歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

足利義教/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

足利義教48年の生涯をスッキリ解説!クジ引き将軍に正しい評価を今こそ

投稿日:

室町幕府の将軍で「覚えろ!」といわれるのは
足利尊氏 1代
足利義満 3代
足利義政 8代
足利義昭 15代
の四人ですよね。

しかし、義満義政の間に、いろんな意味でトンデモナイ将軍が存在していました。

室町幕府六代将軍の【足利義教(よしのり)】です。

「くじ引き将軍」などの呼び名で、ネタ的に知られるようになってますが、ある意味、最もマジメに将軍をやっていた人。
一体どんな人物だったのでしょうか。

 

義満の五男として生まれ、すぐにお寺へ

義教は最初「義宣」という名前でした。

僧侶の頃からですと、義円→義宣→義教という変遷。

度重なる改名の理由は
”「よしのぶ」という読みが「世忍ぶ」に通じてあまり縁起が良くない”
というものだったそうなのですが……。

だったら先に考えておけよ、っと(´・ω・`)

この記事ではわかりやすさを勇戦し、最初から「義教」で統一させていただきますね。

義教は、義満の五男として生まれました。
既に兄が二人いたため、生後スグに青蓮院というお寺に入れられます。

そしてそのまま僧侶として修行を積み、大僧正や天台座主になっていますから能力としては非凡なものがあったのでしょう。
僧侶としても将来を嘱望されていました。

しかし……。

 

スポンサーリンク

兄の義持がやさぐれてしもたー

兄の室町4代将軍・足利義持が危篤に陥ったことで、義教は還俗して政治の世界に入らざるを得なくなります。

実は義持というのが、なかなかヤサグレてた方で……。

足利義満さんの息子・足利義持/wikipediaより引用

彼の息子だった五代将軍・足利義量が早世したことに加え、自身が亡くなる間際に
「跡継ぎについて遺言しても、どうせオマエラ、俺が死んだ後は言う事聞かないだろ? だから俺が死んでから次の将軍決めればいいじゃん( ゚д゚)、ペッ」
みたいなことしか言わなかったのです。

ある意味、正解を導き出してしまったんですが、跡継ぎ問題では、ちょっと前に朝廷が南北朝時代で大変な目に遭ったのですから、将軍様としてもぜひとも熟慮して欲しかった。

地方の武士ならともかく、足利家の嫡流なんですからね。

※足利の家系が名門と呼ばれる所以は以下の図に(武田信玄記事より)

 

石清水八幡宮のクジ引きで文句なし!?

幸い、このときの管領・畠山満家をはじめとした室町幕府の中枢たちは、賢明な判断のできる人でした。

「石清水八幡宮で、出家されている義持様の弟君四人の名を書いたくじを引こう。
その後は神意だから、お互いゴタゴタいいっこなしな」(超訳)

ということになり、選ばれたのが義教です。

実際はハナから義教に決まっていて、あくまで【神託】という格好をつけるための出来レースだった説も根強くあります。
当時の宗教観だと、そっちの方がリアルかもしれませんね。

石清水八幡宮

ともかく、それを見届けて満足したのか、くじの結果後に義持は没。
義教は武士としての元服も済ませておらず、髪を伸ばすと共に儀式の準備を進めることになりました。

父の葬儀も色々と大変だったでしょうから、この時期の幕府関係者はてんやわんやですね。

そういった苦労は、あまり歴史に残りませんが、それから三ヶ月後、今度はときの帝である称光天皇が危篤に陥ります。

称光天皇には男子がなく、称光天皇の弟である小川宮も早世していました。
さらに、称光天皇自身がその後の後継者決定について、父である後小松上皇と大ゲンカしたことがあったため、この時点でもまだ次の皇太子が決まっていません。

将軍継承が決まった義教が最初に直面した大きな仕事は、この問題を解決することでした。

いかにも難しそうなケースですが、彼は意外にアッサリとまとめています。

 

スポンサーリンク

崇徳上皇の不在中に弟即位でややこしや~

カギは、遡ること70年ほど前にありました。

当時の将軍は足利尊氏
南北朝時代に突入間もない頃のため両者の戦力にはまだ余裕が見られ、北朝方では、幕府の重臣・高師直と、尊氏の弟・直義の対立から始まった【観応の擾乱】が起きていました。

尊氏はまず直義を片付けるため、南朝との対立を緩和しようと考えます。
そこで、幕府とタッグを組んでいる北朝でも、南朝と同じ「正平」の元号を使い、北朝の崇光天皇を廃することで、南朝と和議を結びました。

【正平一統】と呼ばれる出来事です。

しかしその後、南朝方が京都を攻め、崇光上皇をはじめとした北朝方の皇族を連れ去ったことでこれが破綻し、再び南北朝に分裂し、話が長引いていくわけです。

崇光上皇たちはやがて京に戻ってきました。
そのころ北朝では、かろうじて拉致を免れた上皇の弟・後光厳天皇が即位。

……なんとなく話が読めてきた方もおられるでしょうか。

崇光上皇からすれば、自分の息子が次の天皇になるものだと信じていたわけですから、
「何アイツ、弟だからって、なに、勝手に即位してんの?」
となってしまいます。

一方、後光厳天皇は
「ことの成り行きで即位したけど、これからは私の子孫が皇統を継ぐってことでいいんだよね!」
と考えるわけです。

最終的に幕府が後光厳天皇の側についたため、次は後光厳天皇の息子である後円融天皇が即位しました。

その先を流れで言えば、後円融天皇の息子が後小松天皇、さらに後小松天皇の息子が称光天皇と、皇統はこれで安定するかに見えたのです。

鎌倉~南北朝時代・両統迭立の流れ】

……が、称光天皇には皇子が生まれず……というところで、義教の時代に時系列が戻ります。

 

天皇家のゴタゴタを見事に解決するその腕前

義教はこの間も崇光上皇の子孫が続いていたことに着目し、
「崇光上皇のひ孫にあたる皇子・彦仁王様を次の天皇にすれば、一番平穏に済むのではないか」
と考えました。

密かに彦仁王と連絡を取り、後小松上皇にも意見を聞いてみると「次は彦仁王に」とのお達し。

そこで義教は
「そうおっしゃるだろうと思いまして、実は彦仁王様を伏見宮御所から京へお迎えしております」
と伝えると、上皇も満足。

トントン拍子に話が進み、称光天皇の崩御後に彦仁王が後花園天皇として即位しました。これにて崇徳上皇の系譜に戻ったのですね。

先日、室町時代マトメの記事でも

室町時代を総括ざっくりマトメ!南北朝~戦国時代の複雑な中世社会をやさしく解説します

織田信長より足利義教のほうがよっぽど魔王っぽい」
と書きましたが、義教はこういった配慮や根回しもできる人だったのです。少なくともこの時点では。

 

スポンサーリンク

将軍&幕府の権威を強化

その後、将軍宣下とそれにふさわしい官位の昇進が進み、源氏長者としても認められ、義教の世間的な立場は整いました。
途中、後小松上皇とのちょっとした行き違いで険悪ムードになりかけましたが、それも尾を引かずに済んでいます。

義教はお寺暮らしが長かったこともあってか、当初は義持の政策を重臣たちが引き継いで政治を行っていました。

そして武士の生活と職務に慣れた頃から、しだいに将軍と幕府の権威を強化していきます。

「父・義満の時代のように、将軍の権威を高めることによって世の安定を目指そう」

義持は父の義満が大嫌いだったため、義満の政策を否定するところから始まりましたが、義教は逆に義満の政策を復活させています。

父と同じように富士山への遊覧に出かけたり、義持の時代には中止していた勘合貿易を復活させたり。
わかりやすく傾倒しています。

生まれてすぐ仏門に入れられてますので、父への思慕も含まれていたのかもしれません。

政治的な面でも精力的です。
諸大名への諮問を将軍自ら行うようにしたり。
自ら主催し、参加者を指名して行う会議「御前沙汰」を採用したり。

特定の身分や家柄の者、特に管領が恣意を挟めないようにしました。

管領は、主に軍事に関すること、例えば有事の際の動員を諸大名に催促することや、戦功に対する褒賞に関することを任せようとしました。
乱暴に言うと
「管領は管領の仕事をきちんとやれ。欲を出してそれ以上のことに口と手を出すな」
という感じでしょうか。

 

軍事も怠らず 大内氏に九州を平定させる

軍事面では、将軍の親衛隊にあたる奉公衆を整え、いざというときに備えます。

「権威があっても、武力がなければどうにもならない」
というのは、これまでの歴史でも証明されていますしね。

親戚である鎌倉公方・足利持氏が反抗的な態度を取り続けていたときも、武力介入しようとしています。

また、守護大名の大内盛見に
「九州の武士も全部幕府の傘下に入れたいから、お前がぶっ飛ばしてこい」(超訳)
と命じました。

盛見自身は討ち死にしてしまいましたが、甥っ子の大内持世が山名氏の助けを借りつつ、少弐氏・大友氏などに勝ち、義教の目的を達成しています。
義教はその褒美として、持世を九州探題に任じました。

恐ろしいイメージが先立つ義教ですが、結果を出せばちゃんと褒美をくれるところは公平ですね。

本当の暴君ならば、人をこき使うだけ使って何も与えませんから。
もっと悪いパターンだと、先祖代々の功臣にイチャモンをつけてor讒言を真に受けて処刑する、なんてこともありますし。

 

スポンサーリンク

古巣の延暦寺にも容赦はしない!

他に特徴的な点としては、
「大覚寺統(旧南朝=後南朝)の皇族の断絶を図った」
という点が挙げられます。

後南朝の問題もありますが、義教も上記のような経緯で将軍になっているだけに、
「俺の目の黒いうちは同じ問題を起こさせない」
と思っていたのかもしれません。

後南朝の血筋としてはもう少し続いていますが、完全に歴史の表舞台からは消えてしまっています。
義教時代の苛烈さをやり過ごそうとしているうちに、実力がなくなってしまったのでしょうね……。

また義教は、古巣の比叡山延暦寺にも容赦しませんでした。

延暦寺根本中堂

院政の代名詞である白河天皇の有名な発言。

「賀茂川の水、賽の目、山法師」
でも知られる通り、延暦寺は何百年も「この神輿が目に入らぬか!」で好き勝手やってきた組織です。

それを内側からずっと見ていますから、自身が将軍になれば、「僧侶は僧侶らしくしろ!」と思い直したのかもしれません。

具体的には、将軍に就いてすぐ、弟・足利義承を天台座主にし、延暦寺をおとなしくさせようとしたのです。

が、逆に「幕府の役人が不正してるんですけどー」(意訳)と訴訟を起こされてしまいます。

ここで幕府は、折れる形で問題解決に向かいますが、延暦寺は「なんだ、今度の将軍もチョロいじゃんw つーか元々俺らの頭だった人だしwww」(超訳)とばかりに暴挙に出ます。

なんと、訴訟に同調しなかった別のお寺を焼き討ちしたのです。

 

呪詛をかけられ大激怒 兵糧攻めを命じる

現代の我々から見てもドン引きのこの所業。
義教が怒らないわけがありません。

即座に自ら兵を率いて比叡山を包囲します。
トップがフットワーク軽いと、組織って引き締まるんですよね。

さすがにそこまでされると思っていなかった延暦寺は、このときは引き下がりました。

が、その翌年。
今度は「延暦寺が鎌倉公方・足利持氏と密かに結び、義教に呪詛をかけている」という噂が流れます。

当然今度も、義教は大激怒。
近江の守護である六角氏と京極氏に「比叡山を包囲して兵糧攻めにしろ!」と命じます。

さらに放火までしたため、今度も延暦寺が降伏を申し入れてきました。

現代ならば「呪いとかw」と一笑に付されておしまいですが、呪詛の力がガチモンだと信じられていた時代ですから、義教はそう簡単に許すつもりはありません。

しかし、この対立が長引くことを恐れた管領・細川持之をはじめとした五人が「延暦寺と和平を結んでくださらないのなら、私達は京の自邸を焼いて本国に戻らせていただきます」と説得にかかります。

いくら義教でも、重臣にそっぽを向かれては仕事をやっていけません。
仕方がないので、このときは義教が折れ、和睦が成立しました。

ところが、です。
これでは終わらないのです。

 

延暦寺からの使者を呼び出して、斬!

約二ヶ月後、義教は突如、和睦の際に延暦寺からの使節を務めた四人を呼び出しました。

イヤな予感がした彼らはなかなか姿を見せませんでしたが、管領の名前で誓紙が出され、やむなく将軍御所へやってきます。

悪寒は見事に的中しました。
四人は見せしめとして首をはねられてしまうのです( ̄人 ̄)

当然、延暦寺側は激高しました。
自らお堂に火をつけ、24人の山徒(延暦寺の雑用兼僧兵)が焼身自殺したといいます( ̄人 ̄)(二回目)

延暦寺と京の中心部は、直線距離でほんの数km。

黒煙は京童たちの目にも写り、町は騒然となりました。
義教はこれに対し、「比叡山の話したヤツは処刑な^^」(意訳)とお触れを出して黙らせています。

既に「義教は有言実行の人である」ということが実証されている上でこのお達し。
怖いってレベルじゃねー!

その後、比叡山では親幕派の僧侶が新たに任命され、何とかこれ以上の事態は防げました。
焼けたお堂も再建されています。

この「苛烈な手段を選ばない割に、後始末もちゃんとする」あたりがかえって恐ろしいんですよね……gkbr。

しかし義教に降りかかる苦難は止みません。
今度は関東で勃発します。

 

源氏お得意の内輪揉めで関東甲信越がヤバイ!

次なる争いは【永享の乱】です。
鎌倉公方・足利持氏の態度がいよいよ見過ごせないものとなったのです。

とんでもなくややこしい話なので、詳細は後日あらためて。
無理やりまとめておきますと

・足利持氏は自分が六代将軍になれると思い込んでいたのになれなかったのでグレた
・関東管領(関東公方の相方)・上杉憲実が苦言を呈するも無視
・持氏の反抗的な態度が義教にバレて討伐の勅令が出る
・持氏が負けて剃髪・降伏するも、義教が許さず、持氏一族を処刑

……という感じです。

この後、関東には「○○公方」が乱立してさらにめんどくさくなり、持氏の遺児を巡るゴタゴタが始まり、さらには戦国時代にもつれ込んで、上杉謙信や武田信玄なども関わってくることになります。

むちゃくちゃ強引に一行でまとめると、
「源氏お得意の内輪揉めで関東甲信越がヤバイ!」
ってところでしょうか。

 

次々に勃発するトラブル 弟までもが挙兵して

ちなみにこの間、後南朝や大和の有力国人との間で
【大和永享の乱】
という戦も起きています。

こちらは、南北朝合一の前から有力国人だった越智氏(南朝方)と筒井氏(北朝方)の争いが続いていたことが原因。
一度は奈良の興福寺と幕府が仲裁に入ったものの、うまく片が付かずに義教がブチ切れ、力尽くでの解決を目指します。

それでも綺麗には終わらず、加えて義教の弟である義昭(ぎしょう・”よしあき”ではない)が、門跡を務めていたお寺から逃げ出して挙兵するというワケわかめな展開を迎えます。

実際、大和の国人や後南朝と結託してカオスは加速し、解決までに10年の月日を要するのでした。

義昭

かたや親戚のワガママ。
かたや幕府からごく近所の争い。
ついでにいうと、同時期に「正長の土一揆」なども起きています。これもまた後日扱いますね。

こんな短期間にあっちこっちで暴れる輩が出てきていたのでは、義教でなくても「皆まとめて消し飛べ!!(#゚Д゚)ゴルァ!!」と思いたくなりますね。

義教はこれらの討伐をする際、天皇から「治罰綸旨」を貰い受けていました。

書いて字のごとく、
「アイツらは世を乱すという罪を犯したので、退治するために天皇のお墨付きをもらう」
ということです。

相手を「朝敵」=「国家の敵」と天皇から指名してもらうことで、幕府側に大義名分ができるわけですね。
後に、戊辰戦争の際に明治政府軍が「錦の御旗」を掲げたことにより、徳川慶喜が朝敵となって「ひええ」となったアレを、室町幕府側がやったわけです。

 

「万人恐怖、言うなかれ、言うなかれ」

……とまあ、こんな感じで義教は大義名分を整えつつ、幕府を揺るがしかねない物事を一つ一つ迅速に潰していこうとしておりました
もともと「征夷大将軍」というのは「朝廷に従わないヤツを討伐する」役職ですから、その職務に忠実だったともいえます。

しかし、彼の場合、それが日常生活にも及んだことが大問題でした。

「料理がまずい」
「酌の仕方が下手」
「儀式の最中に笑顔になった」
などなど、ほんの些細なことでクビになったり殴られたりした人が大勢いたのです。

しかも話の出所のわからない言い伝えや、後世に作られた暴君のテンプレを当てはめたものではなく、同じ時代の公家の日記などに書かれているのですから、事実とみなさざるを得ません。

当時の天皇の父である伏見宮貞成親王(後崇光院)の日記『看聞(かんもん)日記』には
「万人恐怖、言うなかれ、言うなかれ」
とまで書かれています。

この日記、他の記事はほとんど琵琶の練習や近しい人の訃報などの穏やかなものなので、余計にこの記述が際立つんですよね……。
何だか義教が「名前を言ってはいけないあの人」のようです。まあ、この経緯では無理もありませんが。

 

赤松氏に呼び出され暗殺 誰も味方はいなかった

義教の立場になって考えてみると、全ては「将軍の権威を高めることで、皇室の争いや世の中を安定させる」ためでした。

ただ、そのサジ加減に問題があったのでしょう。
もともとが天台宗のトップである天台座主まで務めた人だけに、他人にも厳しすを求め過ぎたのかもしれません。

そういう意味では、清濁併せ呑むような器量が問われる将軍よりも、宗旨を守るのが第一の天台座主でいたほうが良かったかもしれません。
案外、義教がずっと天台座主を務めていたら、延暦寺も引き締まってまともになっていたりして。

上は当時の天皇の父、下は京童までに恐れられた義教。
身近な室町幕府の重臣たちともなれば、さらに緊張感を強いられるものでした。

それが極まったのが、室町幕府・重臣の一角、赤松氏でしょう。

当時、幕府の長老格になっていた赤松満祐は義教と不仲で、疑心暗鬼に陥った彼が義教を自宅に招いて討ってしまったのです。
享年48。

他の守護大名も同席していたのですが、将軍に味方する者はほぼ皆無。
抵抗した者も即死もしくは後日死亡という惨状でした。

義教がドギツイ人であったことは間違いないありません。
しかし、真面目に将軍をやっていたのもまた事実です。

もうちょっと優しい面をうかがわせるエピソードが見つかれば、いい感じに人気が出そうなんですけどね。
信長も、庶民に優しくしていた逸話が広く知られるようになってからイメージが変わりましたし。

案外、大河向きな人という感じもしますね。

室町時代って今まであんまり題材になってないですし、いつまでも戦国と幕末の反復横跳びもできないでしょう。

問題は、現状であまりにも人気がないこと。
しかし、素性を知られてないということでもあり、意外と人気が爆発するかもしれません。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典「足利義教」
足利義教/wikipedia

 



-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.