歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

徳川家 その日、歴史が動いた

松平信康はなぜ自刃に追い込まれた? 徳川家康と瀬名姫(築山殿)の長男が迎えた悲惨な最期

更新日:

頭脳、容姿、運動神経、芸術の才……誰しも、何かしらの分野で人より秀でたいと思いますよね。
しかしレベルが上がれば上がるほど、切磋琢磨も厳しいものになっていくのが世の常。戦乱の絶えなかった時代では、賢者や卓越した才を持つ者こそ、より過酷な運命をたどり、中には”途中下車”を余儀なくされる者も……。

天正七年(1579年)9月15日は、徳川家康の長男・松平信康が自刃した日です。

徳川家に関する話の中でも、不可解さや後味の悪さでは別格のエピソードですよね。
今回は信康の生涯を追いかけるカタチで、その最期にも触れてみましょう。

 

清洲同盟の成立を機に信長の娘と家康の息子

信康は、永禄二年(1559年)の3月6日、徳川家康の長男として駿府で生まれました。母は築山殿瀬名)。

この頃の家康はまだ今川家の人質だったため、信康も同じような扱いだったと思われます。
桶狭間の戦い(1560年)で家康が出陣していた頃は、おそらく今川家の本拠である駿府にいたのでしょう。その後、人質交換により岡崎城へ移りました。

そして永禄五年(1562年)、家康と織田信長の間で清洲同盟が成立したとき、「互いの子供たちを結婚させ、より強固な関係を保とう」ということで、信長の長女・徳姫との結婚が決まります。
この時代には珍しい、同い年の夫婦でした。

結婚したこともあり、家康が浜松城に移ってからは、父祖の地である岡崎城が信康に譲られています。

実は、元服したのはその後のことでした。「信」の字はもちろん、信長からの偏倚です。
「結婚するのに幼名のままでは体裁が良くないので、先に元服させる」というケースのほうが多いと思われますので、信長と家康の間で急ぐ理由があったのか、「こまけえこたあいいんだよ」と信長が押し切ったか。
……後者のほうが確率高そうな気がしますね。

イラスト・富永商太

 

スポンサーリンク

対武田との戦では重要な役どころを任されたりしたが

その後、正式な岡崎城主となり、14歳で初陣を果たした信康。
初陣の二年後には、長篠の戦いで一軍を任されていますので、若大将として認められていたのでしょう。

対武田家(武田勝頼)との戦には、その後も織田・徳川連合軍の一人として加わっており、特に天正五年(1577年)8月の遠江横須賀の戦いでは、退却時の殿(しんがり)を務めました。

このときは武田軍の追撃を防ぎ、大井川を越させなかったといいます。
殿も渡河戦も、難しい戦況のひとつです。それを立派にやって、自分も生きて帰ったのですから、信康の指揮能力は卓越したものだったとみて間違いないでしょう。
家康も息子の出来に満足していたはずです。

しかし、天正七年8月に突如として暗雲がたちこめます。
普段は浜松にいる家康が岡崎城にやってきて、信康を締め出してしまったのです。

信康はその後、徳川領内の城を転々とさせられた後、9月15日に切腹させられてしまいました。

徳川家康/絵・富永商太

 

信長が信康を恐れた……って、信忠さんも優秀なので

信康の首は一度信長の元に送られ、その後、若宮八幡宮(愛知県岡崎市)に葬られたといわれています。

あまりにも事が急に進みすぎているため、現代の我々からしても「ゑ?」と口を開けてしまいますよね。

しかもこれについて、同時代の信頼できる史料がほとんどありません。出典は三河物語とされていることが多いですけれども、この本が成立したのは江戸時代。信康の件だけでなく、ところどころに改変されたと思わしきところがあるため、信憑性は十分とは言えません。

信康切腹について、スタンダードとされる経緯はこんな感じです。

”信康の正室である徳姫は、姑である築山殿と仲が悪かった。
それに対して信康が妻の味方に付かず、また徳姫が娘しか産まず、息子を産んでいないことなどをなじった。
そのため徳姫は父・信長に、信康の不行状や不仲であることをこまごまと書いた手紙を送った。
信長はそれを見て激怒し、家康に嫡男と正室の切腹を迫った。
徳川家では反対の声も強かったが、家康は信長に逆らえず、その通りにした”

いくら信長が娘に甘いとはいえ、手紙一つで同盟相手の嫡男を殺すほどの親バカではありません。
「信長は自分の息子(信忠)よりも信康のほうが優れていると考えて、信康を恐れていたから自刃させた」という説もありますが、それは織田信忠を過小評価し過ぎかと。

織田信忠 父・信長から家督を譲られし有能な二代目は、非業な最期を迎えた

詳しくは過去記事に譲りますが、信忠も非常に優れた武将でした。それに、信長なら信康を殺すよりも、信忠に対して細々とした叱責の手紙を書きそうな気がします。
信長が怒るときや絶対に言うことを聞かせたいときって、だいたい長い手紙を書いていますからね。ある意味、筆まめです。

 

スポンサーリンク

兄・水野信元を石川数正に殺された於大の方

また、別の記録では信康がケンカした相手の名前に当たる部分が破損しており、「徳姫ではなく、親族の誰かか母親の築山殿、もしくは於大の方と不仲だったのではないか」という説があります。

何でこんなにバラバラなのかというと、名前の部分が「御○○○」となっているからです。「御」がつくからには徳川家の親類縁者の誰かには間違いありませんが、これだけでは性別すらわかりません。

このうち、於大の方だけは信康と不仲になる理由と思しき点があります。

天正三年(1575年)12月、信康の後見人である石川数正が、信長と家康の意に従い、於大の方の兄である水野信元を殺害しているのです。
信康本人が手を下したわけではないにしろ、恨む理由にはなりますよね。孫とはいえ、会っていたかどうかわかりませんし。

また、徳姫や築山殿の政治力は不明ですが、於大の方は後年に歳をとってからも割と自分で動いているので、兄の敵に属する信康のことを不快に思い、何かやっていても不思議ではありません。

家康も母親の所望なら断れないでしょうね。

とはいえ、人の心の機微は記録に残らないもの。於大の方が黒幕というのもいい切れません。

 

テンプレ通りの暴君説は逆に怪しくなる

他に現在立てられているいくつかの仮説は、大きく分けて「信康暗君(暴君)説」と「家康・信康の親子不仲説」に分類できるようです。

○信康暗君(暴君)説
不審な死を遂げたお殿様に、決まってまとわりつくのがこの手の「日頃の行いが悪かったからバチが当たった」系の話です。信康にも、以下のような暴君ぶりが伝わっています。

・日頃から乱暴だった
・盆踊りの際、目についた領民を面白半分で射殺した
・「狩りの途中で僧侶に会うと獲物が減る」という迷信を信じ、あるとき鷹狩りに行った先で僧侶の首を絞めて殺した
・家臣に対しても暴力を振るった

「妊婦の八つ裂き」こそないものの、家康の六男・忠輝や、信康からすると甥にあたる松平忠直(信康の弟・結城秀康の息子)などと同じような「暴君」ぶりです。テンプレでもあったのかと言いたくなります。

信康が自刃した際、何人かの家臣が殉死していますので、少なくとも「家臣に暴力を振るった」というのはなさそうですけれども。

 

スポンサーリンク

やっぱり有力なのは不仲説? 当人同士も家臣たちも……

もう一つの親子不仲説は、当時の世相が反映されていて、有力な説とみなす方も少なくありませんね。

より正確に言えば親子不仲説というより家臣分裂説かもしれませんが、まぁ、見て参りましょう。

○親子不仲説
「元々家康と信康は日頃から仲が悪く、家臣たちも派閥が生まれてしまったため、信康を始末して収束を図った」というものです。
上記の通り、家康と信康は普段別の城に住んでいました。当然、別々の家臣が側近くに仕えることになります。

また、信康は家康が今川家にいた頃に生まれたため、その教育はほとんど築山殿や今川家側の人間によって行われたと考えられます。
「三つ子の魂百まで」というように、長じてからも信康が父や信長を敬わず、改善の兆しも見えなかった……というのも、ありえない話ではありません。

そのうち家臣たちまで「家康様を(ピー)して、早く信康様に当主になっていただこう!」と言い出したのだとしたら、やむなく家康が先手を打ち、信康と教育に失敗した築山殿を処分する、となるのも自然なことです。

また、”信長は直接切腹を要求しておらず、「家康の好きなようにしろ」と言っていた”らしきことが、信長公記の古い版に書かれています。

どちらかというと、やはり「不仲説」のほうが有り得そうな気がしますね。

家康にはこの時点で秀康(結城秀康)も秀忠(徳川秀忠)が生まれていますから、家康としては「息子をむざむざ殺すのは忍びないが、跡継ぎは他にいる」と考えてもおかしくはないでしょう。非情なようですが、戦国時代の武家は個人の感情よりも「家を残すこと」が第一ですから。

 

関ヶ原のと同日だけに家康にとっては感慨深き日でありましょう

21年後のこの日は、関が原の戦い当日。
家康にとってさまざまな思いが混在する日だったでしょう。

徳川秀忠の遅参にヒステリックにも感じられるような反応をしたのも、そういうナーバスな心境の日だったからかもしれません。
秀忠は信康が自刃する5ヶ月前に生まれているので、当時のことをあまり良く知らなかったでしょうしね。

信康と顔が似ていたとされる忠輝を遠ざけたといわれていますし、後々まで家康は信康に対して負い目を感じていたようです。浜松に清瀧寺(せいりゅうじ)という立派なお寺も建てました。

信康の切腹と本能寺の変がなく、順調に行っていたら、信長と家康の固い結束がその息子たちである信忠と信康の時代にも続いていたでしょう。
同じ「信」の字を戴く者同士で年齢も近いですし。

そういう歴史も見てみたかったですね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:松平信康/Wikipedia

 



-徳川家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.