歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

笠懸/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

鎌倉武士ってどんな生活してたん?衣食住&武芸&刀剣甲冑事情マトメ

更新日:

武士とは、平安後期に生まれた新しい身分です。

初期の頃は貴族に都合よく使われたり、地方の親分として粗暴な振る舞いをしたり。
ぶっちゃけ「野蛮」な存在であり、鎌倉時代初期(特に承久の乱)のあたりまでは文字を読めないのもフツーという文化レベルでした。

しかし、彼らだって、いざとなれば「Yes we can!」。

地方統治を担うようになって自然と【法や裁判】に関わるようになり、意識改革も起きます。
たとえば文字が読めるようになったことで、学問に興味を持つ者も現れ始めました。

その最たるものが、金沢文庫を作った北条実時です。

今回は鎌倉時代の武士の衣食住や、関連する物事について見ていきましょう。
彼らと関わりの深い仏教については、個別に見て参ります。

まずは武芸から!

 

武芸は「騎射の三ッ物」

平安後期から、武士の鍛錬として
・流鏑馬
・犬追物
・笠懸
といった様々な鍛錬が行われるようになりました。

いずれも【弓の技術】を高めるための訓練法であり、この三つを合わせて「騎射の三ッ物」と呼ばれています。

現代風にいうなら「三大弓術」みたいな感じでしょうか。
日本人って昔からこういうの好きなんですねぇ。

一つずつ見て参りましょう。

 

スポンサーリンク

流鏑馬(やぶさめ)

騎馬武者が馬を駆けさせながら、的に向かって矢を射るものです。
現代でも全国で行事やスポーツとして行われていますし、これが一番有名でしょうか。

鶴岡八幡宮の流鏑馬/photo by 江戸村のとくぞう Wikipediaより引用

寛平八年(896年)に宇多天皇が定めた「弓馬礼法」の中に含まれており、永長元年(1096年)に滝口の武士(内裏の警護をする武士)が鳥羽の城南寺離宮で流鏑馬を行った記録があります。

この頃には武芸の一つとして広く知られていたのでしょう。

鎌倉時代には幕府の行事となり、定期・不定期を問わず盛んに行われました。
奥州藤原氏でも行われていたらしく、現在にまで「秀郷流」という流派が伝えられています。

流鏑馬/wikipediaより引用

室町時代に入ると、弓よりも槍での歩戦や鉄砲が重視されるようになるため、流鏑馬は神事としての性格が強くなり、武芸としては断絶同然となってしまいます。
が、江戸時代に八代将軍・徳川吉宗によって再興され、以降は厄払いや祝い事のときに行われるようになりました。

やはり武家の象徴ということで、明治時代には再び衰退しながら、現在にもいくつかの流派が伝わり、全国で行われています。

 

犬追物

馬に乗って犬を追いかけ、射止めるという武芸です。
最初は牛を的にしていたそうですが、貞応元年(1222年)あたりから犬に変わったようです。

犬追物の様子/wikipediaより引用

時代が下るにつれて、射手や犬の数が増えていき、大規模なものとなりました。

流鏑馬とは対照的に、室町時代に流行を迎えましたが、戦国時代には下火になっていたようです。
あくまで訓練の一つですし、的となる犬の繁殖に費用や人手をかけるより、戦支度に費やしたいからでしょうか。

その一方で、島津家では元和八年(1622年)に島津忠久が再興して以来、名物となり、江戸でも興行していたとか。
明治十二年(1879年)には宮城(現在の皇居)・吹上御苑を会場として、明治天皇の御前で披露したこともあったそうですから、いわゆる「お家芸」みたいな扱いだったんでしょうね。

観音寺城本丸の障壁画に描かれた犬追物/wikipediaより引用

なお、使われる矢は、特殊な鏑矢であって、犬をリアルに弓矢で殺していたワケじゃありません。
※鏑矢……矢の先端に、尖った鏃ではなく、丸みを帯びて音が鳴るように作られた「鏑」がついている・合戦における合図などに使われた

鏑矢/photo by urasimaru Wikipedia

 

スポンサーリンク

笠懸

射手自身の持ち物である笠(差すほうではなくかぶるほう)を、
【余興で的代わりにした】
のが始まりだと伝わります。

笠懸/wikipediaより引用

次第に笠懸向けの的や矢が作られたり、的として沓(くつ)や土器・扇なども用いられたり、バリエーションが多彩になっていきました。
笠以外の的の場合は「挾物(はさみもの)」と呼んでいたそうです。

これは個人的な意見ですが、那須与一の故事からすると、扇が一番好まれたのではないでしょうか。
験担ぎにもなったでしょうしね。

平家物語絵巻』屋島の戦い「扇の的」/Wikipediaより引用

鎌倉時代の武士はこうした鍛錬を日々行い、また土地に関する係争(物理)によって実践技術を磨き続けていました。
だからこそ、承久の乱から数十年もの間にわたって大規模な戦がなかったにもかかわらず、元寇で応戦できたのでのでしょう。

といっても、これらの武芸は身近すぎて、トラブルに発展することもあったようです。

この頃、由比ヶ浜に近いあたりにはいわゆるオトナのお店が多く、武士がそういったお店で宴会を開くこともありました。
あるとき、そうした宴会の余興として、席を抜けて笠懸をやった武士がいたそうなのです。

そこまではまあいいのですが、その流れ矢が別の店の宴会に飛んでいってしまい、大ゲンカになったことがあるとか……双方、日頃は仲の良い家同士だったので、あらゆる意味で騒動になりました。

それは執権・北条泰時御成敗式目を作った人)にまで報告され、仲裁の使者が派遣され、やっと収まったのだそうです。
その後、当事者たちは謹慎、酒宴でのぜいたくは禁じられたそうです。
普通に宴を楽しんでいた人たちにとっては、とんだとばっちりですね。

というか、由比ヶ浜の近くでやっていたなら、最初から的を海側にしておけばよかったんじゃないですかね。
この時代、鎌倉の港が整備されて中国との貿易船が入ってきていましたから、そっちのほうがマズイと思われたんでしょうか。

ちなみに、武家の鍛錬としてイメージが強い鷹狩りは、古墳時代あたりからあったようです。
その頃は当然、武士という階層はいないので、当初は皇族や貴族が行っていました。

仏教により朝廷で殺生が煙たがられた後は一部の皇族・貴族の特権として続けられ、その憧れからか、物語や和歌の題材にもなりました。

鎌倉時代には武士も鷹狩りを行うようになりましたが、これは良い鷹の産地が、蝦夷と呼ばれる人々の居住地域と重なることに関係があるかもしれません。
武士は、朝廷ほど殺生に関するタブー感は強くありませんので、そういった意味でも需要があったでしょうね。

 

平安末期平氏政権の時代から、貴族の服装を元にして武家風の衣服が作られていました。

基本的には狩衣などでして。

狩衣/wikipediaより引用

武家では生地に強く糊付けをして直線的なラインを出す方法が好まれるようになります。
その方が男らしくなりそうですし、そもそも武具を扱うときに袖や裾がはためいてしまうと、邪魔になるから……ですかね?

強く糊付けをした衣服は鎌倉武士にも好まれ、より頑丈になっていきました。
あまりにも固い仕上がりになったためか、一人で着替えをするのも手間になるほどだったそうです。本末転倒なんじゃ……(´・ω・`)

こういった糊付けの強い衣服を「強装束(こわしょうぞく)」といいます。
受験にはここまでは出ないでしょうけれど、豆知識として覚えておくと面白いかもしれません。

近年では足利直義説が唱えられている源頼朝肖像画/wikipediaより引用

狩衣も引き続き用いられましたが、やはり貴族と比べて圧倒的に運動量の多い武士ですから、時代が下るにつれてさまざまな工夫が施されました。

中には、現代の着物に通じるものもあります。

 

スポンサーリンク

水干(すいかん)

狩衣に似たもので、下級役人や庶民、下層武士がよく着ていました。元服前の男子の礼装や、源義経の愛妾・静御前など、白拍子が着ていたことでも有名ですね。
水干は時代が下るにつれて上級武士にも使われるようになり、補強のための組紐や装飾が施されるようになります。

水干/photo by Corpse Reviver Wikipediaより引用

 

直垂(ひたたれ)

元は袖のないベスト状の服に袖を付けただけのものでした。

直垂/photo by Corpse Reviver Wikipediaより引用

が、そのままでは胸元がはだけやすいため、胸紐がつけられるようになります。
現代では、大相撲の行司さんや雅楽の奏者、神社の祭礼などで用いられていますね。

また、鎧を着るとき向けの「鎧直垂」というものもありました。
普通の直垂よりも幅が細めに作られていて、鎧をつけたときにごわつかないようになっています。

 

スポンサーリンク

小袖(こそで)

直垂の下に着る服として生まれました。
現代の着物に近いものです。

当初はインナー扱いで、人に見えないように着るものでしたが、次第に「見えてもオシャレ」になるような工夫が施されるようになりました。
白い小袖は公家社会では下着扱いだったので、色や模様を入れて「下着じゃないですよー」とわかりやすくしたのがはじまりだといわれています。

小袖と着物/photo by Hanachiru Wikipediaより引用

現代でいえば、キャミソールみたいなものでしょうか。

一昔前までは完全に下着としてしか使われていませんでしたが、近年ではTシャツなどと同じように、一枚で着ている人もいますよね。
人の行動・考え方は1,000年前も大して変わらない……ということでしょうか。

また、武家の女性は公家社会で使われていた袴を「動きにくいから」という実用的な理由で着なくなったといわれています。
小袖が発達したのは、こちらの理由もあるでしょう。

服の色については、紺や紅色、山吹色、濃い蘇芳色、茜色などが好まれていたようです。

紺色はおそらく「勝色(かちいろ)」と呼ばれる少しグレーがかった紺色のことだと思われます。元は「褐色」と書いており、麻の布に藍の染料を叩き込んで染めた色のことです。

この叩き込む作業のことを「搗つ(かつ)」と呼んでおり、これが「勝つ」に通じて縁起が良いということで、武士に長く好まれました。
鎧にも勝色の糸を用いた「勝色威(かついろおどし)」というものがあります。

山吹色が好まれたのは、当時、この色を染めるのに使われていたと思われる、キハダという木が日本全土に広く自生しているからだと思われます。
染料がないと好き嫌い以前の問題ですしね。

他の色も同様に、茜色はアカネ(赤根)、蘇芳色はスオウ、紅色は紅花で染めていましたが、どれも鎌倉時代以前から日本で広く自生、もしくは栽培されていた植物です。

 

折烏帽子

他に武士特有のものとして、「折烏帽子(おりえぼし)」があります。

多賀高忠肖像の折烏帽子/Wikipediaより引用

武士も最初の頃は貴族のような烏帽子をかぶっていたのですが、これにも強く糊付けをした結果、ずり落ちやすくなってしまいました。

そこで、髷(まげ)の部分だけをやや高く残すような形で烏帽子を折ったのが折烏帽子です。

武家は実用主義とよくいわれます。
服装の変遷については、特に実用性が重視されていたことがわかりますね。

しかし、彼らも慣れないながらにオシャレをして文化人・為政者らしくなろうと務めたようで。

元女官の尼僧が書いた『とはずがたり』という自伝にも、
「武士たちは色とりどりの直垂で鶴岡八幡宮に参詣している」
と書かれています。

もっともこれは、神様の前に行くのに神事に使う「浄服」でないことに驚いた――そんな文脈で書かれていますが。
いずれにせよその個性の一面が出ていますよね。

 

【運動量が多い=エネルギーが多く必要&塩分摂取が不可欠】ということで、武士の食事の基本は【大量の米+しょっぱい】ものでした。

このころ羽つきの釜が登場したため、米の炊き方も変わってきています。
平安時代までは炊くという方法がなく、うるち米ももち米のように蒸していました。そのため、現代のおこわのような「強飯(こわいい)」という固いご飯が主流でした。

現代でいう「ごはん」は「姫飯(ひめいい)」といって、特別な日にしか食べられないごちそうだったのです。
年始の「姫始めの由来は、その年で最初に姫飯を食べる日だ」という説もありますね。

鎌倉時代には「湯取り法」といって、お米を釜で煮て、沸騰した後にザルに上げて重湯を切り、蒸すという方法ができました。

ただし、武士社会でどこまで手間を掛けていたかというと、家や個々人の差が大きかったでしょうね。
武士は「戦のときには一日五食」なんてのも珍しくありませんし、この時代は、白米より玄米、そして100%米の飯よりも、雑穀を混ぜて食べるほうが多かったですから。

おかずは味噌や醤(ひしお)などの他、武芸の鍛錬として野生の鳥獣を狩っていたので、それらを食べることも多く、栄養バランスは比較的良かったと思われます。
……まあ、そうでもないと鎌倉幕府の内輪であんなに「ナントカの変」だの「誰それの乱」だのは起きませんよね。みんな健康的すぎ。

 

武家造(ぶけづくり)と称される、今日の日本家屋の原型と呼べるものが出てきたとされています。

が、この呼び方はほとんど使われません。
室町時代により様式として整った「書院造」の中に含まれることになっているからです。

書院造の慈照寺東求堂(銀閣寺)

というのも鎌倉幕府の将軍が最初の三代を除いて、皇族や公家だったことが大きな理由と思われます。

上方出身、あるいはそういった親を持つ人々にとって、やはり生活しやすいのは京の上流階級の生活様式です。
当然建築や家屋敷も含まれますから、将軍御所は寝殿造の小型化+αといった様相だったと考えられています。

一般の武士は寝殿造ほどの大規模な屋敷を設けることは稀で、家屋や庭もこぢんまりと作られました。

代わりに(というのも何ですが)、屋敷の周囲に塀や堀を設けたり、警備の武士を置くことが重視されています。
土地を巡る係争や、賊の襲来への備えのためです。

法然上人絵伝』や『蒙古襲来絵詞』などの鎌倉末期の絵巻物には、こういった武士の屋敷の場面が出てくるため、いくらか当時の雰囲気を知ることができますね。

鎌倉幕府の中で、一定以上の地位を持つ御家人は、若宮大路の両側に屋敷用の土地をもらい、そこに家を持っていました。
現代と同様、立地条件のよい土地は、広い家を持ちにくく、郊外により大きな家を持つ武士も少なくなかったようです。

時代が前後しますが、江戸時代の大名が上屋敷・中屋敷・下屋敷を持ち、使い分けていたのと似ていますね。
江戸幕府が、鎌倉時代のこうしたやり方を取り入れたというほうが近いでしょうか。

また、鎌倉の武士の屋敷跡と思しき場所からは、中国産の陶器や公家が使うような装飾品が出土しています。
庭を貴族と比べれば質素ながらに、工夫をこらしていたようです。

 

甲冑

鎌倉時代は武士の時代の始まりということで、甲冑や刀剣などが発展した時代でもありました。
鎌倉時代後期には、戦勝祈願として神社に甲冑を奉納する習慣ができたため、甲冑に美しい糸を使うなど、装飾の色が濃くなっています。

といっても、平安末期から鎧を美しく作る習慣はありました。

平家物語の有名なエピソード「敦盛の最期」でも、平家の貴公子である敦盛が、以下のような出で立ちをしていたことが描かれています。

平敦盛/wikipediaより引用

「練貫に鶴縫うたる直垂(ひたたれ)に、萌黄匂(にほひ)の鎧きて、
鍬形打ったる甲(かぶと)の緒締め、黄金づくりの太刀をはき、
切斑の矢(背)負い、滋籐の弓持て、
連錢葦毛(れんぜんあしげ)なる馬に黄覆輪(きんぶくりん)の鞍置いて乗ったる武者一騎」

これ、声に出して読むとすごく調子が良くて気持ちいいんですよね。平家物語はもともと琵琶法師たちが語り継いだものですから、当たり前といえば当たり前なんですが。

ざっくり現代語訳すると、

「その武者は、鶴の刺繍が施された上質な着物に、萌黄のような色糸を用いた鎧を着て、
見事な鍬形の兜をかぶり、黄金づくりの太刀を佩き、矢羽に斑のある矢を背負い、滋籐の弓を持ち、
連錢葦毛と呼ばれる模様の馬に、金で装飾された鞍を置いて乗っていた」

となります。

平家が貴族趣味だったから……というのもありますが、
「大将たるものは立派な出で立ちをしていなければならない」
という概念がありました。
まぁ、そうでないと、どこの誰を討ち取ったのかわかりにくくなりますしね。

日本の鎧は小札(こざね)と呼ばれる小さな革の札をつなぎ合わせて作るのですが、その作業を「威(おど)す」といいます。
このとき使う糸の色に工夫をこらしていました。
「萌黄匂」とは、緑~黄緑~黄色の糸を順々に使って、グラデーション状にしたものです。若々しさを感じさせる色合いで、当時17歳だった敦盛によく似合ったのではないでしょうか。

他には、前述した勝色の糸を用いた「勝色威」や、赤い糸を用いた「赤色威」、さまざまな色を取り合わせた「色々威」などがあります。

現代に残っているものは色が褪せてしまっていることが多いのですが、赤色威は比較的色が残っている物が多い……気がします。
鎧は博物館でも刀とともによく飾られているので、お立ち寄りの際は当時の色合いに思いを馳せてみるのも良いのではないでしょうか。

 

刀剣

日本刀は平安時代に誕生し、鎌倉時代に大きく発展しました。
最も有名な刀工「正宗」も、同時代の鎌倉の人です。

正宗/wikipediaより引用

他の有名どころだと「菊一文字」を作ったとされる則宗(のりむね)も鎌倉時代ですね。
彼は「一」の字を銘打つ一文字派に属し、後鳥羽上皇に最も気に入られた刀工だったため、菊紋を入れることを許されていました。

これが俗に「菊一文字」と呼ばれるようになりました。
固有名詞ではなくて、ニックネームみたいなものなんですね。

日本刀はだいたい「持ち主の名前やいわく」+「刀工名」で名前がつくので、そのセオリーに沿っているといえます。
他の例としては、石田三成が持っていた(その後、結城秀康に譲られた)から「石田正宗」などがあります。

余談ですが、よく”正”宗と誤字られる伊達政宗は、正宗の刀を持っていなかった説が濃厚だそうで。

イラスト・富永商太

江戸時代になってから「政宗殿は刀工正宗と同じ読みのお名前だから、当然正宗をお持ちですよね?^^」といわれたとき、政宗その場では見栄を張って「もちろん」といったものの、家中をひっくり返しても「”伝”正宗」しか見つからず、
「こんなにイイ刀が正宗じゃないわけがないだろ!」
と、磨り上げて正宗っぽくしたんだとか。

「磨り上げ(すりあげ)」とは、
「この刀、イイ感じなんだけど長すぎて使いにくいなー。からちょっと短くして使おう」
と、あっさり短くしてしまうことです。
戦国~江戸時代によく行われていました。

んで、この”伝”正宗の刀を明治時代になって鑑定したところ、「残念ながら……」という結果だったそうで。
正宗の希少性に感じ入るべきか、政宗のハッタリに呆r……感心すべきか迷いますね。え? 迷わない? そっか(´・ω・`)

正宗以外にも多くの刀派・刀工が誕生し、日宋貿易で盛んに輸出されました。
中国でも、探せば鎌倉時代の日本刀が出てくるんですかね? ご存知の方がいらしたら、ぜひお知らせください。

鎌倉時代の武士たち、特に鎌倉に住む人々は、武士として武芸や武具を磨きながらも、為政者らしくなるために努力を重ねていた……といえます。
それは現代の新社会人が、ネクタイの結び方で四苦八苦したり、ビジネスマナーを覚えたり、パワハラに耐えたりするのと似たような光景だったのかもしれません。

そう考えると、厳つかったであろう武士たちがちょっと微笑ましく思えてきますね。




スポンサーリンク


長月 七紀・記

【参考】
服装の歴史 (中公文庫)
図説 鎌倉伝説散歩 (ふくろうの本)
国史大辞典「流鏑馬」「犬追物」「笠懸」
鎌倉文化/wikipedia
武家造/wikipedia

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.