり、それから軍が駐屯するようになります。

占守島の海岸photo by Victor Morozov

 

スポンサーリンク

ソ連の作戦が開始されたのは日本降伏後の8月17日

第二次世界大戦では、陸軍の樋口季一郎を司令官とする第五方面軍の部隊が占守島と幌筵島に展開し、米軍の進攻を想定して防備を固めていました。

樋口季一郎とは、上海への亡命を計るユダヤ人を救った人物として、現代でも知る人ぞ知る軍人で、戦闘においても能力が高い人物として知られておりました。

樋口季一郎/wikipediaより引用

しかし、実際に本格的な戦闘が行われたのは、大勢が決した昭和二十年(1945年)8月のこと。
相手は米軍ではなくソ連軍でした。

この頃には本土決戦を見越し、中央に戦力の集中が進められていたのですが、それでも占守・幌筵島にはある程度の戦力と物資が残っていました。

特筆すべきは、満州から転属されていた戦車第11連隊です。
旧陸軍の精鋭部隊のひとつで、11を漢数字で縦書きにすると「士」と見えるため、「士魂部隊」という愛称がついていました。これは現代の陸上自衛隊にも受け継がれています。

占守島の兵力は、全島で8500人ほどでした。

そして本土では玉音放送が流れていた8月15日、ソ連軍は占守島含めた千島列島北部の攻略開始が決定されるのです。

12日ごろからそれらしき行動はしていたようですが、正式に作戦が開始されたのは17日のことでした。
ソ連軍の飛行機による偵察や爆撃の後、上陸が開始したのです。

日本軍は北海道の司令部から
「18日16時の時点で停戦し、こちらからソ連軍へ軍使を派遣すること」
「敵が戦闘をしかけて来た場合、自衛を目的とした戦闘はしても良い」
と命令されていました。

 

少しは警戒していたが、基本的には攻め込まれまい

こうした命令は、17日までに各部隊へ伝達され、武装解除の準備を進め、化学兵器の海没処分なども済ませていたといいます。
また、同じく17日に対岸のカムチャッカ半島沿岸に船が多数行き来しているのは見ていたそうです。

しかし「国が既に降伏を発表しているのだから、ここへ攻め込まれることはないはず」と考えていたのだとか。
すぐに内地へ戻れると考え、備蓄していた酒や羊羹などでささやかな酒宴をしていた隊もあったようです。

それでも念のため、沿岸部では警戒と少々の武器の準備はしていました。

ソ連軍は、18日未明に占守島の北辺・竹田浜から上陸。
武器の過重積載のため船が浜辺に接岸できず、泳いでの上陸という強行でした。

当日の気温・水温はわかりません。
北海道に近いオホーツク海南部では、現代の真夏で水温一ケタだそうです。それよりも、はるか北方の占守島付近であればもっと低かったでしょう。どの辺から泳いで渡ったのか不明ながら、距離によっては途中で溺死した兵もいそうですね……。

竹田浜に配置されていた防衛部隊は直ちに迎え撃ちましたが、日の出前にソ連軍の上陸が開始。午前10時頃には上陸を完了させてしまいました。
日本軍の砲撃によってソ連軍はほとんど武器を持ち込むことができなかったそうですから、彼らにとっては「ベストではないがベター」というところでしょうか。

 

スポンサーリンク

マッカーサーへ頼むも、あのスターリンが……

また、悪天候により、両軍とも飛行機による攻撃はほぼできなかったといいます。

ソ連軍上陸の報は直ちに北海道の司令部に伝えられ、司令官である樋口は反撃を指示。同時に幌筵島の部隊にも占守島へ向かうよう命じています。
既に樺太もソ連に攻撃されており、どちらかが先に落ちれば、もう一方も危うくなる可能性が非常に高かったからです。

この状況では、両方共に善戦させて時間を稼ぎ、頃合いを見計らって停戦交渉をするしかありません。

戦車第11連隊は、対戦車武器で武装したソ連軍と激しく戦い、足止めしていました。
18日午後には日本軍が奮闘して島内の要所を確保し、ソ連軍を殲滅できる状況を確保。しかし北海道から「戦闘停止・自衛戦闘移行」の命令が届いたため、16時には積極的戦闘をやめる予定で行動を切り替えようと試みました。

が、実際には戦闘が続きます。敵はそんなこと知りませんからね。

その頃、司令官である樋口は大本営に占守島の状況を報告していました。
そして大本営からマッカーサーへソ連との停戦を仲介してくれるよう依頼したのですが、あのスターリンがそんなこと聞くわけないという……。

実は18日中にも、占守島の日本軍は停戦を持ちかける軍使を送っていたのですが、ソ連軍に拘束されてしまったため、話し合いにすらなりませんでした。

さらに19日にも別の人が使者に立ち、ソ連軍と接触できたものの、向こうは「責任者じゃなきゃ話ししません」と主張。
そのため日本軍の参謀や旅団長などが出向いています。

スターリン/wikipediaより引用

 

ソ連軍の方が圧倒的に被害大

こうして行われた会談で、ソ連側から停戦と武装解除が要求され、日本側は最終的に同意しました。

しかし翌20日、未だ停戦・武装解除が整っていない状況でソ連艦隊が幌筵海峡に侵入したため、日本軍が警告射撃を行うと、ソ連艦隊は艦砲射撃を開始し、戦闘が始まってしまいます。
ソ連側では「昨日、停戦したのだから、海峡に入ることに問題はないはず」と思っていたそうです。
普通、武装解除まで確認してからじゃないかと思うのですが、たぶん言い訳なんでしょうね。

そんなことがあったため、地上でも戦闘が再開されてしまいます。

21日の朝に改めて降伏・武装解除の最後通牒が出され、同日夜に日本側が回答、23日にソ連軍の監視の下で武装解除されて、ようやく降伏が成立しました。
降伏したのは日本軍ですが、死傷者はソ連側のほうが多かったとされています。

状況が状況なので正式な数は不明ですが、ソ連側は日本軍の死傷者が1000名、ソ連軍が1567名としています。
日本側の推定では日本軍600、ソ連軍3000という数字があるそうで。

数にバラつきがあり過ぎですが、日本側のほうが圧倒的に被害が少なかったということは間違いなさそうです。

・上陸できるような浜辺が少なく、迎撃地点を絞り込むことができた
・悪天候で飛行機からの爆撃や、艦砲射撃があまり有効でなかった上、ソ連軍の物資・武器輸送もスムーズに行われなかった
・前述の通り、占守島ではこれまで戦闘がほとんどなかったため、日本側の物資や兵の損耗が少なく、短期間ならば戦闘に耐えられた
など、日本軍にとっての好条件が重なったからだと考えられています。

しかし、占守島守備隊の受難はそれからでした。
武装解除・降伏の後、占守島の日本兵はしばらく現地で使役された後、シベリアへ連行されてしまったのです。

ソ連軍を相手に最後まで国を守った兵たちにとって、あまりに辛い結末。
一人でも多くの方が帰国を果たした――と願わずにはいられません。

Nakajima Ki-43 Hayabusa

Nakajima Ki-43 Hayabusa / Hawkeye UK

写真は、占守島に置かれていた日本の戦闘機(現在はモスクワの博物館に安置)

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:占守島の戦い/wikipedia 占守島/wikipedia

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた, WWⅡ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.