歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

大河ドラマ『平清盛』総集編/amazonより

源平 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

桓武平氏とその他の平氏 将門&清盛の伊勢平氏だけが盛り上がる

更新日:

源氏と平氏は、臣籍降下で臣下になった元皇族の子孫たち。

そのうち清和天皇の血を継ぐ【清和源氏】から、源頼朝が輩出されたり、さらには室町幕府の足利氏、戦国武将の武田氏や佐竹氏などが出てきた――と昨日の記事で記させていただきました。

清和源氏とその他の源氏 ややこしい源氏軍団をスッキリ整理してみよう!

一方、平氏はいかがでしょう?
源氏のライバルであるからして、こちらも多くの系統が……と言いたいところですが、名前を残したのはそう多くありません。

系統としては、
・桓武平氏(伊勢平氏)……50代桓武天皇の皇子から
・仁明平氏……54代仁明天皇の孫から
・文徳平氏……55代文徳天皇の皇子から
・光孝平氏……58代光孝天皇の孫から
などがいますが、桓武平氏以外はエピソードが少なく、取り沙汰される頻度も高くはありません。

要は政治や軍事の表舞台には立てなかったんですね。

光孝平氏については、百人一首にも採られている歌人・平兼盛がいるため、ほんの少しだけ知名度が高いでしょうか。
一条天皇の二人目の中宮・藤原彰子に仕えていた赤染衛門も、兼盛の娘という説があるため、光孝平氏の一員とみなすこともできます。

そこで本稿では、平家の代表・桓武平氏の歴史を振り返ってみたいと思います。

なお、桓武平氏で最も有名な2人、平将門平清盛のカンタンな系図を最初に掲載しておきます。
両者は世代がかなり異なりますが、もともとは桓武天皇を祖に持つことがご理解できるでしょう。

【桓武天皇】

葛原親王

平高望

平良将

平将門

【桓武天皇】

葛原親王

平高望

平国香

平貞盛

平維衡

平正度

平正衡

平正盛

平忠盛

平清盛

ではまず、始まりの葛原親王から見て参りたいと思います。

【TOP画像】大河ドラマ『平清盛』総集編/amazonより

 

長男・平高棟の系統

桓武平氏の始まりは、もちろん桓武天皇の子孫です。
第三皇子・葛原親王(かずらわらしんのう)が祖となっていて、そこから数多く枝分かれしました。

葛原親王には三人(平高棟・平善棟・平高望)の子供がいて、それぞれ違う流れをたどります。

長男は平高棟(たいら の たかむね)で、彼の子孫は公家として続いた家柄でした。
このため、高棟の子孫たちを「堂上平氏」とも呼びます。

平安末期に、この堂上平氏の時子が、平清盛に嫁いだため、血筋が合流したともいえますね。
また、後白河法皇の寵妃・平滋子(建春門院)は時子の異母妹でした。

滋子と堂上平氏は、次第に対立を深めていく後白河法皇と清盛たち武家平氏の間に入るような形で、いわば緩衝材になっていました。
そのため、滋子が急病により35歳で世を去ると、一気に両者の関係が悪化し、平家討伐まで進んでいます。

また、「平家にあらずんば人にあらず」という、現代ならフルボッコ間違いなしの台詞を言ったとされる平時忠は、時子の同母弟です。
時忠の子孫とされる家は能登で豪農となり、現在も続いているとかいないとか。

他には、時忠の弟・親宗の子孫(唐橋家)や、叔父である信範の子孫(西洞院家・安居院家・烏丸家)が、鎌倉時代以降も公家として続き、江戸時代には堂上家も出すなど、血を残しました。
これはこの系統が「日記の家」として京都や朝廷の記録をつける役目を負っていたこと、親宗が途中から後白河法皇側に味方したことなどによります。
歴史の表舞台からは姿を消す代わりに、血筋を繋げたわけですね。

高棟の血を引く人の中には、祐子内親王家紀伊や周防内侍など、百人一首に採られた女性歌人も含まれています。
歌人の名前が出てくると、いかにも由緒正しいお公家さんという印象が強まりますね。

 

スポンサーリンク

次男・平善棟の系統

葛原親王の次男は、平善棟(たいら の よしむね)といいました。……が、彼だけは記録上確実な子孫がおらず、断絶したと考えられています。
こういうときの次男やその子孫って、だいたいそんな感じになりますよね。

 

三男・平高望の系統(伊勢平氏)

そして、今日いわゆる「平家」と呼んでいる系統が、葛原親王の三男・平高望(たいら の たかもち)の子孫……の一部である伊勢平氏です。
なんだかややこしい話ですが、これにはちょっとした理由があります。

高望の子孫は上総の国司に任じられていたのですが、当時の関東では河内源氏(清和源氏の一派・頼朝たちの先祖)が勢力を伸ばしていました。
平氏の中にも源氏の傘下に収まる家があったほどです。

後に伊勢平氏となる人々はそれを嫌い、西へ移り住んで伊勢をシマにします。
このため「伊勢」平氏と呼ぶわけです。

しかし伊勢に完全に土着することはなく、京都と往復して朝廷とのパイプを保ちました。
河内源氏が藤原摂関家と深く結びついていたため、それに対抗したい皇室や他の公家にとって、伊勢平氏は良い対抗馬に映ります。

そんなこんなで、やがて伊勢平氏は伊賀や伊勢湾の海上交通にも勢力を伸ばし、土地と財産を蓄えていくのです。

そして清盛の祖父・正盛が、白河上皇の皇女に伊賀を寄進したり、お寺や仏塔建設に協力したりして皇室との関係を更に強め、政治の中枢へ。
清盛の父・忠盛もその路線を引き継ぎ、武士で初めて殿上人(天皇の日常生活の場・清涼殿殿上間に上がれる身分)となるのです。
※その後の詳細は【源平の戦い】になりますので、後日あらためてマトメさせていただきます。

 

スポンサーリンク

織田信長も自称平氏でありまして

桓武平氏の他の系統は、やはり公家として残ったところが多くあります。

例えば、桓武天皇の第十二皇子・仲野親王の子孫に平貞文(さだふみ/さだふん)という人がいます。
彼は在原業平と同じくらい恋の逸話が多い人で、「平中物語」としてその恋愛遍歴が歌物語になっているほどです。

平家が武士でありながら、貴族的性格を捨てきれなかったのも、ある意味家風というか、血の名残だったのかもしれません。

いわゆる源平の合戦が終わった後も、臣籍降下して源姓になる人はいましたが、平姓はいなかったようです。
やはり、清盛らのイメージが強すぎて、ふさわしくないと考えられたのでしょう。

一方、平氏の血を引く家の中には、平姓ではなくなったものの、後に戦国大名となって歴史に登場する人々もいました。

平将門の次女の子孫にあたる
・千葉氏
・相馬氏
・江戸氏
・織田氏(平清盛の孫・資盛の子孫と自称です)
などが有名な例でしょうか。

来ましたね、織田信長さんの織田氏。

織田氏についてはアヤシイ部分もあるものの、信長は一時「平氏の末裔」ということを積極的に利用しようとしたようで、平氏の家紋である揚羽蝶を使ったこともありました。
五つ木瓜(もっこう)の紋や、黄色地に永楽通宝の旗印のほうが圧倒的に有名ですから、信長と揚羽蝶の紋を組み合わせている映像作品はあまり見かけませんけれども。

もし、本当に織田氏が清盛の末裔だったとしたら、
「平氏は、天下を取る手前で挫折したことが二回もある」
ということになりますね。

まあ、源氏は源氏で仲間割れがお家芸みたいになってますけど。

今回ご紹介した元皇族や源氏・平氏のお話はほんの一部です。
好きな戦国大名や武家・公家があるという方は、詳しく調べてみると意外な繋がりが見つかって面白いかと思いますので、ぜひ。

なお、この平家につきましては「滅びた」という印象が強いですが、女系図で見ると必ずしもそうとは言えず、むしろ繁栄しとるやないか!という見方も大いにできます。

以下の記事(ならびに書籍『女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)』)を読まれますと大変面白い日本史極上の系図話が堪能できまする。併せてご覧いただければ。

歴史観がガラリと変わる!?『女系図でみる驚きの日本史』(著:大塚ひかり)

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「桓武平氏」

 



-源平, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.